■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■スポンサードリンク■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■RSS■
RSS Feed Widget
■人気■
  1. 【歴史好き芸能人】AKB48/AKB48・山本彩さん(明智光秀好き、歴史探索、城郭めぐり、城のものまね)
  2. 【歴史上の人物を演じた演者情報】立花宗茂を演じた俳優・声優は・・・
  3. 【戦国武将末裔情報】真田、豊臣、武田家の末裔が語る「真田丸」 「生き残れるか、ハラハラしています」
  4. 【ご子孫情報】上杉家17代目と徳川家18代目は従兄弟だった…「たまに一緒に酒を飲む間柄」
  5. 【誰が一番?豊臣秀吉を演じた俳優】緒形、勝新、竹中
  6. 【真田丸女優】劣化が深刻化と言われるが・・・・、実はぶっちぎり美人説噴出
  7. 【戦国大名・戦国武将の子孫】伊達政宗の子孫は・・・、
  8. 【戦国大名・戦国武将の子孫】佐々淳行さんのご先祖様は・・・、
  9. 【次回の真田丸】「真田丸」今度は謎解きに奔走する信繁!秀吉と茶々を揶揄する犯人は
  10. 【戦国大名・戦国武将の子孫】甘利明さんのご先祖様は・・・、
  11. 【戦国大名・戦国武将の子孫】毛利昭彦さんのご先祖は・・・
  12. SAMURAI STATUE Kusunoki Masashige 楠木正成公像 東京都 江戸城跡 国民公園 「皇居外苑」
  13. 【真田丸俳優】「真田丸」大坂の陣キーマン配役決まる 大野治長役に今井朋彦
  14. 【真田幸村ニュース】真田信繁が署名した唯一の「信繁」 清泉女学院大客員教授が書状の原本を発見[06/17]
  15. 【戦国大名・戦国武将の子孫】明智ハナエリカさんのご先祖は・・・
  16. 真田丸 第26回「瓜売」
  17. 【真田丸俳優】高木渉:「真田丸」茂誠役で話題の声優 4カ月ぶり待望の登場 俳優業に意欲
  18. 【真田丸視聴率】「真田丸」第22回は視聴率16.6% 沼田裁定で法廷ドラマに
  19. 真田丸 第25回「別離」
  20. 【長宗我部元親ニュース】長宗我部元親の船着き場? 高知市で大潮干潮時のみ構造物出現
← 【真田丸バグ】誰も気付かなかった?「真田丸」の次回予告に絶対写ってはいけないものが! 【歴史上の人物を演じた演者情報】濃姫(帰蝶)を演じた役者は・・・ →

【真田幸村ニュース】真田信繁が署名した唯一の「信繁」 清泉女学院大客員教授が書状の原本を発見[06/17]
1: ディグダグ2 2016/06/17(金) 12:06:17.94 ID:CAP_USER9

no title

真田信繁の書状の原本とみられる史料を紹介する玉城客員教授

NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公で、長野県上田市ゆかりの戦国武将真田信繁(幸村)が出したとみられる書状が新たに見つかったことが16日、分かった。
清泉女学院大(長野市)の玉城司客員教授(63)が発見し、1590(天正18)年の年号と信繁の署名がある。
信州の歴史文書をまとめた「信濃史料」に内容が載っている書状の原本とみられる。

玉城客員教授によると、現在伝来している信繁が出した文書は20通で、これまで原本が確認されているのは7通。
今回見つかったのは信繁が20代前半ごろの早い段階の史料で、「信繁」と署名するのは唯一という。

書状は、豊臣秀吉が相模国(現神奈川県)の北条氏を滅ぼした小田原攻めがあった90年の8月10日付で、「安中平三」宛て。
絶え間なく戦い続けてきたことから安中の姓を与え、領地などを与えることを約束する内容だ。

従来の研究では、「安中と主従関係に入った」「小田原出兵に際し関東で軍事行動をしていた」などを意味するとされている。
真田宝物館(長野市)によると、真田家には安中作左衛門という家臣がおり、平三と同一人物かは検討を要するという。

玉城客員教授が2015年12月ごろ、上田市の古書店で書状を見つけた。
信繁の兄で松代藩真田家初代藩主信之(信幸)、信之の長男信吉の書状など真田家に関連する10通と共にあった。

真田宝物館は、江戸後期に真田家の歴史を家臣がまとめた「真田家御事蹟稿(ごじせきこう)」に、今回見つかった古文書のうち、信繁書状を含む何点かが載っており、
「これらがまとめて家臣の家に伝来したことは確実」としている。

玉城客員教授は、一緒に伝来した書状と紙質や寸法が近く、用字や字配りなどから信繁の自筆と推論。
相手に礼を表すため、本文に重ねる「礼紙(らいし)」も残っていることも原本と判断する一因とする。
「書風から実直で飾らない人柄がうかがえる。信繁の人物像も含め歴史的意義を見直してもらえればありがたい」と話し、ほかの研究にも役立ててもらう考えだ。

書状は当面、真田宝物館に預ける。
同館は今後、開催中の真田家の史料を集めた特別企画展で展示する方針。

ソース元:信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160617/KT160616FTI090018000.php






3: ディグダグ2 2016/06/17(金) 12:07:09.50 ID:+cEk5BN80

あらあら、随分とタイミングがいいですね


21: ディグダグ2 2016/06/17(金) 12:50:55.79 ID:GnOTMeyZ0

>>3
大河だとかブームになると「うちにもそういえば関係したものがあったな」とか
「うちの先祖は家来だったんじゃよ」とか
そういうのが切っ掛けで出てくるんだよ

風林火山の時とか伊達政宗の時とかも、かなり資料が発見されて研究が進んだ


Recent Entries from Same Category
| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=177 |
| NEWS | 01:47 PM | comments (x) | trackback (x) |
← 【真田丸バグ】誰も気付かなかった?「真田丸」の次回予告に絶対写ってはいけないものが! 【歴史上の人物を演じた演者情報】濃姫(帰蝶)を演じた役者は・・・ →

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑