www.samurai-journal.com www.samurai-journal.com/ihatov/
1980年代を中心にした、わりとどうでもいいアイテム、ラジオ、TV番組、CMなどを考察。
FC東京、サッカー日本代表などの観戦記。気が向いたらスタジアムで。概ねTV。
映画感想文。批評控えめ。
スポンサードリンク
PR
■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29      
<<前月 2016年02月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■スポンサードリンク■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■PR■
______
_________
前の記事→

NHK大河ドラマ『真田丸』、三谷幸喜に戦国時代愛はあるのか、ないのか。
『真田丸』は、三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマだ。三谷幸喜は、軽いタッチのドラマを得意とする脚本家。

正直言って、三谷幸喜が脚本だと知った時、面白くなる!という期待と、シリアスなシーンを台無しにするんじゃないか?という不安があった。
三谷幸喜作品で、『真田丸』の舞台・時代が同じ『清須会議(2013年、原作と脚本と監督)』という駄作映画がある。どう駄作かというと、、、。

『清須会議(2013年、原作と脚本と監督)』のダメな部分
・敵役(役所広司演じる柴田勝家)が著しく馬鹿。屈指の戦国武将なのに。
・チョイ役がいちいち意味ありげなのに、やりっ放し。
・無意味なイベント(運動会的な追いかけっこ、とか)。
・脇道にそれすぎるのを許すとしても、軸になるストーリーに力が入っていない。

三谷幸喜は、戦国時代自体を好きでないのかもしれない。戦国時代を、舞台劇を作るための器(シチュエーション)以上に考えていない感じがする。

三谷幸喜の作品で私が好きなものは『王様のレストラン(1995年、フジテレビ)』『総理と呼ばないで(1997年、フジテレビ)』。両作品はケーブルテレビでも再放送され、最近も見なおしたが、なかなか面白い。

とても心配な三谷幸喜の『真田丸』。唯一の救いは真田昌幸役が『真田太平記』の真田信繁役の草刈正雄であることだ。

王様のレストラン Blu-ray BOX
ポニーキャニオン (2015-01-21)
売り上げランキング: 17,770



| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=80 |
| DRAMA::NHK大河ドラマ第55作『真田丸』(2016年/平成28年) | 12:52 AM | comments (x) | trackback (x) |
織田信長の関連会社 (有)大阪通管工業所
織田信長の関連会社 (有)大阪通管工業所

織田信長の子孫と言われる、織田信成さんの祖父重治、父信義は大阪通管工業所の創業者だそうです。

(有)大阪通管工業所(会社概要に織田信成さんの実父・信義さんの記載があります)
http://www.osakatsukan.co.jp/

織田信長の関連会社 (有)大阪通管工業所


| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=74 |
| 家系:ご先祖、ご子孫情報 | 03:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
黒田官兵衛の関連会社 如水興産株式会社
黒田官兵衛の関連会社 如水興産株式会社

如水興産株式会社は、黒田官兵衛(黒田如水)の子孫である、黒田長高さんが代表を務めています。

黒田官兵衛の関連会社 如水興産株式会社

| http://www.samurai-journal.com/index.php?e=72 |
| 家系:ご先祖、ご子孫情報 | 03:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
前の記事→

スポンサードリンク
PR
PAGE TOP ↑