■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2019年03月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■スポンサードリンク■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■RSS■
RSS Feed Widget
■人気■
  1. 【歴史上の人物を演じた演者情報】立花宗茂を演じた俳優・声優は・・・
  2. 【真田丸女優情報】木村佳乃「真田丸」に仰天再登場 台本読み「椅子から転げ落ちました」
  3. 【誰が一番?豊臣秀吉を演じた俳優】緒形、勝新、竹中
  4. 【サムライ銅像・石像】新田義貞像(東京都府中市・分倍河原駅)
  5. 【戦国大名・戦国武将の子孫】毛利昭彦さんのご先祖は・・・
  6. SAMURAI STATUE Kusunoki Masashige 楠木正成公像 東京都 江戸城跡 国民公園 「皇居外苑」
  7. 【八幡太郎 源義家グッズ】2 激安 八幡太郎 源義家公 五月人形 通販 送料無料など
  8. 【真田丸女優】劣化が深刻化と言われるが・・・・、実はぶっちぎり美人説噴出
  9. 【戦国大名・戦国武将の子孫】佐々淳行さんのご先祖様は・・・、
  10. BABYMETALのコスチュームの兜について。蒲生氏郷の黒漆塗燕尾形兜(通称銀鯰尾兜)。
  11. 訃報:山田吾一さん(山田 吾一(やまだ ごいち、1933年2月20日 - 2012年10月13日))NHK大河ドラマ「国盗り物語(1973年)」 蜂須賀小六役などで活躍
  12. 【歴史好き芸能人】AKB48/AKB48・山本彩さん(明智光秀好き、歴史探索、城郭めぐり、城のものまね)
  13. 【武将祭り情報】24日に上田真田まつり 「真田丸」昌幸役の草刈正雄、堀田作兵衛役の藤本隆宏ら練り歩き
  14. 【歴史上の人物を演じた演者情報】濃姫(帰蝶)を演じた役者は・・・
  15. 【戦国大名・戦国武将の子孫】伊達政宗の子孫は・・・、
  16. 真田丸 第27回「不信」
  17. 【石田三成子孫の宿】石田館妙高ホテル
  18. 【戦国大名・戦国武将の子孫】伊達政宗の子孫は・・・、
  19. 【真田丸バグ】誰も気付かなかった?「真田丸」の次回予告に絶対写ってはいけないものが!
  20. 【戦国大名・戦国武将の子孫】伊達みきおさんのご先祖様は・・・、
← 【真田丸バグ】誰も気付かなかった?「真田丸」の次回予告に絶対写ってはいけないものが! 【歴史上の人物を演じた演者情報】濃姫(帰蝶)を演じた役者は・・・ →

【真田幸村ニュース】真田信繁が署名した唯一の「信繁」 清泉女学院大客員教授が書状の原本を発見[06/17]
1: ディグダグ2 2016/06/17(金) 12:06:17.94 ID:CAP_USER9

no title

真田信繁の書状の原本とみられる史料を紹介する玉城客員教授

NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公で、長野県上田市ゆかりの戦国武将真田信繁(幸村)が出したとみられる書状が新たに見つかったことが16日、分かった。
清泉女学院大(長野市)の玉城司客員教授(63)が発見し、1590(天正18)年の年号と信繁の署名がある。
信州の歴史文書をまとめた「信濃史料」に内容が載っている書状の原本とみられる。

玉城客員教授によると、現在伝来している信繁が出した文書は20通で、これまで原本が確認されているのは7通。
今回見つかったのは信繁が20代前半ごろの早い段階の史料で、「信繁」と署名するのは唯一という。

書状は、豊臣秀吉が相模国(現神奈川県)の北条氏を滅ぼした小田原攻めがあった90年の8月10日付で、「安中平三」宛て。
絶え間なく戦い続けてきたことから安中の姓を与え、領地などを与えることを約束する内容だ。

従来の研究では、「安中と主従関係に入った」「小田原出兵に際し関東で軍事行動をしていた」などを意味するとされている。
真田宝物館(長野市)によると、真田家には安中作左衛門という家臣がおり、平三と同一人物かは検討を要するという。

玉城客員教授が2015年12月ごろ、上田市の古書店で書状を見つけた。
信繁の兄で松代藩真田家初代藩主信之(信幸)、信之の長男信吉の書状など真田家に関連する10通と共にあった。

真田宝物館は、江戸後期に真田家の歴史を家臣がまとめた「真田家御事蹟稿(ごじせきこう)」に、今回見つかった古文書のうち、信繁書状を含む何点かが載っており、
「これらがまとめて家臣の家に伝来したことは確実」としている。

玉城客員教授は、一緒に伝来した書状と紙質や寸法が近く、用字や字配りなどから信繁の自筆と推論。
相手に礼を表すため、本文に重ねる「礼紙(らいし)」も残っていることも原本と判断する一因とする。
「書風から実直で飾らない人柄がうかがえる。信繁の人物像も含め歴史的意義を見直してもらえればありがたい」と話し、ほかの研究にも役立ててもらう考えだ。

書状は当面、真田宝物館に預ける。
同館は今後、開催中の真田家の史料を集めた特別企画展で展示する方針。

ソース元:信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160617/KT160616FTI090018000.php






3: ディグダグ2 2016/06/17(金) 12:07:09.50 ID:+cEk5BN80

あらあら、随分とタイミングがいいですね


21: ディグダグ2 2016/06/17(金) 12:50:55.79 ID:GnOTMeyZ0

>>3
大河だとかブームになると「うちにもそういえば関係したものがあったな」とか
「うちの先祖は家来だったんじゃよ」とか
そういうのが切っ掛けで出てくるんだよ

風林火山の時とか伊達政宗の時とかも、かなり資料が発見されて研究が進んだ


Recent Entries from Same Category
| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=177 |
| NEWS | 01:47 PM | comments (x) | trackback (x) |
← 【真田丸バグ】誰も気付かなかった?「真田丸」の次回予告に絶対写ってはいけないものが! 【歴史上の人物を演じた演者情報】濃姫(帰蝶)を演じた役者は・・・ →

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑