■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■スポンサードリンク■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■RSS■
RSS Feed Widget
■人気■
  1. 【歴史好き芸能人】AKB48/AKB48・山本彩さん(明智光秀好き、歴史探索、城郭めぐり、城のものまね)
  2. 【歴史上の人物を演じた演者情報】立花宗茂を演じた俳優・声優は・・・
  3. 【戦国武将末裔情報】真田、豊臣、武田家の末裔が語る「真田丸」 「生き残れるか、ハラハラしています」
  4. 【ご子孫情報】上杉家17代目と徳川家18代目は従兄弟だった…「たまに一緒に酒を飲む間柄」
  5. 【誰が一番?豊臣秀吉を演じた俳優】緒形、勝新、竹中
  6. 【真田丸女優】劣化が深刻化と言われるが・・・・、実はぶっちぎり美人説噴出
  7. 【戦国大名・戦国武将の子孫】伊達政宗の子孫は・・・、
  8. 【戦国大名・戦国武将の子孫】佐々淳行さんのご先祖様は・・・、
  9. 【次回の真田丸】「真田丸」今度は謎解きに奔走する信繁!秀吉と茶々を揶揄する犯人は
  10. 【戦国大名・戦国武将の子孫】甘利明さんのご先祖様は・・・、
  11. 【戦国大名・戦国武将の子孫】毛利昭彦さんのご先祖は・・・
  12. SAMURAI STATUE Kusunoki Masashige 楠木正成公像 東京都 江戸城跡 国民公園 「皇居外苑」
  13. 【真田丸俳優】「真田丸」大坂の陣キーマン配役決まる 大野治長役に今井朋彦
  14. 【真田幸村ニュース】真田信繁が署名した唯一の「信繁」 清泉女学院大客員教授が書状の原本を発見[06/17]
  15. 【戦国大名・戦国武将の子孫】明智ハナエリカさんのご先祖は・・・
  16. 真田丸 第26回「瓜売」
  17. 【真田丸俳優】高木渉:「真田丸」茂誠役で話題の声優 4カ月ぶり待望の登場 俳優業に意欲
  18. 【真田丸視聴率】「真田丸」第22回は視聴率16.6% 沼田裁定で法廷ドラマに
  19. 真田丸 第25回「別離」
  20. 【長宗我部元親ニュース】長宗我部元親の船着き場? 高知市で大潮干潮時のみ構造物出現
← 【真田丸見どころ】「真田丸」、ついに小田原征伐始まる! 史実では官兵衛が北条親子を説得、今回はどう描かれる? 伊達政宗も登場 【真田丸視聴率】「真田丸」第22回は視聴率16.6% 沼田裁定で法廷ドラマに →

【大河ドラマ経済効果】信州ゆかりの戦国武将・真田信繁 「真田丸」県内への経済効果は200億円 日銀松本支店が試算
1: 三人娘 2016/06/07(火) 21:43:05.62 ID:CAP_USER9

 日銀松本支店は6日、信州ゆかりの戦国武将・真田信繁(幸村)の生涯を描く今年のNHK大河ドラマ「真田丸」による県内への経済効果が、総額約200億円に上るとの試算結果を発表した。
県内外からの観光客数の押し上げ効果を1年間で約113万人と見込み、それに伴う観光消費の増加額から、県内経済への波及効果を推計した。

 観光客の増加数は、2014年に県内を訪れた観光目的の日本人客(3054万人)と、01年以降に放送された大河ドラマで主な舞台になった府県の前年と比べた観光客数増加率の平均値(3・7%)を掛けて推計した。
内訳は宿泊客が約36万人、日帰り客が約77万人と見込んだ。

 これに伴う観光消費増加額は約161億円と計算し、このうち県内で生産された物やサービスを消費する「直接効果」は約126億円。
これらの提供に必要な物流や原材料購入による「1次波及効果」は約45億円とした。
さらに直接効果と1次波及効果で生まれた県民所得の向上が、再び消費に向かうことによる「2次波及効果」は約30億円と推計した。3種の「効果」の和が約200億円となる。

 岡本宜樹(よしき)支店長は試算について「仮定に基づくため、相当の幅を持って見る必要がある」と説明。
想定される経済効果を実現するには、「消費額単価の高い宿泊客の確実な獲得」と「近隣観光地と協力した周遊性の向上」を鍵に挙げた。

http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160607/KT160606FTI090005000.php
信毎web(6月7日)


真田丸の謎―戦国時代を「城」で読み解く (NHK出版新書 474)



8: 三人娘 2016/06/07(火) 21:51:39.79 ID:ZlMibjcX0

村上義清と真田家の人気が違いすぎる


14: 三人娘 2016/06/07(火) 22:02:22.04 ID:DPT5dtJF0

長野県で真田姓はあまり見かけないな。


44: 三人娘 2016/06/07(火) 22:52:00.98 ID:CuGnrWUP0

>>14
長野で多い姓は北から丸山、小林、黒岩、関、春原、山本、水野、北澤、北原、百瀬、赤羽…
江戸や上方と違い、ご存知の通り、あの県のほとんどの住民は「特殊な事情」により明治以前に姓がなかった。
明治維新後の「平民苗字必称義務令」で自分の家の姓を考えないとならなくなった。
そこで、例えば中部なら、外部から来て善政を行ったことが伝えられる「小笠原」とか、強大な印象のある「武田」を名乗る人が多い。
現在の長野県に真田姓が少ないのは、信繁が大坂で徳川に楯突いた伝承が300年もの間心理的な重荷になって、姓の無い人たちにとっても名乗るのに躊躇されたのと、もともと松代周辺に多かった真田姓の家も徳川を憚って捨姓した(他地に移った守信は特例として)のが原因。


55: 三人娘 2016/06/08(水) 03:10:17.95 ID:5+gwVcfz0

>>44
w
苗字は、歴史的には「姓」ではないぞw
真田は「苗字]、本姓=氏名(うじな)=姓は「滋野」=しげの、、、だ。

明治期の苗字必称令と壬申戸籍で、姓どころか、苗字すら無いか、あっても正式に名乗れなかった
日本人の9割近くが何でもテキトーに苗字にできたしw
何とでもテキトーに読ませる奇妙な苗字を考案して届けたw

苗字なんてもんは、一生のうちで何回でも創作したり、勝手に名乗れるものだったのに対して
「姓」=本姓は、賜姓だから、そう簡単には変えることは不可能だったw

明治期の壬申戸籍で真田さんは、本姓の滋野を届けようとしたが学習院の同族会で浮くのは同じだから
と真田にしておいたとか。
信州の大名でも飯田藩主の堀さんは堀さんを届けたが、、、須坂藩主の堀さんは奥田さんを届けたし、
龍岡藩主の大給松平さんは、松平ではなく大給さんを届けた。

元首相の細川さんは、戦国時代には荘園の長岡京に因んで「長岡」も同時に苗字にしていたし
正式な文書にサインする時は「みなもとの」を使う。

今回の真田丸のドラマでは「豊臣の」秀吉であーる!と言わしているのは正しい。
豊臣は苗字ではなくて、姓だからだ。
木下→羽柴という苗字を出世の途中で創作した時点では信長の真似をして姓は「平の」を名乗ったが
関白になる必要条件を満たすために、藤原氏の五摂家の近衛さんちの猶子になり「藤原の」を姓にしたが
一年~二年後に近衛氏が同族を名乗られるのを嫌がって献金された後で、朝廷に申請して豊臣の、、の「姓」を下賜してもらった。

姓と氏が混同されるようになったのは明治以降だから、夫婦別姓と称するのは本当は間違いで
わざわざ別氏と言い換える人がいるのは、そのため。

ただし、ややこしいことに古代の氏姓制度の「姓」というのは「本姓」のことではなく「かばね」のこと。
「氏」が「姓」のことを意味するから説明が難しいが、、、
例えば大名の九鬼氏は、源「姓」 九鬼「氏」嘉高みたいに、きちんと分けてる。


59: 三人娘 2016/06/08(水) 04:03:13.98 ID:QoRiNL6F0

>>55
へぇ海野じゃないのか


82: 三人娘 2016/06/08(水) 20:16:36.66 ID:ZKym14ZM0

>>59
「滋野」を本姓とする
真田、望月、弥津、海野
などの家は本来は同族

信州人がここのスレに来ているのなら
長野県歌=信濃の国
の歌詞に
「仁科の」五郎盛信も、、、、
と青木湖周辺が本貫の地の、諏訪、木曽、小笠原などと同様
長野県を代表する名族の豪族の「仁科」氏は
本来苗字ではなくて「姓」だった。
それを意識して、わざわざ「の」を付けている、粋な作詞者。

1400年の大塔合戦で、川中島の合戦の始まる153年前にほぼ同じ篠ノ井寄りの川中島で
三代将軍、足利義満が守護に任命した小笠原が善光寺で馬揃えをして
信州の豪族たちを威嚇した、、、それに立腹した豪族たちは゜大文字一揆を組んで
合戦を挑んだ。
その最右翼に居たのが仁科盛房で、この戦いに勝利して小笠原は京都に敗走、義満は小笠原を首にした。

その後、かなり経ってから小笠原が深志城主として舞い戻ってきて、敗戦の史料を焼却してしまったために
真相は「大塔物語」ぐらいしか参考にするものが残っていないんだが。

武田信玄が諏訪氏をのっとったのと同じ手口で名門、仁科氏に自分の息子を養子に押し付けて
のっとったばかりに信長に攻め滅ぼされてしまったのが、仁科の武田盛信。

江戸時代には諏訪氏が高島城の大名として復活したように仁科氏も「仁科」を「姓」ではなく「苗字」にして
「姓」は「平の」として4,000石ずつの旗本家の仁科本家と、清和源氏の武田の血筋の「源の」を「姓」とする仁科氏に分かれて
復活。

しかし、武田の血の入った、この仁科ではなく大塔合戦の勝利を記念して仁科盛房の弟の仁科小次郎盛康?が
川中島に土着して本貫の地である青木湖に因んで「青木」を苗字とし、「姓」は「仁科の」として
上田藩川中島領1万石の割番庄屋に帰農した系統もある。

仁科というのは、本来「日本」と読んだのを天武に遠慮して「にしな」と改めたと主張している仁科を苗字にしているおっさんwがいるが、、、
そもそも壬申の乱の7世紀に仁科を単純な苗字だと思っている時点でアウトw
「姓」から「苗字」が発生するのは一般的には
鎌倉時代からだからなw
それじゃあ善光寺縁起の「本田」善光の「本田」?「本多」?は何なのか?ということになるから複雑なんだがw


21: 三人娘 2016/06/07(火) 22:08:48.44 ID:owXXhuq50

最後に流れる2分弱の当時の史跡を紹介するやつ好きだな
あれだけまとめてDVDで出して欲しい


30: 三人娘 2016/06/07(火) 22:22:35.83 ID:bEUOx3BO0

この手の経済効果っていう絵に描いた餅報道、いい加減やめようぜ
証明しようがないからどんどん盛りが酷くなってるわ


50: 三人娘 2016/06/08(水) 00:41:24.33 ID:4Dqkn6nY0

真田は元々戦国ものの中でもコンテンツとして強いからなあ
まあせっかくの機会だしご当地はガッツリ儲けてくれ


NHK大河ドラマスペシャル るるぶ真田丸 (JTBのムック)
Recent Entries from Same Category
| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=164 |
| DRAMA::NHK大河ドラマ第55作『真田丸』(2016年/平成28年) | 06:02 AM | comments (x) | trackback (x) |
← 【真田丸見どころ】「真田丸」、ついに小田原征伐始まる! 史実では官兵衛が北条親子を説得、今回はどう描かれる? 伊達政宗も登場 【真田丸視聴率】「真田丸」第22回は視聴率16.6% 沼田裁定で法廷ドラマに →

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑