■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■スポンサードリンク■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■RSS■
RSS Feed Widget
■人気■
  1. 【真田丸女優情報】木村佳乃「真田丸」に仰天再登場 台本読み「椅子から転げ落ちました」
  2. BABYMETALのコスチュームの兜について。蒲生氏郷の黒漆塗燕尾形兜(通称銀鯰尾兜)。
  3. 【歴史上の人物を演じた演者情報】立花宗茂を演じた俳優・声優は・・・
  4. 【真田丸女優】松岡茉優「真田丸」出演で感じた三谷幸喜氏との縁 心残る名作セリフ
  5. 【誰が一番?豊臣秀吉を演じた俳優】緒形、勝新、竹中
  6. 真田丸 第26回「瓜売」
  7. SAMURAI STATUE Kusunoki Masashige 楠木正成公像 東京都 江戸城跡 国民公園 「皇居外苑」
  8. 真田丸 第22回「裁定」
  9. 真田丸 第25回「別離」
  10. 【訃報】演出家の蜷川幸雄さん(80歳)死去 舞台「真田風雲録」演出など
  11. 【真田丸俳優】<真田丸>小日向・秀吉、早くもハマリ役の評価 天下人に潜む“狂気”を好演
  12. 【真田丸ゆかり】真田丸ゆかりの地を行く 幻の名城「新府」…大阪城「真田丸」に継承された設計思想
  13. 【戦国大名・戦国武将の子孫】佐々淳行さんのご先祖様は・・・、
  14. 真田丸 第27回「不信」
  15. 【八幡太郎 源義家グッズ】2 激安 八幡太郎 源義家公 五月人形 通販 送料無料など
  16. 【八幡太郎 源義家グッズ】2 激安 八幡太郎 源義家公 五月人形 通販 送料無料など
  17. 【洲本城ニュース】「朝鮮の役で亡くなった武将の供養かもしれない」 淡路島のナゾ。後から大手門建造? 軍事用でない洲本城の勘七郭
  18. 【真田丸感想戦】「真田丸」第25回は視聴率18.3% 利休が切腹
  19. 【コンパクト五月人形・節句飾り】★セール特価★初節句 端午の節句 こどもの日に人気!出し入れ簡単ケース入り五月人形(ckk151-2...
  20. 【真田丸視聴率問題】「真田丸」第24話視聴率は17・6% 高嶋氏政、最後の汁かけ飯
前の記事→

真田丸 第27回「不信」
37: バッテリーバックアップ 2016/07/10(日) 19:39:36.03 ID:dkFxlCN1

前妻が後妻に説教


41: バッテリーバックアップ 2016/07/10(日) 19:39:45.57 ID:8tp5qiay

今回は弱っちいのが頑張るな


42: バッテリーバックアップ 2016/07/10(日) 19:39:46.89 ID:DCz96rfL

豊臣姓もらったことは全然話題にしないんだな


48: バッテリーバックアップ 2016/07/10(日) 19:39:56.18 ID:OvK0Hk4V

兄を右衛門にして弟を左衛門にすれば良いじゃんか


真田丸の謎―戦国時代を「城」で読み解く (NHK出版新書 474)
真田丸の謎―戦国時代を「城」で読み解く (NHK出版新書 474)



続きを読む▽
| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=205 |
| DRAMA::NHK大河ドラマ第55作『真田丸』(2016年/平成28年) | 09:45 PM | comments (x) | trackback (x) |
真田丸 第26回「瓜売」
1: レンツォ・ウリビエリ 2016/07/03(日) 20:22:33.54 ID:V5Cf5pQI

肥前名護屋に集められた真田昌幸(草刈正雄)ら大名たちは、
秀吉(小日向文世)の発案で仮装大会に駆り出される。
信繁(堺雅人)は、昌幸の出し物が秀吉と同じだと知り…

またーりです
※前スレ
【マターリ】真田丸 第26回「瓜売」★1
http://nhk.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1467543058/





続きを読む▽
| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=204 |
| DRAMA::NHK大河ドラマ第55作『真田丸』(2016年/平成28年) | 12:35 AM | comments (x) | trackback (x) |
【真田丸ゆかり】真田丸ゆかりの地を行く 幻の名城「新府」…大阪城「真田丸」に継承された設計思想
1: ウリウリ 2016/07/02(土) 22:47:23.53 ID:CAP_USER9

 山梨県韮崎市の「新府桃源郷」は、一面に広がる桃畑の遠方に南アルプスの鳳凰三山を望む静かな農村地帯だ。4月中旬には柔らかなピンクの桃の花と、明るい黄色の菜の花の競演が美しかった。
これからの季節は、まばゆい陽光が新緑に照り返す。一角に立つ小高い山が、戦国の世に武田氏最後の築城となった新府城跡とは思えない。本当に穏やかな光景だ。

 新府城は1581年、武田勝頼が甲府・躑躅(つつじ)ケ崎から移って頑強な本丸の構築を始めたが、完成前の翌年3月、織田氏らの侵攻を前に持ちこたえられず、火を放って逃亡。武田氏は現在の甲州市大和町で滅亡した。

 NHK大河ドラマ「真田丸」では、勝頼の逃げ場をめぐって激論が交わされた軍議が、序盤のヤマ場となった。真田氏を継いでいた昌幸は自らが擁する岩櫃(いわびつ)城(群馬県東吾妻町)を提案するが、勝頼は譜代・小山田信茂が主張する岩殿城(山梨県大月市)を目指すことに。その際、真田氏の人質はすべて開放された。

 ドラマでは、草刈正雄さんが好演する昌幸の、何とも残念そうな表情が印象的だった。「真田丸」の時代考証を務める武田氏研究会の平山優副会長(山梨県立中央高教諭)に、「もし勝頼が真田氏と岩櫃城に逃げたら、歴史は変わったか」と尋ねると、「うーん、きっと諸共(もろとも)だったでしょう」。それくらい、当時の織田氏に勢いがあり、武田氏は疲弊しきっていたのだろう。

 究極の選択の舞台となった本丸は、この山の頂上にあったとされる。いまは、新府藤武神社の石段を一気に駆け上がるか、外周のなだらかな坂道をゆっくりと上っていくか、2通りの行き方がある。

 石段を上がれば、本丸の「高さ」を体感できる。一方、外周をたどれば、甲州流築城術の一端を知ることができるという。

 途中にある「丸馬出(まるうまだし)」。平山氏は「武田流築城術の典型」と指摘する。城を囲む土塁に沿って半円形の堀を造り、両端を出入り口にすることで、敵の侵入や攻撃を防ぐ。武田氏が重要視した深志城(長野県松本市)や大島城(同松川町)などにも、丸馬出が採用されたという。

 新府城の外周には、大手門などの跡もあり、城の全景がイメージできる。頂上の本丸跡は桜の木に囲まれ、平らな広場のようになっている。4世紀以上も前に整地されたのだろうか。ここに城が築かれ、完成を見ずに焼かれたと思うと、とても不思議な気分になった。

 完成を見なかった新府城だが、その設計思想は真田氏に継承されたといわれる。真田信繁(幸村)が大坂の陣で築いた大坂城南側の「真田丸」は、まさに新府城の丸馬出の形とされている。信繁は軍装を赤一色に統一した武田氏の「赤備え」も継承し、大坂の陣に臨んでいる。

 平山氏によると、真田氏は武田氏が考案した部隊編成、官僚制度、朱印状による文書決裁なども学んだという。

 新府城の古い案内看板には「部将真田昌幸に命じて築かせた」との表記があるが、これは根拠に乏しいようだ。ただ、築城にあたって、昌幸が自身の領内に工事への従事を命じた書状が残されている。
武田氏への求心力が低下した時期に、昌幸が忠実に役割を果たしていたことがわかる。この書状は23日まで、山梨県立博物館(笛吹市御坂町)で開催中の「武田二十四将展」に展示されている。

 新府城の見学後、ぜひ訪れたいのが釜無川対岸の韮崎市神山町にある武田八幡宮や、昨年のノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智氏の生家周辺だ。大村氏が市に寄贈した「韮崎大村美術館」や温泉施設などがあり、ちょっとした人気スポットとなっている。

 こちらから新府城の方向を臨むと、地面とほぼ直角に切り立った「七里岩」と呼ばれる河岸段丘の上に、新府城跡があることがよく分かる。まさに自然の要害だ。
後年、徳川家康も高く評価したという幻の名城。ここを反撃の拠点にできなかった勝頼と昌幸の無念が、今の世にも伝わってくる。(甲府支局 中川真)

 ■新府城 山梨県韮崎市中田町。JR中央線新府駅から徒歩約10分。隣の穴山駅から「七里岩ライン」を歩けば、桃源郷とわずかに雪が残る鳳凰三山の遠景を楽しめる。ただし、交通量が多いので、歩行には注意が必要だ。
中央自動車道韮崎インターチェンジからは車で約15分。簡易トイレ完備の駐車場もある。天候が良ければ、鋭角的な印象の勇ましい富士山も望める。





続きを読む▽
| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=203 |
| DRAMA::NHK大河ドラマ第55作『真田丸』(2016年/平成28年) | 10:48 PM | comments (x) | trackback (x) |
前の記事→

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑