■CALENDAR■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年01月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■スポンサードリンク■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■RSS■
RSS Feed Widget
■人気■
  1. 【真田丸女優情報】木村佳乃「真田丸」に仰天再登場 台本読み「椅子から転げ落ちました」
  2. 【歴史上の人物を演じた演者情報】濃姫(帰蝶)を演じた役者は・・・
  3. 【歴史好き芸能人】AKB48/AKB48・山本彩さん(明智光秀好き、歴史探索、城郭めぐり、城のものまね)
  4. 【誰が一番?豊臣秀吉を演じた俳優】緒形、勝新、竹中
  5. 【サムライ銅像・石像】新田義貞像(東京都府中市・分倍河原駅)
  6. BABYMETALのコスチュームの兜について。蒲生氏郷の黒漆塗燕尾形兜(通称銀鯰尾兜)。
  7. 【真田丸女優】劣化が深刻化と言われるが・・・・、実はぶっちぎり美人説噴出
  8. 【真田丸感想戦】「真田丸」第25回は視聴率18.3% 利休が切腹
  9. 真田丸 第26回「瓜売」
  10. 【八幡太郎 源義家グッズ】2 激安 八幡太郎 源義家公 五月人形 通販 送料無料など
  11. 真田丸 第27回「不信」
  12. SAMURAI STATUE Date Masamune 伊達政宗騎馬像 宮城県仙台市
  13. 真田丸 第25回「別離」
  14. 【真田丸ゆかり】真田丸ゆかりの地を行く 幻の名城「新府」…大阪城「真田丸」に継承された設計思想
  15. 【真田丸女優】松岡茉優「真田丸」出演で感じた三谷幸喜氏との縁 心残る名作セリフ
  16. 【真田丸予告】第25話 千利休はなぜ切腹させられたのか? 桂文枝「意外な展開。見事」
  17. SAMURAI STATUE Ota Dokan 太田道灌公像 東京都 東京国際フォーラム Tokyo International Forum
  18. 【甲冑体験】甲冑着用で日本文化を体験 成田空港
  19. 【真田丸視聴率問題】「真田丸」第24話視聴率は17・6% 高嶋氏政、最後の汁かけ飯
  20. 【洲本城ニュース】「朝鮮の役で亡くなった武将の供養かもしれない」 淡路島のナゾ。後から大手門建造? 軍事用でない洲本城の勘七郭
← 真田丸 第15回「秀吉」 【海外進出】戦国ホームドラマ『真田丸』は海外でも通用するハズ!?(dot.) →

【時代考証担当者を呼べ】町娘が立ち飲み屋でワイン? 歴史学者が語る大河ドラマ『真田丸』の違和感
1: 2016/04/17(日) 13:30:05.42 ID:CAP_USER*

「真田信繁(堺雅人)の幼なじみ、きり(長澤まさみ)の言葉遣いがネット上で批判されていましたが、
あれは現代の言葉でわかりやすく伝えたいという演出でしょう。ただ、信繁ときりの関係が、幼なじみの
現代的なラブコメディを毎回のように連想させることに、時代劇ファンは違和感を覚えています」

そう話すのは、大河ドラマウオッチャーで、
『真田幸村と真田丸の真実 徳川家康が恐れた名将』(光文社新書)の著者でもある歴史学者の渡邊大門さん。

脚本/三谷幸喜、主演/堺雅人。当代のヒットメーカーが組んで始まった、話題のNHK大河ドラマ『真田丸』。
初回(1月10日放送)視聴率19.9%の好スタートを切り、翌週の第2話では20.1%をたたき出すなど、
大河ドラマとして久しぶりの大ヒットとなる予感もあった。ところが、第5話(19.0%)以降、その勢いは徐々に失速。
第11話ではついに15.6%まで数字が落ちた。

そして、ドラマ序盤の最大の見せ場である第一次上田合戦を描いた第13話でも、
スタート時の勢いを取り戻すことはできずにいる(17.5%)。
渡邊さんは、戦国時代を描くドラマとしての“緊張感のなさ”を指摘する。

「史実かどうか以前の問題として、“さすがにそれはありえないでしょう”と、ツッコミを入れたくなるような演出が
確かに多い印象です。それによって、生きるか死ぬかの戦国時代の緊張感が、視聴者に伝わってこない。
重厚感、ドキドキ感がない。それが原因ではないでしょうか」

そこで渡邊さんが、思わずツッコミを入れてしまったという、ドラマ序盤のありえないシーンを挙げてもらった!

■敵の大軍がたった2人を捕まえられない!?(第1話)
「ドラマの冒頭で、信繁と三十郎(迫田孝也)が徳川勢のいる陣に偵察に行って見つかるのですが、
それでも何とか逃げ切りました。敵の大軍がたった2人を捕まえられないなんて、普通では考えられないこと。
これからどんな物語になるのか、いきなり初回から不安になりましたね」(渡邊さん・以下同)

■町娘が、なんと立ち飲み屋でワイン!?(第4話)
「安土城下の飲み屋で女性が2人、チーズか何かをつまみにワインを飲んでいました(笑)。
あれはふざけすぎですね。史実を語る以前に、完全にコメディです」

■きりが信繁のことを「源次郎さん、案外打たれ弱いところあるし」……!?(第11話)
「信繁と結婚する梅(黒木華)にきりが言ったセリフですが、“打たれ弱い”はボクシングから派生した言葉。
いくらなんでも戦国時代にはそぐわないので驚きました」

■上杉景勝(遠藤憲一)と信繁がまるで友達!?(第12話)
「大名の当主と一国衆の次男坊が同じ目線で話をして、心を通じ合わせるなんて、
さすがに話を盛りすぎています。しかも信繁は上杉家の人質ですからね」

渡邊さんは、『真田丸』についてこう語る。

「おそらく脚本の三谷さんは、既存の時代劇のイメージを壊して、新しい時代劇像を描こうとしているのだと思います。
とはいえ、コメディの要素を取り入れた現代風のホームドラマ、ドタバタ喜劇を見せられているという人も中にはいます。
戦国時代が舞台の大河ドラマなのに、どんどん朝ドラに近づいていっているような……」(渡邊さん)

大坂編からの三谷マジックに期待したい!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160417-00010001-jisin-soci





16: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:37:17.08 ID:SZa92bgV0

>>1
こんなこと言い出したら
どんなドラマも見てれなくなるじゃんww

歴史学者の渡邊大門さん
みたいな頭の弱い人はドラマや映画は見ちゃダメだな(笑


88: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:12:54.75 ID:jrvmyEUQ0

>>1
今のNHKの歴史ものにまともな時代考証期待すんなよ
だいぶ前に時代考証班潰したの暴露されてんだしさ


108: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:21:36.98 ID:DFI4bWXnO

>>1
>『真田幸村と真田丸の真実 徳川家康が恐れた名将』(光文社新書)の著者

タイトルだけで歴ヲタから嫌われてそうな臭いが…w


131: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:28:41.43 ID:gRHgFYRa0

>>1
まあ大河パロディだからなw
割り切ればそこそこ楽しめる


190: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:48:56.17 ID:q+GtaJC10

>>1
>渡邊大門さん

あああ、私怨やな
前々からずーっと粘着してますわ


385: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 15:43:03.41 ID:M8sAL68T0

おもしろけばいいんよ
ケチばかりつけやがって
グダグダ言うならお前がやれよ>>1がよ


392: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 15:45:37.33 ID:UvevchTt0

>>385
そもそも端からドラマを楽しもうなんて事は微塵も思ってないんだろ
メモ片手にどこかおかしい所がないかだけ見てるんじゃね


3: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:31:27.64 ID:4PY6so+G0

三谷に任せた以上、そのツッコミはなんか今更ではある


6: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:32:15.25 ID:+qwlhnZd0

遠藤上杉なんとかしてくれ、イライラする
可愛すぎる


7: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:33:33.22 ID:ndcCotQt0

清州会議のノリそのままじゃん
ドラマじゃなくて、舞台劇の脚本なら問題ないよ

人選がおかしいだけ


8: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:33:35.95 ID:gOvU7qW70

しょうがない通常の大河では視聴率がとれないんだもの
徳川葵三代は歴史通から見れば評価が高いが
視聴率は惨敗であった。現代人にあった歴史ドラマのあり方が求められるの


13: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:36:21.77 ID:Mm66b/0k0

>>8
だからそういうのは大河じゃないドラマでやればいいこと
大河はそういうのを期待されてはいない


18: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:38:16.72 ID:P7E3KXls0

>>13
だったら、昔の大河を見れば良いよ。
今望まれてるのは、お気楽に見られるエンタメ時代劇。


48: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:54:40.32 ID:KvPql1py0

>>18
望まれてるはずなのに視聴率は取れないw


53: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:56:27.71 ID:6WHhxlY10

>>8
やっぱり秀吉だよ
竹中直人主演でもう一回作り直そう
今度は4Kで


65: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:01:08.26 ID:KAwsJpuI0

>>53
竹中直人は58歳で軍師官兵衛に秀吉役で出た時
若い頃の秀吉役は走り回らないといけないので辛い
秀吉主役のときには40歳なので走れたがと言っていた
今年60歳だし竹中では無理だろ
秀吉って62歳で死んでるんだよ


80: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:06:14.48 ID:nUfuMknU0

>>8
歴史通ちゃん達からは黄門パートめちゃくちゃ叩かれてたぞ


394: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 15:47:05.18 ID:v7WqiNiQ0

>>8
葵は関ヶ原まではおもしろかったのだが、回を重ねるごとにトーンダウン
見せ場は浅井の妖怪三姉妹ぐらいで
淀がいなくなった大坂の陣以降は、対談ドラマに成りさがていた
最初から最後まで、ちょっと暗い部屋で対談ばかり
さすがに見る耐えられなかったので、見るの打ち止めたわ
前半の関ヶ原も、1980年TBSドラマ関ヶ原のリメークといっていいけどね


9: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:33:50.97 ID:XZVFgPkC0

>大坂編からの三谷マジックに

いやな予感でびっくりぽんやで。


14: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:36:56.80 ID:tdorBnWL0

>>9
昨年だっけ?
名優は沢山出たが、消火不良を起こした、宇宙家族みたいな映画みたいになりそうな悪寒。 


11: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:34:45.35 ID:GYiBY8kk0

三谷は全てが滑ってる
いい加減取り巻きの連中は教えてやれよ


24: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:39:34.19 ID:DWyX6ans0

>>11
ほんとそれ
三谷は自分ては「俺めっちゃ面白い!こんな脚本書ける俺すげー」感が鼻につく


22: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:39:14.89 ID:P7E3KXls0

そもそも、なかったことを証明できないのならドラマだしいろいろとやって良いのさ。


28: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:41:23.75 ID:ndcCotQt0

>>22
史実の縛りはつけるべき
でも史実の記述がないことは好きに書けばよい
評価は視聴者が下すだけのこと

自分はつまらんけど、おもしろいという人がいるかもしれないし
確認しようがない不明な当時の風俗を、
自分の持ってるイメージと違うからと攻撃するのはどうかと思う


309: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 15:20:38.27 ID:ItGhHFrq0

>>22
それだと韓国の歴史ドラマみたいに嘘だらけになって、それを信じる国民が出てくるよ。


23: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:39:20.44 ID:2vst07Ym0

三谷を馬鹿にしてるが
史実に忠実に書いていたりするんだよな


83: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:09:09.61 ID:H+BuY1aD0

>>23
三谷自身がかなりの歴史オタだしな。
いつも大河ではスルーされがちな天正壬午の乱を比較的ちゃんと描いたのは評価できる。


25: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:39:45.51 ID:5ZEUQ7HE0

渡邊 大門(わたなべ だいもん、1967年(昭和42年)10月3日-  )は、日本史学者、
株式会社歴史と文化の研究所代表取締役、大阪観光大学観光学研究所客員研究員。
神奈川県出身、のちに兵庫県、京都府、岡山県、埼玉県で過ごし、現在は、千葉県市川市に在住。
専門は日本中世史。一次史料を重視した研究を行う。
特に、赤松氏、宇喜多氏、浦上氏、山名氏、朝倉氏、波多野氏など西国大名の研究を専門とし、
近畿、中国地方を研究のフィールドとしている。

経歴[編集]
1986年 兵庫県立三木高校普通科卒業。
1990年 関西学院大学文学部史学科日本史学専攻卒業。
2005年 放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了。
2008年 佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了、「戦国期赤松氏領国における守護代・国人の研究」で博士(文学)。


73: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:04:14.26 ID:5ZEUQ7HE0

>>25
『真田幸村と真田丸 大坂の陣の虚像と実像』河出ブックス 2015
『【猛】列伝 真田幸村と大坂の陣』KKロングセラーズ・ロング新書 2015
『真田幸村と真田丸の真実 家康が恐れた名将』光文社新書 2015
『真田幸村のすべて 大坂城決戦! 真田丸への道』毎日新聞出版 2015

大河ドラマで商売してるのに酷いw


106: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:21:12.95 ID:UfUzO6Fp0

>>25
歴史学者って誰だよと思ったら…読むと時間を無駄にした感が味わえるすこぶる残念な人ですね
もっと気の利いた人雇って代わりにエッセー書かせた方がいいですよ


26: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:40:52.56 ID:vJBsn3bP0

水戸黄門で八兵衛がドンマイ言いうが如しw


27: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:41:18.16 ID:lQ18I3so0

そもそも16世紀の日本に時代劇に出てくるようなデカい馬居ないからな


29: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:42:06.80 ID:okqc2jJb0

三谷のユーモアはつまらん


30: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:42:15.43 ID:/Kdw2bfc0

現代に出来た言い回しを使うなっていったら、
時代劇なんて成り立たないだろw


36: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:45:14.79 ID:74HJn283O

>>30
戦国時代の主だった武将なんてみんな三河弁や尾張弁になってまうわなww


50: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:55:39.55 ID:iXHVOxSm0

>>36
家康が尾張弁な時代劇は見たことある
「家康は三河弁だがや!!!!」と突っ込みたくなった
100歩譲って駿河弁だろ


144: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:32:22.94 ID:74HJn283O

>>50
確かに微妙に違うよなぁ
秀吉と家康じゃ違うしさ


348: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 15:30:22.18 ID:/PeZ0oOH0

>>36
上級武士は土民の言葉でなく、室町幕府の礼法に順う言葉を
用いたと言われている。 江戸幕府になっても、吉良などの高家が
権威を持っていたのは、余程砕けた場以外では武家言葉が普通
だった筈。 現代人が思うより武家は面子をづっと重視した。


374: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 15:39:29.19 ID:I6ORlA6R0

>>348
ロシア貴族がフランス語で会話したり、欧州の学者や宗教家がラテン語を読み書きしたようなものか


33: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:43:56.13 ID:ndcCotQt0

昔の人がほんとに恐悦至極に存じますって挨拶してたのかって話だな
文書だけの言葉だったかもしれないし、発音も現代と同じなわけがない

人を打つ打たないは、原始時代からある行動
打たれ弱いという単語の意味が通じないことはない


153: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:36:36.21 ID:I6ORlA6R0

>>33
来日したポルトガル人宣教師がローマ字の日本語で書いた日記があって、それが当時のリアルな喋り言葉を記録しているとか山本夏彦の本で読んだな。
それ以外の文章は、公式文書は漢文で、日記なんかも漢文崩しの文語体ばかりなので当時の人のしゃべりの再現ではない。
円朝の落語の速記本みたいなもので。


314: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 15:21:57.96 ID:/PeZ0oOH0

>>33
ワリアーノの日記とかロドリゲスの日本語文典で当時の言葉を知
ることができる。 ドチリナキリシタンも文語よりも会話的な言葉を
記載している。
実際に使われていたかどうかは、厳密には言えないが、狂言、歌舞伎、
落語などから解る。 流派に依って微妙に違いがあるのは、現代になって
創造したものでない証になろう。 伝統芸能の舞台挨拶は実際に昔の
発話をなぞっていると思う。


34: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:45:02.23 ID:2Oz5ltRz0

日本史を知らないバカばっかしが見てるんだからしょうがない
視聴率を取るための方策なんだろうけど当然歴史ドラマファンは遠ざかるわ


37: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:45:30.52 ID:37KAwnhVO

コメディ大河とかどうしたもんじゃろのう。


38: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:45:30.85 ID:DzndWlBA0

こんなコント番組に常識求めんな


39: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:48:05.94 ID:BOwwF4m3O

これくらいいいだろ
燃えてない城燃やしたりするよりマシだわ


40: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:48:16.07 ID:x9aQiV6M0

三谷に史実を求めるなよ


60: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:00:01.46 ID:+duCNdw5O

>>40
三谷幸喜だから、そろそろ謎の円盤UFOが出て来るよな。


64: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 14:01:03.96 ID:P7E3KXls0

>>60
実際、江戸時代の書物に目撃証言がある。


41: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:49:47.45 ID:6PiwlrZG0

景勝と信繁の関係は必ずしも盛りすぎには感じないがな
景勝が認めてなければ真田は豊臣に出仕できなかっただろうし、
信繁が秀吉に評価されてたのはあるらしい

きりと姉と淀殿はあんまりにもひどすぎ
母上とばばさまと信幸の嫁はまあまあ
人質のばばさまに木曽義昌が平伏してるのはうまいと思ったw
そういやこの二人、武田館の人質同士だったな・・・と。義昌はガキだったはず。


43: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:50:57.43 ID:DQfaiKFO0

三谷が脚本やるって時点でこうなるのは分かってただろ
「歴史ドラマ」なんか作る気もその能力も欠片も無い脚本家だぞ
戦国時代を舞台にして三谷風茶番劇を作りたいだけ
あの馬鹿臭い「現代風」ラブコメを見た時点で切ったよ俺は
もう大河はゴミ


44: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:52:09.84 ID:vk5Y8Z0K0

三谷はおわってる。おもしろさとおふざけを履き違えてる。


45: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:52:32.79 ID:hfawiu240

大河ドラマにきちんとした考証を期待するのが間違い
俺は有名脚本家の手伝いをしたことがあるが、無知で非常識なのに驚いたことがある
こういう奴が夜の街で「先生」と呼ばれているのにはもっと驚いた


46: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:52:42.67 ID:mwvmpWII0

『文学の世界では事実であると言うこと自体は三文の価値もない』 ゲーテ


47: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:53:40.52 ID:O3ZF9WSe0

家臣の娘のきりが城の中を好き勝手に歩き回ってるんだか。


49: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:55:24.00 ID:oOTC/feg0

はっきり言って、こんなに面白い大河にケチつけるのはバチが当たる。
ケチつけてる奴等はここ最近の糞つまらない大河を見すぎて脳ミソが
カチカチに干からびてしまったんだろう。この歴史学者とやらも哀れな患者だよ


52: 名無しさんタクララ 2016/04/17(日) 13:55:53.24 ID:fjgOObqc0

そんなこと言ったら時代劇全部アウトだよ
娯楽を娯楽として楽しめない奴は哀れだな



映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
シド・フィールド
フィルムアート社
売り上げランキング: 7,297

Recent Entries from Same Category
| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=92 |
| DRAMA::NHK大河ドラマ第55作『真田丸』(2016年/平成28年) | 10:47 PM | comments (x) | trackback (x) |
← 真田丸 第15回「秀吉」 【海外進出】戦国ホームドラマ『真田丸』は海外でも通用するハズ!?(dot.) →

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑