■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■スポンサードリンク■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■RSS■
RSS Feed Widget
■人気■
  1. 【真田丸女優情報】木村佳乃「真田丸」に仰天再登場 台本読み「椅子から転げ落ちました」
  2. 【真田丸感想戦】「真田丸」第25回は視聴率18.3% 利休が切腹
  3. 【誰が一番?豊臣秀吉を演じた俳優】緒形、勝新、竹中
  4. 【真田丸女優】劣化が深刻化と言われるが・・・・、実はぶっちぎり美人説噴出
  5. 【戦国大名・戦国武将の子孫】佐々淳行さんのご先祖様は・・・、
  6. 【八幡太郎 源義家グッズ】2 激安 八幡太郎 源義家公 五月人形 通販 送料無料など
  7. BABYMETALのコスチュームの兜について。蒲生氏郷の黒漆塗燕尾形兜(通称銀鯰尾兜)。
  8. 【歴史好き芸能人】AKB48/AKB48・山本彩さん(明智光秀好き、歴史探索、城郭めぐり、城のものまね)
  9. 【真田丸ゆかり】真田丸ゆかりの地を行く 幻の名城「新府」…大阪城「真田丸」に継承された設計思想
  10. 【長宗我部元親ニュース】長宗我部元親の船着き場? 高知市で大潮干潮時のみ構造物出現
  11. 【洲本城ニュース】「朝鮮の役で亡くなった武将の供養かもしれない」 淡路島のナゾ。後から大手門建造? 軍事用でない洲本城の勘七郭
  12. 【サムライ銅像・石像】新田義貞像(東京都府中市・分倍河原駅)
  13. 真田丸 第25回「別離」
  14. 【武将祭り情報】24日に上田真田まつり 「真田丸」昌幸役の草刈正雄、堀田作兵衛役の藤本隆宏ら練り歩き
  15. 【歴史上の人物を演じた演者情報】立花宗茂を演じた俳優・声優は・・・
  16. 【歴史上の人物を演じた演者情報】濃姫(帰蝶)を演じた役者は・・・
  17. 【戦国大名・戦国武将の子孫】伊達政宗の子孫は・・・、
  18. 人気戦国武将・真田幸村、歯抜けのさえない中年だった…なぜスーパーヒーローになったのか 直系子孫の歴史研究家が語る
  19. 真田丸 第26回「瓜売」
  20. 【真田丸視聴率問題】「真田丸」第24話視聴率は17・6% 高嶋氏政、最後の汁かけ飯
← パワースポット巡り:清正の泉(清正の井戸ではない)、東京赤坂 【サムライ銅像・石像】八幡太郎 源義家公像(東京都府中市・京王線府中駅) →

【サムライ銅像・石像】新田義貞像(東京都府中市・分倍河原駅)
【サムライ銅像・石像】新田義貞像(東京都府中市・分倍河原駅)



JR南武線を乗ってますと分倍河原駅の外に勇壮な像が。なんの像か気になって、乗り換え駅だったタイミングで下車しました。タクシー寄せというか駅前ロータリー、東芝ビルの前にかっこいい馬上の武者像が。
新田義貞公像です。ここ分倍河原は鎌倉時代、「分倍河原の戦い」と呼ばれる合戦があったところのようです。

--Wiki--
分倍河原の戦い(ぶばいがわらのたたかい)は、鎌倉時代後期の元弘3年(1333年)5月15日・5月16日に、武蔵国多摩川河畔の分倍河原(現在の東京都府中市)において、北条泰家率いる鎌倉幕府勢と新田義貞率いる反幕府勢との間で行われた合戦である。
--Wiki--

Google Map グーグルマップで見た、JR分倍河原駅前ロータリーの新田義貞像(東芝ビル側から見た、新田義貞像正面の図)

大きな地図で見る

駅の通路からみた像。
分倍河原の戦い 1333年 新田義貞 分倍河原駅 サムライ samurai 銅像 石像
東芝ビルを見つめる像。なんでかと思ってWikipediaをみたら、鎌倉の方角である南を向いているのだと。
分倍河原の戦い 1333年 新田義貞 分倍河原駅 サムライ samurai 銅像 石像
分倍河原の戦い 1333年 新田義貞 分倍河原駅 サムライ samurai 銅像 石像
分倍河原の戦い 1333年 新田義貞 分倍河原駅 サムライ samurai 銅像 石像
分倍河原の戦い 1333年 新田義貞 分倍河原駅 サムライ samurai 銅像 石像
分倍河原の戦い 1333年 新田義貞 分倍河原駅 サムライ samurai 銅像 石像
分倍河原の戦い 1333年 新田義貞 分倍河原駅 サムライ samurai 銅像 石像
分倍河原の戦い 1333年 新田義貞 分倍河原駅 サムライ samurai 銅像 石像

--Wiki--
背景
元弘3年(1333年)5月8日、新田義貞は上野国生品明神で鎌倉幕府打倒の兵を挙げた。この旗揚げ時の新田軍は、義貞以下一族の大館宗氏、堀口貞満、岩松経家、里見義胤、脇屋義助、江田行義、桃井尚義ら総勢150騎ばかりであったと謂われる。南行して利根川に至ったところで越後国の新田党(里美、鳥山、田中、大井田、羽川の各家)や、甲斐・信濃の源氏一派が合流し、軍勢は7,000騎に及んだ。5月9日、利根川を越えたところで足利高氏(後に尊氏)の嫡子千寿王(後の足利義詮)が紀五左衛門に伴われて合流、外様御家人最有力者足利高氏の嫡男が加わったことにより、この後上野、下野、上総、常陸、武蔵の武士たちが次々と集まり、新田軍は20万7千まで膨れ上がったとも言われる。

さらに新田軍は鎌倉街道沿いに南下し、入間川を渡る。迎撃に来た桜田貞国率いる鎌倉幕府軍を5月11日小手指原の戦い、5月12日久米川の戦いで、相次いで撃破。幕府軍は、武蔵国の最後の要害である多摩川で新田軍を食い止めるべく、分倍河原(現在の東京都府中市)に撤退した。

経過
鎌倉幕府は、小手指原・久米川の敗報に接し、新田軍を迎え撃つべく、北条高時の弟北条泰家を大将とする10万の軍勢を派遣。分倍河原にて桜田貞国の軍勢と合流した。5月15日、2日間の休息を終えた新田軍は、分倍河原の幕府軍への攻撃を開始。が、援軍を得て士気の高まっていた幕府軍が、逆に新田軍を撃破。新田軍は堀金(狭山市堀兼)周辺まで退却を余儀なくされた。この敗走の際、武蔵国分寺(東京都国分寺市)が焼失したといわれる。

翌5月16日新田軍は、援軍に駆け付けた三浦義勝の献策により、未明に幕府軍を急襲。幕府軍は敗走し、関戸(東京都多摩市)にて壊滅的打撃を被った。北条泰家は、家臣の横溝八郎の奮戦によって一命を取り止め、鎌倉に逃走した。形勢が入れ替わった理由については、幕府軍が初日の勝利に奢って油断していたという説もあるが、足利尊氏による六波羅探題攻略の報が関東に到達しており幕府軍増援部隊の寝返りがあったのではないかという説もある。

影響

分倍河原の戦いで新田軍が幕府軍に対し決定的な勝利を収めたことにより、幕府軍は完全に守勢に転じた。この後、新田軍には次々に援軍が加わり、『太平記』によれば60万もの大軍勢になったという。幕府軍は鎌倉に籠もり7つの切通しを固める。新田軍は要害の地鎌倉を攻めあぐんだが、稲村ヶ崎から強行突破し、幕府軍の背後を突いて鎌倉へ乱入。倒幕運動最後の合戦(東勝寺合戦)が行われた。

史跡

府中市分梅町の新田川分梅公園に分倍河原古戦場碑がある。分倍河原駅の駅前ロータリーには新田義貞の像がある。新田義貞の顔は鎌倉方面である南を向いている。
--Wiki--




【サムライ銅像・石像】新田義貞像(東京都府中市・分倍河原駅)




Recent Entries from Same Category
| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=60 |
| 観光、パワースポット、お城、銅像::銅像・石像・絵画・石碑 | 02:26 PM | comments (x) | trackback (x) |
← パワースポット巡り:清正の泉(清正の井戸ではない)、東京赤坂 【サムライ銅像・石像】八幡太郎 源義家公像(東京都府中市・京王線府中駅) →

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑