ふっかつのじゅもん!!,www.samurai-journal.com/bm/,RETRO,レトロ,懐古趣味,懐古主義,懐古趣味的,東京レトロ,TOKYORETRO

伝説のアイス「ビバオール Viva all」の復刻版を食べてみた
懐かしいグッズ 田宮模型「おもしろ工作シリーズ 神棚工作基本セット」が田舎の部屋に飾ってあった。
懐かしいグッズ 「ドルアーガの塔の食玩ボードゲーム」が田舎の押し入れから出てきた。
懐かしの軍人将棋「デラックス ミサイル行軍」が田舎の押し入れから出てきたので、開けてみた。

メイン

TOKYO RETRO: [FOOTBALL] サッカーについての多くのこと アーカイブ

2013年04月20日

FC東京 2013年04月20日 FC東京 3-1 名古屋グランパス 田中マルクス闘莉王選手のハンド見逃しからの気持ち悪い展開と、PK2回とも決めたルーカス選手、渡邉千真選手の3点目。

FC東京 2013年04月20日 FC東京 3-1 名古屋グランパス 田中マルクス闘莉王選手のハンド見逃しからの気持ち悪い展開と、PK2回とも決めたルーカス選手、渡邉千真選手の3点目。

名古屋グランパスが来るってことは、ストイコビッチ監督が来るってことですし、元日本代表の面々が来るってことですから、京王線で見るFC東京の名古屋戦告知ポスターが貼られたころから行くつもりでしたが、雨がふりだしたのでやめました。去年、鹿島アントラーズ戦は雨の中行ったのですが、まあ寒かったですし、その時負けたし。

で、TV観戦。MXTV。番組「FC東京魂」の土屋礼央さん、渡邉一平さん、ジョナサン・シガーさん、ゆってぃさんが頑張ってます。FC東京寄りの解説をしますと明言して進行します。これはけっこう嬉しいのです。

前半、押せ押せでしたが全くゴールのにおいがしません。そんな時間帯がすすむと、あっさりヤラれちゃうんだよなー、って案の定、ケネディ選手のゴールです。あーあ、行かなくてよかった。と思いながらチキンカツ弁当をモシモシ食べてました。

でもどうにか攻めるFC東京。ペナルティエリアで田中マルクス闘莉王選手のハンドです。しかもがっつりハンド。審判はスルー。超スルー。今日の放送はFC東京寄りなので、審判の名前を何度も上げて、ハンドの場面の映像を流します。うーん、このジャッジはだめだねえ。案の定、その後、田中マルクス闘莉王選手がボールを持つ度にブーイングでした。

なんかついていない展開だから、もう今日は勝負あったなあなんて落ち込みつつボケーッと観てました。そしたっけ、PK獲得。誰が蹴るんでしょう。あとからゆってぃさんだったかが、PK獲得時に東慶悟コールがあったそう。前回失敗しているからねえ。。ルーカス選手でした。対するGK楢崎正剛選手。左下に蹴ったボールによく反応。弾いたけども入りました。

後半開始。またPK。ルーカス選手。ゴール。おー。そして渡邉千真選手のゴール。決まりました。ロスタイム5分でしたが、ちゃんとキープして終わらせました。

今日はイエローカードがよく出ました。田口泰士選手が2枚もらって退場ってのもありました。なんというか、田中マルクス闘莉王選手のハンド(渡邉一平さん曰く、一発レッド&PKゲットの場面)を審判が取りそこねたことで、審判自身がどこかでバランス取ろうって気持ち(帳消しになるくらいに)があったのではないかと思わずにはいられませんでした。それもこれも、FC東京ホームのムード作り以上に、審判本人の問題でしょう。もしも最初から田中マルクス闘莉王選手をレッドカード退場させていれば、1-1で終わっていたかもしれません。

FC東京が勝ったから当然嬉しいのですが、審判に勝手に同情したり、昨今の田中マルクス闘莉王選手って日本代表復帰待望論は取り下げたほうがいいなあって思ったり、もやもやした試合でした。


2013年04月20日 味の素スタジアム ( Home ) 14:04キックオフ
先制を許す苦しい展開も、その後一気に3点を奪い連敗ストップ
観衆 16,804人 天候 曇りのち雨、無風 気温 10.3度 湿度 57% 主審:井上 知大 副審:高橋 佳久/川崎 秋仁

FC東京3 - 1名古屋グランパス

前半 1 - 1 前半
後半 2 - 0 後半
KICKOFF

得点者
30分:ケネディ
45+4分:ルーカス
51分:ルーカス
59分:渡邉 千真

選手交代
63分:太田 宏介→チャン ヒョンス
73分:渡邉 千真→李 忠成
82分:ルーカス→平山 相太
46分:本多 勇喜→阿部 翔平
65分:矢野 貴章→田中 輝希
65分:小川 佳純→ヤキモフスキー

13 シュート 6
11 GK 10
5 CK 3
9 直接FK 16
1 間接FK 2
2 オフサイド 1
2 PK 0

警告 FC東京
8分:森重 真人
22分:高橋 秀人
39分:太田 宏介
52分:ルーカス
79分:加賀 健一
警告 名古屋グランパス
45+3分:本多 勇喜
50分:田中 隼磨
65分:ダニルソン
72分:田口 泰士
81分:ケネディ
85分:田口 泰士
87分:増川 隆洋

退場
85分:田口 泰士

Nr Pos Change Name SH
20 GK 権田 修一
2 DF 徳永 悠平
3 DF 森重 真人
5 DF 加賀 健一 1
6 DF 太田 宏介
4 MF 高橋 秀人 1
7 MF 米本 拓司
49 MF ルーカス 4
38 MF 東 慶悟 2
8 MF 長谷川 アーリアジャスール
9 FW 渡邉 千真 5
1 Sub/GK 塩田 仁史
30 Sub/DF 63分 チャン ヒョンス
17 Sub/MF 河野 広貴
18 Sub/MF 石川 直宏
32 Sub/MF ネマニャ ヴチチェヴィッチ
11 Sub/FW 73分 李 忠成
13 Sub/FW 82分 平山 相太
Nr Pos Change Name SH
1 GK 楢崎 正剛
32 DF 田中 隼磨
4 DF 田中 マルクス闘莉王
5 DF 増川 隆洋
15 DF 本多 勇喜
19 MF 矢野 貴章
28 MF 田口 泰士 2
20 MF ダニルソン
10 MF 小川 佳純 2
11 MF 玉田 圭司
16 FW ケネディ 2
50 Sub/GK 高木 義成
6 Sub/DF 46分 阿部 翔平
22 Sub/DF ダニエル
7 Sub/MF 中村 直志
9 Sub/MF 65分 ヤキモフスキー
13 Sub/MF 磯村 亮太
35 Sub/FW 65分 田中 輝希


FC東京 2013年04月20日 FC東京 3-1 名古屋グランパス 田中マルクス闘莉王選手のハンド見逃しからの気持ち悪い展開と、PK2回とも決めたルーカス選手、渡邉千真選手の3点目。

2013年04月06日

FC東京 FC東京 2013年04月06日 0-0 大宮アルディージャ 東慶悟選手の抜けた穴はあるかな?それどころか今期前半の強豪チームに仕上がっている大宮アルディージャ。

FC東京 FC東京 2013年04月06日 0-0 大宮アルディージャ 東慶悟選手の抜けた穴はあるかな?それどころか今期前半の強豪チームに仕上がっている大宮アルディージャ。

今日もまた味の素スタジアム。だので、前日まで行こうかなと迷ってました。土日は台風並みの強風と雨が直撃しますよ情報があったので、多少トーンダウンしてました。13時の時点でもたもたしてて、結局行くのをやめまして、TOKYOMXで試合を観ました。
水曜日のナビスコカップで後味の悪いドローのあとだったので、なんとなくスッキリしない気分でした。上位チームとの対戦とはいえ、昨年降格争いだった大宮アルディージャ。東慶悟選手を獲得した因縁+補強・放出どっちが正しかったのか証明する対戦でした。負けました。前節の横浜F・マリノス戦も、元横浜F・マリノス組が成長を見せつけて欲しかったけども、負け。気がつくと3連敗。今期の目標は残留争いはしない、だと思います。10~13位ぐらいでOK。それ以上なら喜ばしい。ホーム試合は負けない、0-0も無いとかが望ましい。得点のないスタジアム観戦は悔しいから。

大宮アルディージャFKからのズラタン選手のヘディングは綺麗に決まりました。ズラタン選手といい、今日出番の無かったノヴァコヴィッチ選手といい、例年よかもっと上位に行けそうな雰囲気はあります。大宮アルディージャは今期も残留できそうです。


2013年04月06日 味の素スタジアム ( Home ) 14:03キックオフ
相手の厳しい守備の前に得点を奪えず、リーグ戦3連敗を喫する
観衆 13,859人 天候 曇りのち雨、中風 気温 18度 湿度 58% 主審:前田 拓哉 副審:戸田 東吾/前之園 晴廣
FC東京
KICKOFF0 試合終了
前半 0 - 0 前半
後半 0 - 1 後半
1大宮アルディージャ
得点者 78分:ズラタン
53分:李 忠成→米本 拓司
82分:東 慶悟→三田 啓貴
85分:加賀 健一→ネマニャ ヴチチェヴィッチ
選手交代 79分:渡邉 大剛→今井 智基
83分:富山 貴光→長谷川 悠
87分:チョ ヨンチョル→片岡 洋介
10 シュート 7
9 GK 9
5 CK 2
12 直接FK 8
1 間接FK 11
11 オフサイド 1
0 PK 0
57分:高橋 秀人
警告 56分:渡邉 大剛
退場

Nr Pos Change Name SH
20 GK 権田 修一
2 DF 徳永 悠平
3 DF 森重 真人 5
5 DF 加賀 健一
6 DF 太田 宏介
4 MF 高橋 秀人 1
8 MF 長谷川 アーリアジャスール
38 MF 東 慶悟
11 MF 李 忠成
49 MF ルーカス 1
9 FW 渡邉 千真 2
1 Sub/GK 塩田 仁史
7 Sub/MF 53分 米本 拓司
17 Sub/MF 河野 広貴
27 Sub/MF 田邉 草民
32 Sub/MF 85分 ネマニャ ヴチチェヴィッチ
36 Sub/MF 82分 三田 啓貴 1
13 Sub/FW 平山 相太

Nr Pos Change Name SH
1 GK 北野 貴之
30 DF 渡部 大輔 1
2 DF 菊地 光将
17 DF 高橋 祥平 1
8 DF 下平 匠
13 MF 渡邉 大剛 1
6 MF 青木 拓矢
23 MF 金澤 慎
9 MF チョ ヨンチョル 1
28 FW 富山 貴光 1
11 FW ズラタン 2
21 Sub/GK 江角 浩司
26 Sub/DF 村上 和弘
27 Sub/DF 79分 今井 智基
34 Sub/DF 87分 片岡 洋介
7 Sub/MF 上田 康太
25 Sub/MF 宮崎 泰右
32 Sub/FW 83分 長谷川 悠

FC東京 FC東京 2013年04月06日 0-0 大宮アルディージャ 東慶悟選手の抜けた穴はあるかな?それどころか今期前半の強豪チームに仕上がっている大宮アルディージャ。

2013年04月04日

FC東京 FC東京 2013年04月03日 0-0 名古屋グランパス 後半ロスタイム東慶悟選手のPKを外してドロー。。。

FC東京 FC東京 2013年04月03日 0-0 名古屋グランパス 後半ロスタイム東慶悟選手のPKを外してドロー。。。

今日は19時キックオフなので、府中から上りの電車・特急は飛田給駅に臨時停車する日でした。飛田給駅で停車した時、試合前でもあったのでよっぽど降りて味の素スタジアムに行こうかと思ったけども、天気も雨振りそうな感じだったし(朝は雨で傘持ってったし)、諦めて自宅でTV観戦。フジテレビONEでやってました。
この日は平山相太選手が久々の2年以上ぶりの先発。東慶悟選手とポジション争いしてほしい河野広貴選手、昨シーズン後半いい感じな活躍をみせたにも関わらず今期出場が無いネマニャ・ヴチチェヴィッチ選手らも先発でした。精神的支柱の塩田仁史選手も。このメンツでぜひ勝って欲しかったのですが、ダメでした。が、名古屋グランパス相手にドローなら、まあ。。
最後PKゲットで東慶悟選手がPKでした。直近、日本代表戦でガンバ大阪の遠藤保仁選手がPKを外したことが頭をよぎりました。っけ、ホントに外してぎゃー。直後良くみんな詰めてましたけども、最後東慶悟選手が空高く蹴っちゃって同時に試合終了のホイッスル。むう。ロスタイムだから余計に悔しい。
後日、TOKYOMX「FC東京魂」でMC土屋礼央さんが、PKを蹴る勇気・気持ちのあることを評価してました。確かに。ところで今のFC東京のPK・FK職人って誰なんでしょうね。森重真人選手がFK上手いって言ってたけども、PKはだれだったっけか。今年は東慶悟選手がやるんでしょうかね。これからの活躍に期待です。

--WIKI 森重真人選手--
2011年からは、大熊監督より「遊びで蹴っているのを見たら明らかに(チームで)一番うまい」とフリーキックのキッカーに指名され、ターゲット役と併行して務め、直接FKでの得点も挙げた。また前年のプレーを自省してラフプレーの改善に取り組み、出場停止を1試合にとどめチームでの公式戦最多出場を記録した。
--WIKI 森重真人選手--


2013年04月03日 味の素スタジアム ( Home ) 19:04キックオフ
ロスタイムにPKを獲得するも、東のキックはバーをたたきスコアレスドローに終わる

観衆 9,900人 天候 曇り、弱風 気温 13.8度 湿度 53% 主審:松尾 一 副審:中井 恒/木川田 博信
FC東京0 試合終了
前半 0 - 0 前半
後半 0 - 0 後半
0名古屋グランパス
KICKOFF
得点者
60分:河野 広貴→長谷川 アーリアジャスール
60分:ネマニャ ヴチチェヴィッチ→東 慶悟
81分:平山 相太→李 忠成
選手交代 46分:ヤキモフスキー→田口 泰士
66分:ダニルソン→中村 直志
76分:矢野 貴章→田鍋 陵太
15 シュート 5
6 GK 7
5 CK 2
10 直接FK 21
1 間接FK 3
3 オフサイド 1
1 PK 0
72分:平山 相太
警告 85分:田中 マルクス闘莉王

Nr Pos Change Name SH
1 GK 塩田 仁史
2 DF 徳永 悠平
3 DF 森重 真人 2
5 DF 加賀 健一
6 DF 太田 宏介 1
4 MF 高橋 秀人
7 MF 米本 拓司 1
17 MF 河野 広貴
27 MF 田邉 草民 3
32 MF ネマニャ ヴチチェヴィッチ 2
13 FW 平山 相太 4
21 Sub/GK 廣永 遼太郎
8 Sub/MF 60分 長谷川 アーリアジャスール
36 Sub/MF 三田 啓貴
37 Sub/MF 橋本 拳人
38 Sub/MF 60分 東 慶悟 2
9 Sub/FW 渡邉 千真
11 Sub/FW 81分 李 忠成

Nr Pos Change Name SH
1 GK 楢崎 正剛
32 DF 田中 隼磨
4 DF 田中 マルクス闘莉王
5 DF 増川 隆洋
6 DF 阿部 翔平
10 MF 小川 佳純
20 MF ダニルソン
9 MF ヤキモフスキー
19 FW 矢野 貴章
11 FW 玉田 圭司 1
35 FW 田中 輝希 2
50 Sub/GK 高木 義成
15 Sub/DF 本多 勇喜
22 Sub/DF ダニエル
7 Sub/MF 66分 中村 直志 1
13 Sub/MF 磯村 亮太
28 Sub/MF 46分 田口 泰士 1
27 Sub/FW 76分 田鍋 陵太

FC東京 FC東京 2013年04月03日 0-0 名古屋グランパス 後半ロスタイム東慶悟選手のPKを外してドロー。。。

2013年03月27日

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第6戦 ヨルダン2-1日本 中東っぽい歓声・レーザービーム。そしてヤラレっぷりも次回ホームに期待。

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第6戦 ヨルダン2-1日本 中東っぽい歓声・レーザービーム。そしてヤラレっぷりも次回ホームに期待。

今日は23時開始でした。ヨルダンの首都アンマンのスタジアム。先日のカナダ戦は余裕でしたが、今回はどうか。
1点目はセットプレー、左コーナーからのバニアテヤ選手のヘディング。
2点目のハイル選手のゴールは長めのドリブルを止めるのかなと思いきや左サイドをズルズル進んでもうゴール前。なんか中東諸国の代表チームはこんな感じでドリブルされてゴールって多いなあと思いつつ、反撃を待ちました。それにしても長友佑都選手が故障中で出場できない中、チャンスを勝ち取りたい左サイドバックは酒井高徳選手。もうちょっと攻め上がりに期待しちゃいましたし、守備にも強く行って欲しかったところです。2点目の失点は中東の笛を気にしていたのでしょうかね。吉田麻也選手とかも。今日の主審はわりかし普通のジャッジだった気がします。ロスタイムもちゃんと目安時間通りでしたし、時間稼ぎの相手GKシャフィ選手にも注意してたし。PKも取ってくれたし。まあもっとPKやハンドをとってほしかったですけども、1回取ればもうもらえないような気がします。
やはり左サイドバックは長友佑都選手がいなければダメだなあ、と思うのは、私がFC東京贔屓だからです。酒井高徳選手は良いタイミングで予選を経験できたと思います。それにしても長友佑都選手の代わりになる1番手はだれになるのでしょうかね。今日の感じですと駒野友一選手をもっと長い時間観てみたいなと感じました。

調子のよい日本代表は、前半でも後半でも立ち上がり10分以内ぐらいにアッサリ入れちゃう印象なので、そうならない時点で焦ります。
日本代表の1点目はハーフナー・マイク選手が入ってから。10番・香川真司選手がふわりと上がったボールに反応。ナイスゴールでしたし、その後も勢いづいて右サイドバックの内田篤人選手がペナルティエリアで転ばされてPKゲット。遠藤保仁選手が蹴ります。やっぱりというか、レーザービームです。レーザーポインタ、緑色なんですね。アジアカップでも遠藤保仁選手がレーザーポインタ照射されたことがありましたね。どうにかならないもんでしょうかね。。
で、遠藤保仁選手のPK。かつて一世を風靡したコロコロPKがでるかと期待しましたが、ピッチがボコボコって理由かもしれませんがコロコロではなくけっこう良いコースに蹴って、止められました。残念。これはナイスキーパー、ナイスキーでしょう。試合中ずっと、ゴールマウス(ゴールの枠)が小さいような気がしていました。でもGKシャフィが190cmで、ホエールと呼ばれているとおり、信じられないほどのジャンプ力のある選手だそうなので、ゴールマウスを小さく感じさせる優秀選手なのでしょうね。

なにか試合後、本田圭佑選手・長友佑都選手いないと日本代表はダメだ論やら、遠藤保仁選手不要論やら、香川真司選手トップ下失格論やら、ハーフナー・マイクポストプレーできねえじゃん論、などなど騒がれていますが、一喜一憂みな楽しんでいる感じです。サッカー代表戦らしくて良いです。私はただのFC東京贔屓、それ以外は基本現状そのまま受け入れ、結果オーライ、負けたらしゃーないってかんじです。みんなよく頑張ったと思います。

残り2試合で次はホームでの日本VSオーストラリア。一番厳しいカードですが突破に期待です。

オーストラリアってわざわざオセアニアからアジアに鞍替えしたのに苦労してますね。もっと圧倒的になるかと思ってました。いや、圧倒してくれなくていいんですよ。

FIFAワールドカップ2014 ブラジル大会 アジア最終予選

◆ B組
ヨルダン 2-1 日本  [アンマン]
1-0 バニーアティヤ(前45+1分)
2-0 ハイエル(後15分)
2-1 香川真司(後24分)
× 日本、遠藤保仁のPKはヨルダンGKがセーブ(後26分)

◆ 日本  ザッケローニ監督
GK 1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
DF 5 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ) → 3 駒野友一(ジュビロ磐田)(後34分)
   6 内田篤人(シャルケ/ドイツ)
   15 今野泰幸(ガンバ大阪)
   22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
MF 7 遠藤保仁(ガンバ大阪)
   8 清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ) → 19 乾貴士(フランクフルト/ドイツ)(後41分)
   9 岡崎慎司(シュトゥットガルト/ドイツ)
   10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
   17 長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)(Cap)
FW 18 前田遼一(ジュビロ磐田) → 11 ハーフナー・マイク(フィテッセ/オランダ)(後19分)

キックオフ:2013年3月26日(火)23:00 / 試合会場:アンマン(ヨルダン)
ヨルダン 2-1 日本

1(前半)0
1(後半)1

得点
バニアテヤ(前半46分)
ハイル(後半15分)
香川真司(後半24分)
警告・退場
アブダラー・デイブ(後半14分)
シャフィ(後半32分)
アブハシャッシュ(後半32分)
ムスタファ(後半37分)

ヨルダン
位置 No 選手名 交代
GK 1 シャフィ
DF 8 ムスタファ
19 バニ・ヤシーン
15 アブハシャッシュ
16 ファティ
MF 6 サエード・ムルジャン
7 A・ディーブ(cap)
後半39分
13 バニアテヤ
FW 9 アルサイフィー
後半21分
10 ハイル
23 サフラン
前半38分
サブ
GK 12 アルズビ
22 エルアマイレー
DF 2 モニル
4 アルドメイリ
MF 18 アブデルファッター
11 アリフラエ
20 ダルドル
後半39分
FW 5 ハサン
前半38分
14 アブダラー・デイブ
後半21分
21 アブデルハリム

日本
位置 No 選手名 交代
GK 1 川島永嗣
DF 15 今野泰幸
6 内田篤人
22 吉田麻也
5 酒井高徳
後半34分
MF 7 遠藤保仁
17 長谷部誠(cap)
FW 18 前田遼一
後半19分
9 岡崎慎司
10 香川真司
8 清武弘嗣
後半41分
サブ
GK 12 西川周作
23 権田修一
DF 3 駒野友一
後半34分
16 栗原勇蔵
2 伊野波雅彦
21 酒井宏樹
MF 14 中村憲剛
13 細貝萌
20 高橋秀人
FW 11 ハーフナー・マイク
後半19分
19 乾貴士
後半41分
4 大津祐樹
2014年ワールドカップ アジア最終予選 第6戦 ヨルダン2-1日本 中東っぽい歓声・レーザービーム。そしてヤラレっぷりも次回ホームに期待。

2012年12月01日

FC東京 FC東京 2012年12月1日 6-2 ベガルタ仙台 ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆

FC東京 FC東京 2012年12月1日 6-2 ベガルタ仙台 ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆

この日は来場者500万人達成にあと22,707人ってところで、通常の入りだとギリギリアウトじゃないの?ぐらいの人数でしたが、蓋を開けたら3万人を超える入場者ということで、無事達成でした。なるほど仙台サポーターもぎっしりで、FC東京サポーターも満載でした。ベガルタ仙台はもう既にサンフレッチェ広島の優勝が前節決定して、負けても2位確定、ACLに出られますな状態で、モチベーションが低いといいなと期待しておりました。とはいえJリーグ2位ってのは簡単なことではないです。元FC東京の赤嶺真吾選手はスタメンですし、ベンチにはこれもまた元FC東京の松下年宏選手がいます。あと元日本代表のエース柳沢敦選手もいます。

今日はSS席からの観戦です。いつも味の素スタジアムで当日券を買うのですが、FC東京のホームページを見たら、当日券の販売が無いアナウンスがあり、あらまあ。近所のコンビニで買いました。いつもは選手が近いSA席下層を買うのですが、ローソンチケットではSA席は「複数枚を隣り合っての確保ができない」というような表示が出まして、SS席にしました。SS席は鳥瞰して見えるけれども、試合後の選手挨拶まわりが遠くてちょっと悔しいのです。

味の素スタジアムまでの歩き道、確かに人が多いなと感じました。やはり3万人を超える試合の混雑はちょっと違います。前回来た時にも気づきましたが、味の素スタジアムに入る交差点の歩道橋を上がる時、右手に見える選手のポスターが平山相太選手から森重真人選手に変わっています。これは何かの暗示なのでしょうか。来季の移籍を予感させます。

一時間ほど前にスタジアムに到着しました。寒いです。12月ですし。前回は選手が赤い羽根共同募金を募っていて、長谷川アーリアジャスール選手のところに募金して握手してもらいましたけども、今回も、、、いました。今日出場予定のない4人が長テーブルに募金箱を置いています。羽生直剛選手のところに募金して握手してもらいました。「水を運ぶ人」です。私達に気さくに受け答えしてくれてすごい良い人でした。やっぱし握手したりすると一番好きな選手になっちゃいますね。来季も活躍して欲しいです。

試合前、長谷川アーリアジャスール選手のセレモニーがありました。スクリーンにも「祝 J.LEAGUE DIVISION 1 通算100試合出場 長谷川アーリアジャスール選手」と。花束贈呈。今年の補強でシーズン通じてある程度出場できてたし、活躍もしてたので、当たりだったと思います。来季も期待です。

試合はわりかし早く動きました。8分、ルーカス選手のゴールです。そして17分にも。立て続けのゴールに寒さをふっ飛ばしてくれました。なんか彼の活躍は本当に嬉しいのです。ルーカス選手がガンバ大阪にいた頃も、活躍しているのが嬉しかったのです。アマラオ選手がFC東京で現役だった時代をしらない私としては、ルーカス選手こそがキング・オブ・トーキョーな感じがします。
前半まったりし始めた35分に、赤嶺真吾選手のゴール。その前後も赤嶺真吾選手がいい動きしてたので、ああ、やべえなと思っていました。彼も日本代表に呼ばれたことがあったので、もっと活躍していい選手ですね。FC東京としては勿体無いことした選手です。

後半早々、チャン・ヒョンス選手のゴール。その後もチャンヒョンス選手の攻め上がりとかがありました。なかなか攻撃的なセンターバックです。高橋秀人選手も最終ラインからじわじわ上がったりします。高橋秀人選手は最終ラインから組み立てるのが上手なんだと。ザッケローニ監督の評価もそこらへんなんだとか。私は高橋秀人選手は忙しくカバーリングする人ってイメージしかなかったけども、今や日本代表ですからね。去年は想像できませんでした。

選手交代が近いかと思った渡邉千真選手もゴールです。その後、渡邉千真選手は石川直宏選手と交代しました。渡邉千真選手のワントップだったので、それまで2列目(右かな)だったルーカス選手が上がるのかなと思っていましたら、ルーカス選手も交代。ネマ、ネマニャ・ヴチチェビッチ選手です。ネマはトップというイメージがないので、なんかゼロトップ(単純にCFくさい選手がいないって意味ですが)かな、と思いきや、米本拓司選手と交代で平山相太選手が入って来ました。ああ、平山相太選手が1トップかなと。平山相太選手が出た時、ああ、これはFC東京最後のお披露目出場かなと思いました。なんか来季の匂いがしなかったのです。

まあ平山相太選手は二列目の選手っぽいので、やっぱしゼロトップ感のままかなと心配しつつ、入ってすぐですが、梶山陽平選手のパスからのネマニャ・ヴチチェビッチ選手の強いシュート。バッチリです。なんか毎回途中出場でゴールです。ネマ、さすがです。私たちは観客席から、「コインの上でドリブルが出来る男~!」と叫びました。そしてネマの素晴らしさを語っているロスタイム、またすごいゴールでした。ペナルティーエリア無い左手でボールを持ったネマが中央へドリブル。ディフェンダーは3人ですかね。ディフェンダー2人をマルセイユルーレットでかわし、強くない低いシュート。綺麗なゴールです。後日MXTV「FC東京魂」の映像を見たら、シュートはディフェンダーの股抜きでした。なんともすごいゴールに観客絶叫です。いろいろな場所から、「マルセイユルーレットだ!」「ジダンじゃん!」と興奮の様子。私たちは「流石、コインの上でドリブルが出来る男~!」と吠えました。

最後ゴールを決められましたけども、もう6点も入っていましたし、気になりませんでした。ベガルタ仙台の2点目が入ったところでゲームセット。途中、元FC東京の松下年宏選手も出ていました。ベガルタ仙台側の配慮ですかね。嬉しいです。ベガルタ仙台は今季初の連敗だったそうです。今季初って、、、やはり強いチームは連敗が無いんですね。すばらしい。

最後のFC東京の挨拶は、ポポビッチ監督の笑顔での挨拶でした。ジェイソン・ステイサムを彷彿させるいい男ですね。歌を歌って盛り上げていました。来季もぜひポポビッチ体制で頑張って欲しいです。


キックオフ:15:30 / 試合会場:味の素スタジアム
FC東京 6-2 ベガルタ仙台
2(前半)1
4(後半)1
試合終了

得点
ルーカス(前半8分)
ルーカス(前半17分)
チャン ヒョンス(後半4分)
渡邉 千真(後半11分)
ネマニャ ヴチチェヴィッチ(後半37分)
ネマニャ ヴチチェヴィッチ(後半47分)
赤嶺 真吾(前半35分)
武藤 雄樹(後半50分)

警告・退場
渡辺 広大(前半24分)
ウイルソン(後半7分)
田村 直也(後半10分)

スターティングメンバー
FC東京
位置 背番号 選手名 交代
GK 20 権田 修一
DF 2 徳永 悠平
3 森重 真人
6 太田 宏介
30 チャン ヒョンス
MF 4 高橋 秀人
7 米本 拓司
後半36分
8 長谷川 アーリアジャスール
10 梶山 陽平
49 ルーカス
後半24分
FW 11 渡邉 千真
後半11分
ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 塩田 仁史
DF 5 加賀 健一
33 椋原 健太
MF 17 河野 広貴
18 石川 直宏
後半11分
32 ネマニャ ヴチチェヴィッチ
後半24分
FW 13 平山 相太
後半36分

ベガルタ仙台
位置 背番号 選手名 交代
GK 16 林 卓人
DF 2 鎌田 次郎
3 渡辺 広大
後半0分
23 田村 直也
後半38分
25 菅井 直樹
MF 6 角田 誠
10 梁 勇基
15 太田 吉彰
後半19分
17 富田 晋伍
FW 18 ウイルソン
24 赤嶺 真吾
ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 桜井 繁
DF 36 蜂須賀 孝治
後半38分
MF 8 松下 年宏
後半0分
11 関口 訓充
FW 9 中原 貴之
13 柳沢 敦
19 武藤 雄樹
後半19分

観客数 30944人 気温 5.6度 主審 松尾 一
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 65% 副審 宮島 一代
天候 晴れ 風 弱風 副審 聳城 巧

FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆ FC東京 FC東京 6-2 ベガルタ仙台 の2得点、ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆

FC東京 FC東京 2012年12月1日 6-2 ベガルタ仙台 ネマの芸術的ゴール。ジダンじゃん!と観客絶叫☆

2012年11月14日

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第5戦 オマーン1-2日本 渋谷駅前大騒ぎ

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第5戦 オマーン1-2日本

11月14日(水) 15:30(現地時間)=20:30(日本時間) / 会場:マスカット(オマーン)

先制点は、長友佑都選手の左からのセンタリングに清武弘嗣選手のゴールでした。清武弘嗣選手は香川真司選手よりも代表にフィットしていると語る人もいます。私は彼の顔がとてもかっこいいと思います。いい雰囲気を持っています。遠藤保仁選手は直前のJリーグでアゴを数針縫う大怪我を負ったところでしたが、無事出場したようです。

その日は日本橋で飲み会だったのです。気を利かせてワンセグを私のところに置いてくれて皆で観ながら飲んでました。もう一台のスマホでは実況をニコ動のコメント風に流すアプリ。途中、森光子さんの訃報のコメントが流れたりしました。。

ザッケローニ監督の采配はポジションを変える采配で、長友佑都選手や遠藤保仁選手を一列上げる采配を行なっていて、それがうまくはまっていたようです。後半はあまり観ませんでした。。

試合が終わって、帰り道、銀座線渋谷駅から井の頭線に向かう通路、岡本太郎氏の壁画がある通路あたりで足を止めました。窓際にひとだかりと、外からなにやら笛の音。何のお祭りだっけ?と思いきや、交通整理の笛のようです。窓の外を見たら、渋谷駅前のスクランブル交差点は赤信号。別になんでもないな?いやいや、青いアフロカツラをかぶった人や代表ユニフォールを来た人が青信号を待ち切れない感じで揺れています。遠目にもわかります。青信号に変わった直後、ダッシュが始まりました。交差点中央に向かってジャンプしてガッツポーズとか。交差点に取り残されたタクシーが人波に飲み込まれていく様がさながらバタリアンのゾンビが襲いかかるようです。信号を守る律儀なサポーターっていう体裁なんですかね。信号を守ろうが、渋谷駅のスクランブル交差点での大騒ぎは相当迷惑なのでやめて欲しいです。あすこは駅前交番があるので、やりすぎると捕まると思います。いつからこうなんでしょうね。日本代表のある日は渋谷駅前スクランブル交差点を利用しないように気をつけたほうがいいです。たぶん怪我します。

オマーン1-2日本

0(前半)1
1(後半)1

得点
ムバラク(後半32分)
清武弘嗣(前半20分)、岡崎慎司(後半44分)

警告
ムバラク(後半12分)

GK: 1 アルハブシ(cap)
DF: 2 アルムサラミ
  6 ラシド
  → 8 アルファルシ(後半28分)
  13 サッラム
MF: 10 ドゥールビーン
  12 ムバラク
  15 アルアジミ
  → 9 アルマクバリ(前半40分)
  23 ジュマー
FW: 7 サレハ
  17 アルゲイラニ
  20 アルホスニ
  → 11 アブダラー(後半0分)

サブ: 18 アルルシェイディ
  22 アルカスピ
  3 アルオワイシ
  5 アベイド
  4 アルジャブリ
  14 アルマーシャリ
  21 アルムハイニ
  16 アルサーディ
  19 アズナン

GK: 1 川島永嗣
DF: 5 長友佑都
  22 吉田麻也
  21 酒井宏樹
MF: 15 今野泰幸
  7 遠藤保仁
  → 20 高橋秀人(後半49分)
  17 長谷部誠(cap)
  4 本田圭佑
FW: 18 前田遼一
  → 6 酒井高徳(後半19分)
  9 岡崎慎司
  8 清武弘嗣
  → 13 細貝萌(後半39分)

サブ: 12 西川周作
  23 権田修一
  3 駒野友一
  16 栗原勇蔵
  2 伊野波雅彦
  14 中村憲剛
  11 ハーフナーマイク
  10 乾貴士
  19 宇佐美貴史



2014年ワールドカップ アジア最終予選 第5戦 オマーン1-2日本

2012年11月02日

【FIFAフットサルワールドカップ・タイ2012】ブラジル 4-1 日本 フットサル テレビ放送予定 試合日程 出場国 グループリーグ スケジュール ユニフォーム カズ

【FIFAフットサルワールドカップ・タイ2012】ブラジル 4-1 日本 フットサル テレビ放送予定 試合日程 出場国 グループリーグ スケジュール ユニフォーム カズ
大会がもうすぐ始まるって知ってたのですがすでに1試合目が終わっていました。テレビでやってたんですかね。。
カズも無事出場したようです。ニュース映像で見ただけですが。


ブラジル 4-1 日本
1-0
3-1
[ブ] ウィルデ(前半14分、後半3分)、ネト(後半1分)、ビニシャス(後半5分) 
[日] 稲葉(後半8分)

■日程・結果
2012/11/1日(木)23:00 ブラジル 4 - 1 日本
2012/11/4日(日)21:00 ポルトガル - 日本
2012/11/7日(水)19:00 日本 - リビア
2012/11/11(日) ラウンド16
2012/11/12(月) ラウンド16
2012/11/14(水) 準々決勝
2012/11/16(金) 準決勝
2012/11/18(日) 決勝

【FIFAフットサルワールドカップ・タイ2012】
試合日程 現地時間 日本時間
第1節 2012/11/01 21:00 コラートチャッチャイホール ブラジル 4 - 1
日本
テレビ放送:
CS放送:22:50-24:50 フジテレビNEXT 生中継
地上波:24:35-26:05 フジテレビ系列 録画放送

第2節 2012/11/04 19:00 コラートチャッチャイホール ポルトガル -
日本
テレビ放送:
CS放送:20:50-23:00 フジテレビONE 生中継
地上波:24:25-25:55 フジテレビ系列 録画放送

第3節 2012/11/07 17:00 フアマークインドアスタジアム 日本 -
リビア
テレビ放送:
CS放送:18:50-20:50 フジテレビNEXT 生中継
地上波:24:35-26:05 フジテレビ系列 録画放送


グループA
■順位表
順位 チーム 試 勝 分 負 得 失 差 点
タイ 0 0 0 0 0 0 0 0
コスタリカ 0 0 0 0 0 0 0 0
ウクライナ 0 0 0 0 0 0 0 0
パラグアイ 0 0 0 0 0 0 0 0
グループB
■順位表
順位 チーム 試 勝 分 負 得 失 差 点
スペイン 0 0 0 0 0 0 0 0
イラン 0 0 0 0 0 0 0 0
パナマ 0 0 0 0 0 0 0 0
モロッコ 0 0 0 0 0 0 0 0
グループC
■順位表
順位 チーム 試 勝 分 負 得 失 差 点
1 ポルトガル 1 1 0 0 5 1 4 3
2 ブラジル 1 1 0 0 4 1 3 3
3 日本 1 0 0 1 1 4 -3 0
4 リビア 1 0 0 1 1 5 -4 0
グループD
■順位表
順位 チーム 試 勝 分 負 得 失 差 点
アルゼンチン 0 0 0 0 0 0 0 0
メキシコ 0 0 0 0 0 0 0 0
イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0
グループE
■順位表
順位 チーム 試 勝 分 負 得 失 差 点
エジプト 0 0 0 0 0 0 0 0
セルビア 0 0 0 0 0 0 0 0
チェコ 0 0 0 0 0 0 0 0
クウェート 0 0 0 0 0 0 0 0
グループF
■順位表
順位 チーム 試 勝 分 負 得 失 差 点
ロシア 0 0 0 0 0 0 0 0
ソロモン諸島 0 0 0 0 0 0 0 0
グアテマラ 0 0 0 0 0 0 0 0
コロンビア 0 0 0 0 0 0 0 0


龍時(リュウジ)01─02: 01-02


「足に魂こめました」 カズが語った[三浦知良]

【FIFAフットサルワールドカップ・タイ2012】ブラジル 4-1 日本 フットサル テレビ放送予定 試合日程 出場国 グループリーグ スケジュール ユニフォーム カズ

2012年10月29日

FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 画像一覧

FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日

2012年10月28日

FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆

FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆

今日は午前中からダラダラしていました。天気もまあ曇り空。ここ1、2週間で一気に寒くなった気がします。
王様のブランチをぼけっと見てた昼過ぎ、飛田給に行こうかと思い立って仲間をお誘い合わせ。行く事にしました。
いつもどおり、八幡山駅前のスーパーオオゼキでお惣菜を買って、駅前の唐揚げ専門店で唐揚げを買って。
京王線は飛田給でサッカー、府中で競馬があるときは、それぞれ飛田給駅、東府中駅(府中競馬正門前駅行きに乗り換え)に臨時停車します。調布駅で待ってましたら、FC東京のユニフォームを着たサポーターたちらほら。さすがに飛田給駅を降りたらFC東京の青赤、コンサドーレ札幌の赤黒の人の波でした。けっこう人がいます。今日はかなり人が入りそうって感じがしました。

FC東京カラーの牛丼屋(すき家)や焼き鳥を外でガンガン焼いているコンビニ(セブンイレブン)などサッカーのある日ならではの楽しい雰囲気。
スタジアムに入る階段を昇っていく時、右手に見える建物に、FC東京の選手のポスターというかが大きく掲げているのですが、数年来、この場所は平山相太選手のスペースだったのですが、今日見たら森重真人選手になっていました。「ああ、平山相太選手、来季は正念場だな」などと呟きながら仲間と平山相太選手のヘラクレス時代のなんかゴールしてたよね話とか、FC東京入団後のスポーツ紙などでのいじられエピソード(ハナクソ王子って書かれてたこととか)とかで盛り上がりつつ、味スタ(味の素スタジアム)に到着。当日券ですから、右手のチケット売り場に。S席下層です。

チケットを買いに行く前に、スタジアムのゲート内を見たら、平山相太選手や長谷川アーリアジャスール選手がいます。なんでしょう。どうやら赤い羽根共同募金のようです。これは近くで見たい!と思い、急いでチケットを購入して入場。入ってすぐ右手に長谷川アーリアジャスール選手が募金を呼びかけています。隣には元日本代表・ヴェルディ川崎の中村忠(U-15むさしコーチ)がいます。早速募金して、長谷川アーリアジャスール選手と握手。私は180cmですが長谷川アーリアジャスール選手は更に大きく186cm、見上げて握手しました。なかなか男前です。

で周りを見るとすぐ近くに、丸山祐市選手がニコニコして募金を呼びかけています。その奥には平山相太選手。更に奥には太田宏介選手がいます。長谷川アーリアジャスール選手は前節レッドカードだかで出られませんし、平山相太選手、太田宏介選手はまだ怪我から復帰して間もなく。ベンチ入りでない選手たちが試合前にこのような活動をしてくれるのはとても嬉しいです。スタジアムに行こうって気分になりますね。

スタンド内に入りますと練習が始まっていました。今日のアウェー席は・・・、仕方ないのですが、とっても少なかったです。とは言えもしもこれの大半が北海道から来たのだとしたらかなりの人数です。コンサドーレ札幌はFC東京の選手が何人か移籍していますし、今野選手はコンサドーレ札幌から移籍してきましたし、ガンバ大阪と並ぶ、重要な移籍先の一つというイメージです。近藤祐介選手やジェイド・ノース選手がいます。前田俊介選手もいるんですね。過去には、藤山竜仁選手が当時ホーム最終戦後に、コンサドーレ札幌に移籍を発表した時は現役続行することに喜んだものです。コンサドーレ札幌は降格決定後も腐らず頑張っています。勝ち点も積み重ねています。油断できませんでした。

試合開始前に、徳永悠平選手が通算200試合達成ということでご家族から花束贈呈でした。これは徳永悠平選手のためにも勝たせたいですね。
17:00キックオフです。出だしは互角でした。コンサドーレ札幌は岡本賢明選手と山本真希選手がなかなかいいです。ちょっとどうなるかなーって思いつつ見てましたら、ヘディングシュート、ゴールです。チャン・ヒョンス選手です。おー、最近出てましたけども、ゴールまでしてくれるとは。オリンピック前に怪我してたと思いますが今は万全ですね。その後チャン・ヒョンス選手はディフェンスラインでのボール回しを見てたらけっこうドキドキさせられましたが、大丈夫でした。左は最近は中村北斗選手です。

チャン ヒョンス(前半17分)
田邉 草民(後半2分)
石川 直宏(後半14分)
石川 直宏(後半19分)
ネマニャ ヴチチェヴィッチ(後半36分)

ハーフタイム後、試合立ち上がりでトイレに行きました。時間差を狙ったのです。でトイレに向かおうとしてフィールドに背を向けていたところ、大歓声。もうゴールです。田邉草民選手です。左サイドからのなかなかのシュートでした。VTRで見ただけですが。。
後半はワンサイドゲームでした。まったくコンサドーレ札幌側がボール奪取できません。
そんな中、中央に入ってきた石川直宏選手がシュート。ゴールです。おーー。石川直宏選手がゴールすると、ホントにスタジアムに来てよかったなーという気分になります。石川直宏選手はそれぐらい価値のある男です。
交代のカードが切られそうです。一足早くアップを終えていたネマ(ネマニャ・ヴチチェビッチ)選手がポポビッチ監督に指示を受けてます。選手交代の時に掲げる電光掲示板には18という数字が光っていました。あら、石川直宏選手と交代なの?と思いきや、今日そこまであまりインパクトのなかった米本拓司選手と交代で入って来ました。そんな中、仲間と石川直宏選手の素晴らしさを語り合っていたら、今度はセンタリングに中に入ってきた石川直宏選手、ワンタッチでGKの横に。てんてんとゴールに入りました。完璧です。石川直宏選手、ゴール左を抜けてスタンドに走っていくのですが、両手を広げてくるくると回っています。いつもより余計にまわっております。ルーカス選手とネマ選手が駆け寄っています。石川直宏選手の2得点を目の前で見ることができたのはとても嬉しいです。

梶山陽平選手は、河野広貴選手と交代しました。河野広貴選手は今期東京ヴェルディから来たドリブラーです。ポポビッチ監督はドリブラー嫌いなイメージですが、獲得する選手はドリブラーな感じです。梶山陽平選手のポジションは今後河野広貴選手が担うようになるのでしょうかね。私は平山相太選手も中盤をやってみてもいいかなと思っています。河野広貴選手、ネマ選手とパス交換しつつ左サイドをぐんぐん上がっていきますし、果敢にアタックします。ちょこちょこ動いてなかなか良い感じです。惜しいシーンが幾つかありました。

コンサドーレ札幌は大島秀夫選手に替えて近藤祐介選手です。これにはFC東京サポーターも名前をコールしています。近藤祐介選手は、FC東京時代、すごく期待していました。スタジアムでも試合後の挨拶の時は一番注目していました。だので出場してくれたのは嬉しかったです。どうやら怪我開けだったようです。彼にはまだまだ頑張って欲しいです。

ネマ選手を見たことがないと言っていた仲間に、「コインの上でドリブルができる男」らしいぞ、と説明し、ネマ選手にボールが渡る度に、「おー、コインの上でドリブルできる男~」と盛り上がってました。ネマ選手はけっこう上手めなパサーな感じがしています。長短精度のいいパスで良く展開していました。したっけネマ選手もゴールをしました。すげー。本格派です。

ロスタイムは4分。特に時間を止めることもなかった印象ですが、まだゴールが入りそうな雰囲気でしたので、ちょっと期待してました。が最後はコンサドーレ札幌側のフリーキックがあったりしてました。コンサドーレ札幌側はフリーキック時、2人の選手が膝立ちしてました。なんか意味あるんですかね。なんかのテクニックなんでしょうね。

試合終了。圧勝でした。今日のMVP的な選手はチャン・ヒョンス選手だったようです。2ゴールの石川直宏選手はヒーローインタビューでした。
いやーこんなに勝ったなんて、J2でも見なかったような気がします。さながら石川直宏選手が大爆発した2009年を思い起こしました。

今期はベンチ入り選手もスタメン選手も同じぐらいのレベルを感じさせる層の厚さです。獲得した選手もちゃんと出場しています。残りホームは2試合。出来れば両方とも観に行きたいです。多分もう寒いです。今日はもう一枚服が必要なくらいでしたし、次は防寒対策してスタジアムに行こうと思います。

FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日 FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆ 2012年10月27日


キックオフ:17:00 / 試合会場:味の素スタジアム

FC東京 5-0 コンサドーレ札幌
1(前半)0
4(後半)0

得点
チャン ヒョンス(前半17分)
田邉 草民(後半2分)
石川 直宏(後半14分)
石川 直宏(後半19分)
ネマニャ ヴチチェヴィッチ(後半36分)

警告・退場
徳永 悠平(後半50分)


18 シュート 9
5 直接FK 9
4 間接FK 1
3 CK 3
1 オフサイド 4

スターティングメンバー
FC東京
位置 背番号 選手名 交代
GK
20 権田 修一
DF
2 徳永 悠平
3 森重 真人
14 中村 北斗
30 チャン ヒョンス
MF
4 高橋 秀人
7 米本 拓司
後半18分
10 梶山 陽平
後半28分
18 石川 直宏
27 田邉 草民
FW
49 ルーカス
後半40分
ベンチ入り選手 ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK
1 塩田 仁史
DF
5 加賀 健一
33 椋原 健太
MF
17 河野 広貴
後半28分
32 ネマニャ ヴチチェヴィッチ
後半18分
FW
9 エジミウソン
後半40分
11 渡邉 千真

コンサドーレ札幌
位置 背番号 選手名 交代
GK
21 高原 寿康
DF
4 河合 竜二
6 岩沼 俊介
10 宮澤 裕樹
MF
5 山本 真希
15 古田 寛幸
17 岡本 賢明
後半40分
18 芳賀 博信
31 前 貴之
37 ハモン
後半15分
FW
23 大島 秀夫
後半29分
ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK
30 杉山 哲
DF
34 岡山 一成
MF
8 砂川 誠
後半40分
27 荒野 拓馬
後半15分
FW
32 近藤 祐介
後半29分
38 テレ

観客数 20696人 気温 17.0度 主審 今村 義朗
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 54% 副審 安元 利充
天候 晴れ 風 弱風 副審 木川田 博信

J1順位表2012年10月27日21時51分更新
順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 サンフレッチェ広島 55 30 16 7 7 55 31 24
2 ベガルタ仙台 55 30 15 10 5 53 32 21
3 浦和レッズ 49 30 13 10 7 40 35 5
4 清水エスパルス 48 30 14 6 10 37 34 3
5 名古屋グランパス 46 30 13 7 10 42 43 -1
6 柏レイソル 45 30 13 6 11 52 47 5
7 横浜F・マリノス 44 30 10 14 6 38 30 8
8 サガン鳥栖 44 30 12 8 10 39 33 6
9 FC東京 44 30 13 5 12 39 38 1
10 ジュビロ磐田 43 30 12 7 11 53 45 8
11 セレッソ大阪 40 30 11 7 12 42 43 -1
12 川崎フロンターレ 40 30 11 7 12 42 45 -3
13 鹿島アントラーズ 38 30 10 8 12 43 39 4
14 ヴィッセル神戸 36 30 10 6 14 39 46 -7
15 大宮アルディージャ 36 30 9 9 12 33 44 -11
16 ガンバ大阪 33 30 8 9 13 59 58 1
17 アルビレックス新潟 31 30 7 10 13 23 32 -9
18 コンサドーレ札幌 14 30 4 2 24 22 76 -54

J1個人成績
順位 選手名 チーム名 位置 得点 PK シュート シュート
決定率 90分
平均得点 試合数 出場時間(分) 警告 退場
1 佐藤 寿人 広島 FW 20 2 75 0.2667 0.7180 30 2507 0 0
2 豊田 陽平 鳥栖 FW 14 0 62 0.2258 0.4852 29 2597 6 0
3 ウイルソン 仙台 FW 12 2 57 0.2105 0.4526 28 2386 7 0
3 大前 元紀 清水 FW 12 3 51 0.2353 0.4311 30 2505 2 0
3 前田 遼一 磐田 FW 12 1 49 0.2449 0.4138 29 2610 2 0
6 レアンドロ G大阪 FW 11 1 40 0.2750 1.0498 11 943 2 0
6 佐藤 晃大 G大阪 FW 11 0 39 0.2821 0.4982 26 1987 3 0
6 工藤 壮人 柏 FW 11 0 63 0.1746 0.4841 29 2045 1 0
6 赤嶺 真吾 仙台 FW 11 0 53 0.2075 0.4739 26 2089 3 0
10 柿谷 曜一朗 C大阪 MF 10 1 47 0.2128 0.5036 27 1787 1 0
11 マルキーニョス 横浜FM FW 9 0 42 0.2143 0.5692 19 1423 1 1
11 小川 慶治朗 神戸 MF 9 0 48 0.1875 0.4787 24 1692 3 1
11 興梠 慎三 鹿島 FW 9 1 42 0.2143 0.4036 27 2007 4 0
11 永井 謙佑 名古屋 FW 9 0 45 0.2000 0.3771 26 2148 5 0
11 マルシオ リシャルデス 浦和 MF 9 2 52 0.1731 0.3704 27 2187 5 0
11 レアンドロ ドミンゲス 柏 MF 9 1 92 0.0978 0.3700 25 2189 7 1
17 パウリーニョ G大阪 FW 8 0 52 0.1538 0.8117 18 887 3 0
17 高木 俊幸 清水 FW 8 0 38 0.2105 0.4131 26 1743 4 0
17 山田 大記 磐田 MF 8 0 51 0.1569 0.3023 27 2382 5 0
17 ルーカス F東京 FW 8 1 56 0.1429 0.2780 30 2590 3 0
- キム ボギョン C大阪 MF 7 1 40 0.1750 0.4723 15 1334 3 0
- 山本 康裕 磐田 MF 7 0 26 0.2692 0.4283 20 1471 6 0
- 石原 直樹 広島 FW 7 0 35 0.2000 0.3673 29 1715 1 0
- ケンペス C大阪 FW 7 0 76 0.0921 0.2790 27 2258 6 0
- 田中 マルクス闘莉王 名古屋 DF 7 0 46 0.1522 0.2414 29 2610 6 0
- 田代 有三 神戸 FW 6 0 25 0.2400 0.6040 15 894 1 0
- 澤 昌克 柏 MF 6 0 26 0.2308 0.4459 23 1211 3 0
- 矢島 卓郎 川崎F FW 6 1 30 0.2000 0.4173 17 1294 1 0
- レナト 川崎F FW 6 1 48 0.1250 0.3732 25 1447 2 0
- 原口 元気 浦和 FW 6 0 37 0.1622 0.3087 28 1749 1 0

FC東京 FC東京 5-0 コンサドーレ札幌 石川直宏選手の2得点、いつもより余計に回っています☆

2012年09月29日

FC東京 FC東京 2-1 ジュビロ磐田 エジミウソン、ネマのゴールで逆転。テディベアデー

FC東京 FC東京 2-1 ジュビロ磐田 エジミウソン、ネマのゴールで逆転。テディベアデー

今日は台風も近づいているせいでか天気が良くなかったです。都合もつかずNHK BS観戦。今年のFC東京の試合は雨が多く、なかなか観客動員が伸びないようです。私も今期行った鹿島アントラーズ戦は土砂降りでしたし、鹿島アントラーズというビッグカードにもかかわらず2万人を切る観客動員でした。今日はくもりでしたが雨は降ってないくさい。

チャンネルをまわしたらもう既に0-1。以前私が行ったテディベアデーは勝ってないので、今回もそうなのかなと思いながらボケーッと観戦。後半間もなくエジミウソンのゴール。左サイドを上がった石川直宏選手のクロスからネマ選手のシュート、立て続けにエジミウソン選手のシュートでゴール決まり。おーやった。がその直後、前田遼一のオフサイドになったシュート&ゴールで一瞬ひやっとしました。
で、後半右サイドからのクロスをネマ選手が左足でシュートでゴール。けっこう良い感じに決まりましたよ。今日はネマが結果をだしてくれました。ネマ選手はこれまでもなかなかいいパスを出す選手ですしシュートも積極的だったので、ああドリブルだけじゃないいい選手かもと思っていました。でもこのままシーズン終わったらやばいねえとも思いつつ、ほんとは(一時期ネタとして話題になった)アレッサンドロ・デル・ピエロがよかったななんて思わせない活躍をしてほしいなともやもやしていたところです。今期の前線の外国人選手、ルーカス選手・エジミウソン選手・ネマ選手はどれも経験豊富なので、皆このチームで引退するまで活躍して欲しいです。

FC東京 2 - 1 ジュビロ磐田
0(前半)1
2(後半)0

得点
エジミウソン(後半9分)
ネマニャ ヴチチェヴィッチ(後半40分)
菅沼 実(前半9分)

警告・退場 八田 直樹(後半32分)
13 シュート 11
14 直接FK 15
7 間接FK 2
3 CK 3
2 オフサイド 7


スターティングメンバー

FC東京
位置 背番号 選手名 交代
GK 20 権田 修一
DF 2 徳永 悠平
3 森重 真人
4 高橋 秀人
33 椋原 健太
MF 7 米本 拓司
後半0分
8 長谷川 アーリアジャスール
10 梶山 陽平
後半17分
18 石川 直宏
49 ルーカス
FW 9 エジミウソン
後半35分
ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 塩田 仁史
DF 16 丸山 祐市
30 チャン ヒョンス
後半17分
MF 22 羽生 直剛
27 田邉 草民
32 ネマニャ ヴチチェヴィッチ
後半0分
FW 11 渡邉 千真
後半35分


ジュビロ磐田
位置 背番号 選手名 交代
GK 21 八田 直樹
DF 5 駒野 友一
13 宮崎 智彦
22 菅沼 駿哉
33 藤田 義明
MF 6 ロドリゴ ソウト
7 小林 裕紀
後半38分
10 山田 大記
11 松浦 拓弥
後半21分
15 菅沼 実
後半25分
FW 18 前田 遼一

ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 31 竹重 安希彦
DF 4 千代反田 充
20 山本 脩斗
24 チョ ビョングク
MF 50 小林 祐希
後半38分
FW 9 山崎 亮平
後半21分
30 阿部 吉朗
後半25分


観客数 22165人 気温 28.1度 主審 佐藤 隆治
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 55% 副審 八木 あかね
天候 晴れ 風 弱風 副審 唐紙 学志

FC東京 FC東京 2-1 ジュビロ磐田 エジミウソン、ネマのゴールで逆転。テディベアデー

2012年08月25日

ファンサカ Week22 ガンバ大阪とFC東京に絞って勝負

ファンサカ Week22 ガンバ大阪とFC東京に絞って勝負
今節はガンバ大阪VSコンサドーレ札幌、サンフレッチェ広島VSFC東京です。コンサドーレ札幌は最下位、サンフレッチェ広島は首位です。ガンバ大阪は前回のコンサドーレ札幌戦で大勝しているのでここも勝負。FC東京は、、、そろそろ勝って欲しいってところで。

各種ポイントについて
選手リスト
選手名 位置 Fp Gp Bp Mp
Week22合計 出場 守備 攻撃 勝利 警告
退場 ボーナス マルチ
権田 修一
F東京
GK 6 1 4 0 1 0 0 0
藤春 廣輝
G大阪
DF 3 1 0 0 1 0 0 1
岩下 敬輔
G大阪
DF 3 1 0 0 1 0 0 1
丹羽 大輝
G大阪
DF 3 1 0 0 1 0 0 1
徳永 悠平
F東京
DF 4 1 2 0 1 0 0 0
遠藤 保仁
G大阪
MF 5 1 1 0 1 0 0 2
二川 孝広
G大阪
MF 5 1 1 0 1 0 0 2
ネマニャ ヴチチェヴィッチ
F東京
MF 4 1 2 0 1 0 0 0
高橋 秀人
F東京
MF 6 1 4 0 1 0 0 0
レアンドロ
G大阪
FW 44 1 0 27 1 0 0 15
ルーカス
F東京
FW 10 1 0 8 1 0 0 0

ファンサカ Week22 ガンバ大阪とFC東京に絞って勝負

2012年08月11日

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本0-2U−23韓国 3位決定戦 胸を張っていいベスト4。U-23チームはこれで解散、各々チームに戻って精進して、パワーアップしてブラジルワールドカップを目指してね。

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本0-2U−23韓国 3位決定戦 胸を張っていいベスト4。U-23チームはこれで解散、各々チームに戻って精進して、パワーアップしてブラジルワールドカップを目指してね。

サッカーに限らず日韓戦というのは、大怪我がつきもので、ベスト4進出のメキシコ戦の時から「韓国とさえ当たらなければ決勝進出でも3位決定戦でもいい」という雰囲気が漂っていました。私に。そんな考えを持った時点で負けフラグが立っていたと思います。もちろん、日本代表の選手たちにそんな気持ちがあったとは思いませんけれども。
理想は日本が決勝進出し、対戦相手がブラジルになることでしたが、メキシコとブラジルが決勝戦で日本と韓国が3位決定戦。ブラジルに負けるなら言い訳が立つけど、なんて思ってしまったのは、韓国が相手だと悔しさが半端ないだろうなと危惧していたからです。

前日のなでしこジャパンの決勝戦も同じ深夜だったのですが、次の日金曜日だし起きることはなく、朝のニュースで知りました。今日は、、、2:30に起きました。数日ぶりの熱帯夜だったのです。あとは、見逃せないって感じで。

試合は前半は荒れていました。左サイドを駆け上がる大津祐樹選手がことごとく倒され、韓国側にイエローカードが出ます。これはレッドが出れば面白いけども、パタパタ倒れ過ぎるとそのうち審判も取ってくんなくなっちまわないかなと思っていました。ただ、けっこう大津祐樹選手やられてて、今季絶望とかになったらやだなという感じでした。

そうこうしている間に、パク・チュヨン選手(前半38分)のゴール。なんか普通に止めることができずにゴールが入っちゃいました。後半の2点目ク・ジャチョル選手(後半13分)のゴールもなんかそれに近い感じ。ディフェンスは追いついていたと思いますが、コースを消しきれずシュート撃たれ・・・。GK権田修一選手も止められず。GK権田修一選手、今大会はFC東京で時折見せるような神セーブは発現しませんでした。

後半は山村和也選手、宇佐美貴史選手、杉本健勇選手が入りました。山村和也選手は接触プレーで流血してました。宇佐美貴史選手はなんとか打開しようとしていましたが、実らず。杉本健勇選手も。

最後の最後、吉田麻也選手のコーナーからヘディングシュートはネットを揺らすも認められず。。万事休す感がどっとでました。

強いて幾つかの悔みポイントを上げるならば、オーバーエイジ枠のあと一つをCBにして欲しかったです。かつての田中マルクス闘莉王選手と中澤佑二選手のような安定感のある中央で。吉田麻也選手、永井謙佑選手もいたので、田中マルクス闘莉王選手は観たかったです。だってメキシコ戦、韓国戦での失点を考えると、もうちょっとやりようがあった気がしたのです。
私の贔屓のFC東京所属GK権田修一選手には批判が集まりがちですが、フル代表の第3GKだったんだから、第1GKの川島永嗣選手や第2GKの西川周作選手を呼べないならしゃあないかな。もちろん贔屓です。
FW陣は思いのほか健闘だったのですが、香川真司選手がいればまた大きく違ったと思います。香川真司選手が今期マンチェスター・ユナイテッドに移籍するという大事件もあって、U-23に入らなかったのですが、香川真司選手なしでベスト4に来れたと思うと、香川真司選手がいればどうなってたのかなと思わずにいられません。
中盤に関しては恥ずかしながらもっとダメかと思っていたので、よくやっていたと思います。オーバーエイジ枠で遠藤保仁選手や中村憲剛選手が欲しいんじゃないかと言われていたくらいでしたが、頑張っていたと思います。私はこのポジションはゴツくてサンデー・オリセー選手のような豪撃ミドルシュートをバッチシ決める選手が出てきて欲しいです。

ヤフーニュースのコメントは早くも荒れ模様。でも今日の結果だけで日本代表の今までの快進撃を全て否定しちゃいけないと思います。ベスト4ですよ!メキシコオリンピックには並びませんでしたが、近年での指標となるシドニーオリンピックを超えたことに意味があったと思います。一歩ずつ駆け上がっていく過程ですし、ここからが長いでしょうから、小松政夫よろしく長い目でみたいと思います。

とても有意義なオリンピックサッカー日本代表でした。次もベスト8以上出来ればベスト4以上を目指して欲しいです。


キックオフ: 8月10日(金) 27:45 / 試合会場: カーディフ
U−23韓国 2-0 U−23日本
1(前半)0
1(後半)0

得点
パク・チュヨン(前半38分)
ク・ジャチョル(後半13分)

警告・退場 扇原貴宏(前半43分)
キ・ソンヨン(前半23分)
オ・ジェソク(前半26分)
ク・ジャチョル(前半35分)
大津祐樹(後半25分)
杉本健勇(後半43分)

U−23韓国
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 チョン・ソンリョン
DF 2 オ・ジェソク
3 ユン・ソギョン
4 キム・ヨングォン
12 ファン・ソクホ
MF 6 キ・ソンヨン
7 キム・ボギョン
9 チ・ドンウォン
後半24分
13 ク・ジャチョル(cap)
後半45分
15 パク・チョンウ
FW 10 パク・チュヨン
後半41分
ベンチ入り選手
GK 18 イ・ボムヨン
DF 5 キム・ギヒ
後半45分
MF 8 ペク・ソンドン
11 ナム・テヒ
後半24分
16 チョン・ウヨン
FW 17 キム・ヒョンソン
後半41分


U−23日本
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 権田修一
DF 2 徳永悠平
5 吉田麻也(cap)
13 鈴木大輔
4 酒井宏樹
MF 17 清武弘嗣
10 東慶悟
後半17分
16 山口螢
3 扇原貴宏
後半14分
FW 11 永井謙佑
後半26分
7 大津祐樹
ベンチ入り選手
GK 18 安藤駿介
DF 8 山村和也
後半14分
12 酒井高徳
MF 6 村松大輔
14 宇佐美貴史
後半26分
FW 15 齋藤学
9 杉本健勇
後半17分

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本0-2U−23韓国 3位決定戦 胸を張っていいベスト4。U-23チームはこれで解散、各々チームに戻って精進して、パワーアップしてブラジルワールドカップを目指してね。

2012年08月07日

FC東京 「ネマ」と呼んでください「コインの上でドリブルが出来る男」ネマニャ・ヴチチェヴィッチ選手(32歳 セルビア代表MF) 加入。セルビア代表MF

FC東京 「ネマ」と呼んでください「コインの上でドリブルが出来る男」ネマニャ・ヴチチェヴィッチ選手(32歳 セルビア代表MF) 加入。セルビア代表MF

オリンピックのサッカー女子日本代表がフランスを破って決勝戦進出。サッカー男子U-23日本代表も準決勝まで来ている状況。そんな中、Jリーグのニュースは移籍情報が飛び交っています。出番を求めて期限付き移籍する選手も多いです。FC東京では幸野志有人選手がFC町田ゼルビアへ期限付き移籍のようです。確かに出番がなかったので、町田で試合に出て勝利に貢献してきて欲しいです。

幸野志有人選手 FC町田ゼルビアへ期限付き移籍のお知らせ
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=13030

2012/8/6のFC東京発表によると、

ネマニャ ヴチチェヴィッチ選手 加入のお知らせ[8/6(月)]
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=13026

このたび、ネマニャ ヴチチェヴィッチ選手が新加入することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

【ネマニャ ヴチチェヴィッチ選手 プロフィール】
□氏名:Nemanja VUCICEVIC
□ポジション:MF
□生年月日:1979年8月11日
□出身:セルビア
□身長/体重:181cm/75kg
□血液型:A型
□背番号:32
□経歴:
 1998-2000年 FKグラフィチャル(セルビア)
 2000-2001年 OFKベオグラード(セルビア)
 2001-2003年 FCロコモティフ モスクワ(ロシア)
 2003-2004年 OFKベオグラード(セルビア)
 2004-2007年 TSV1860ミュンヘン(ドイツ)
 2007-2009年 1FCケルン(ドイツ)
 2009-2010年 ハポエル テル アビブFC(イスラエル)
 2010-2011年 AOカヴァラ(ギリシャ)
 2011-2012年1月 アノルトシス ファマグスタFC(キプロス)
 2012年1月-2012年5月 マニサスポル(トルコ)

「ネマ」と呼んでください、と書いてありましたから、ネマって叫んで応援したいと思います。
ネマニャ・ヴチチェヴィッチ自身のWEBサイトのプロフィールを見ると、He was hailed as a player who could dribble on a nickel.「コインの上でドリブルが出来る男」とよばれた、と書いてあります。ドリブルには定評があるんでしょう。まあ、これで外国人補強が終わったのでしょう。ルーカス選手、先日加入したエジミウソン選手とネマニャ・ヴチチェヴィッチ選手の3人の外国人が同時出場してゴール量産してほしいです。で今期のJ1残留を果たして欲しいと思います。


http://www.nemanjavucicevic.com/jp/
He was hailed as a player who could dribble on a nickel.


ネマニャ・ヴチチェヴィッチ (Nemanja Vucicevic - 1979年8月11日生まれ)、セルビア共和国ベオグラード市出身。1987年、8歳の時にサッカーの世界へ。1999年、初めてプロサッカー選手としてFCグラフィツァルと契約。その後、OFK ベオグラード、ベオグラード・フットボール・クラブ、初代フェデラル・セルビア・リーグなどプロフェショナルな活動を続けている。近い将来、彼はセルビア代表の選択肢の一つとなり、欧州クラブチームでサッカーのキャリアを築き続ける。現在はマニサスポル(トルコ)で活躍中。
(2012/8/7現在のプロフィール)

FC東京 「ネマ」と呼んでください「コインの上でドリブルが出来る男」ネマニャ・ヴチチェヴィッチ選手(32歳 セルビア代表MF) 加入。セルビア代表MF

2012年08月05日

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本3-0U−23エジプト ベスト4進出!次の対戦相手はメキシコ(メキシコ4-2セネガル)。オールドトラフォードで香川真司選手よりも先に3人(永井謙佑選手、吉田麻也選手、大津祐樹選手)がゴール。日本テレビで明石家さんま師匠はマンチェスター・ユナイテッドのレジェンドの名前を列挙。

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本3-0U−23エジプト ベスト4進出!次の対戦相手はメキシコ(メキシコ4-2セネガル)。オールドトラフォードで香川真司選手よりも先に3人(永井謙佑選手、吉田麻也選手、大津祐樹選手)がゴール。日本テレビで明石家さんま師匠はマンチェスター・ユナイテッドのレジェンドの名前を列挙。

全く予想外の3得点。決勝トーナメントなので、0-0PKなんてのもあるかななんてヒヤヒヤして観るものだと思ってますが、早い時間の得点と相手選手の退場で余裕をもって観戦できました。
対戦相手のU-23エジプト代表は監督があのかつてのエジプト代表DFハニ・ラムジ(ハーニー・グーダ・ラムジー(هاني جودة رمزي, Hany Guda Ramzy、1969年3月10日 - ))。ウイニングイレブンで使ったことがある選手が監督とかってしみじみです。エジプトは2000年代に立て続けにアフリカネイションズカップで優勝してるけど、ヨーロッパのビッグクラブで活躍する選手をすぐに思い出せないので、どうしてもナイジェリアやカメルーンより強いのかな、と思うのですが、アフリカ特有の身体能力の高さ強さでガツガツ来るのかなとビビってました。

それにしても清武弘嗣選手は全くもって良い選手ですね。絶妙なクロスが印象的でしたし、ずっといい調子です。スタメンで出る選手はみんな素晴らしい活躍を見せてくれてます。今日途中出場したFW齋藤学選手もチャンスがありました。MF宇佐美貴史選手もシュートまで行ってたし、いいと思います。残りの試合、出られない選手も出てくるでしょうから、彼ら2人は先発する可能性が十分あるので頑張って欲しいです。

贔屓のFC東京のGK権田修一選手は頑張って飛び出したシーンが唯一のヒヤヒヤでした。ヒヤヒヤとはいえ、今大会無失点ってのは立派。OAのDF吉田麻也選手とこれまたFC東京の、このチームでは主に左SBの徳永悠平選手が守備力を上げてくれていると思います。徳永悠平選手はイエローカードはもらいましたが、頑張ってました。解説の三浦淳宏さんも評価していましたし。DF吉田麻也選手ゴール後のパフォーマンス、タカアンドトシの「俺だ!俺だ!俺だ!」のパフォーマンスだったそう。TV上で約束してたとか。この大舞台であのパフォーマンスができるとはなかなかですね。

FW永井謙佑選手は前半14分のゴールの際に足を痛めて、直後に交代しました。大丈夫なんでしょうか。。残り2試合、次の試合は回復させるために温存ってあるんですかね。打撲のようですが、試合間隔も狭いのでよくなってほしいです。
それにしても残り2試合できるってのはいいですね。次の対戦相手は直前の練習試合で勝った相手・メキシコ。直前の調整試合なんで参考程度ですが、勝っている相手だと思うとちょっと良い感じです。全く油断できる相手ではないけども、メキシコ-セネガル戦は延長まで戦ったようなので、体力的には向こうのほうがキツイと思います。期待してます。

あー、で、試合後、別のチャンネルを見てまた日本テレビに戻したら、サッカー中継に戻っていて、現地の明石家さんま師匠が熱く語っていました。彼は去年末のトヨタプレゼンツFIFAクラブワールドカップで優勝したバルセロナのエース、リオネル・メッシ選手に引退後の見の処し方を尋ねてTVの画的にスベるという、明石家さんま師匠ファン、サッカーファンの両方が微妙な気分になったことがありましたので、何を語るのか心配でした。途中から観たのでよくわかりませんが、ボビー・チャールトン選手、ジョージ・ベスト選手などの名前を列挙していた感じでした。日本代表の背番号と会場のオールド・トラフォードでかつて活躍したマンチェスター・ユナイテッドのレジェンド達の背番号を重ねあわせ、しみじみ楽しんだって感じのコメントでした。むう、これはこれでさんまさんらしいコメントでよいとは思うのですが、やはりここは明石家さんま師匠の失地回復といいますか、「サッカーといえば明石家さんま師匠」というポジションを取り戻させる責任が日本テレビにはあると思っていますので、オリンピックなのにモネールを登場させるなどの無茶をやって欲しかったです。いやまさか現地入りしているとは思っていなかったので、ハラハラしましたけども、選手インタビューはしたんでしょうか。全部観ておけばよかった。

ところでこの日の東京はとても暑く、ガリガリ君梨味を食べて応援しました。美味しいですね。ガリガリ君梨味。この前の「マツコの知らない世界」でもマツコ・デラックスさんが絶賛していました。

キックオフ: 8月4日(土) 20:00 / 試合会場: マンチェスター
U−23日本 3-0 U−23エジプト
1(前半)0
2(後半)0
得点
永井謙佑(前半14分)
吉田麻也(後半33分)
大津祐樹(後半39分)

警告・退場
徳永悠平(前半43分)
サード・サミル(前半41分)レッドカード
アハメド・アラー(後半33分)
オマール・ガバル(後半39分)

U−23日本
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 権田修一
DF 2 徳永悠平
5 吉田麻也(cap)
13 鈴木大輔
4 酒井宏樹
MF 17 清武弘嗣
後半39分
10 東慶悟
後半27分
16 山口螢
3 扇原貴宏
FW 11 永井謙佑
前半20分
7 大津祐樹
ベンチ入り選手
GK 18 安藤駿介
DF 8 山村和也
12 酒井高徳
後半27分
MF 6 村松大輔
14 宇佐美貴史
後半39分
FW 15 齋藤学
前半20分
9 杉本健勇

U−23エジプト
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 アハメド・エル・シェナウィ
DF 6 アハメド・ヘガジー
7 アハメド・ファティ
12 イスラム・ラマダン
15 サード・サミル
MF 8 シェハブ・エルディン
前半45分
14 ホッサム・ハッサン
17 モハメド・エル・ネニー
5 モハメド・アブトレイカ(cap)
FW 10 エマド・モテアブ
後半29分
11 モハメド・サラー
後半13分
ベンチ入り選手
GK 18 モハメド・バッサム
DF 2 アハメド・アラー
前半45分
3 アリ・ファティ
4 オマール・ガバル
後半13分
MF 13 サレー・ゴマー
FW 9 マルワン・モフセン
後半29分
16 アハメド・マグディ

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本3-0U−23エジプト ベスト4進出!次の対戦相手はメキシコ(メキシコ4-2セネガル)。オールドトラフォードで香川真司選手よりも先に3人(永井謙佑選手、吉田麻也選手、大津祐樹選手)がゴール。日本テレビで明石家さんま師匠はマンチェスター・ユナイテッドのレジェンドの名前を列挙。

2012年08月02日

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本0-0U−23ホンジュラス 1次リーグ第3戦 見事ドロー。選手も大幅に入れ替え決勝トーナメントに。それよか内村航平選手の個人総合金メダル。で立石諒選手銅メダル、北島康介選手4位。

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本0-0U−23ホンジュラス 1次リーグ第3戦 見事ドロー。選手も大幅に入れ替え決勝トーナメントに。それよか内村航平選手の個人総合金メダル。で立石諒選手銅メダル、北島康介選手4位。


ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本0-0U−23ホンジュラス 1次リーグ第3戦 見事ドロー。選手も大幅に入れ替え決勝トーナメントに。それよか内村航平選手の個人総合金メダル。で立石諒選手銅メダル、北島康介選手4位。

2012年07月30日

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本1-0U−23モロッコ 1次リーグ第2戦 快速・永井謙佑選手のポーンと蹴りあげてGK超えゴール。そして国分太一さんの良い感じのインタビュー。

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本1-0U−23モロッコ 1次リーグ第2戦 快速・永井謙佑選手のポーンと蹴りあげてGK超えゴール。そして国分太一さんの良い感じのインタビュー。

後半終了間際まで気が抜けない試合でした。でもどちらにもゴールの匂いがしませんでしたし、あったのは前半のコーナーキックからの吉田麻也選手の惜しいヘディングぐらいでした。
ゴールシーンは中盤から前線に出たボールを永井謙佑選手が追いついて、GKとDFが寄ってきたところをポーンと蹴りあげて、ワンバウンドしてゴール。すげー。ピクシー、ドラガン・ストイコビッチ監督にでも教わったんですかね。すごいですね。
最後の最後危ないシーンがありましたが、どうにか猛攻を耐え、試合終了。決勝進出です。やったー。
今回の現実的な目標はシドニーオリンピック以来の決勝トーナメント進出ってところだと思います。あ、それだとベスト8なのであとはどうにか紛れつつ2勝して銅メダル以上が欲しいですね。

今回はBSNHKもやってましたが、フジテレビで観てました。スタジオは本田朋子アナウンサーと福西崇史解説者(元日本代表MF。ジュビロ磐田→FC東京→東京ヴェルディ)。ピッチリポートは日本テレビ「ぐるナイ(ゴチになりますコーナー)」やTV東京「男子ごはん」でお馴染み国分太一さん。いや、別にどうでもいい雰囲気で観ていたのですが、なんか良い感じのコメントの求め方に好感を持ちました。特にバリエーションが豊富な訳じゃなかったけれども、テンポが良かったです。よくわかんないけど選手と握手してる感じとかも面白かったです。久々に「男子ごはん」が観たくなりました。

次の試合のホンジュラス戦を待たずに予選突破です。ホンジュラス戦は引き分け以上で1位通過。1位通過ならグループCの2位と。2位通過ならグループC1位と。グループC1位は絶対にブラジルでしょうから、2位通過は絶対にアウトです。だので、次のホンジュラス戦も、同じメンバーで入るんじゃないでしょうか。スペインがこれからやる試合で引き分けるようなことがあれば別ですけども、まあそんなことは無いですね。

グループ A
A1 イギリス 1 1 0 1 0 1 1 0
A2 セネガル 1 1 0 1 0 1 1 0
A3 アラブ首長国連邦 0 1 0 0 1 1 2 -1
A4 ウルグアイ 3 1 1 0 0 2 1 +1
グループ B
B1 メキシコ 1 1 0 1 0 0 0 0
B2 韓国 1 1 0 1 0 0 0 0
B3 ガボン 1 1 0 1 0 1 1 0
B4 スイス 1 1 0 1 0 1 1 0
グループ C
C1 ブラジル 3 1 1 0 0 3 2 +1
C2 エジプト 0 1 0 0 1 2 3 -1
C3 ベラルーシ 3 1 1 0 0 1 0 +1
C4 ニュージーランド 0 1 0 0 1 0 1 -1
グループ D
D1 スペイン 0 1 0 0 1 0 1 -1
D2 日本 6 2 2 0 0 2 0 +2
D3 ホンジュラス 1 1 0 1 0 2 2 0
D4 モロッコ 1 2 0 1 1 2 3 -1

キックオフ: 7月29日(日) 25:00 / 試合会場: ニューカッスル
U−23日本 1-0 U−23モロッコ
0(前半)0
1(後半)0
得点
永井謙佑(後半39分)
警告・退場
フェトゥヒ(前半29分)
バラダ(後半43分)
ヌシル(後半45分)


出場メンバー閉じる
U−23日本
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 権田修一
DF 2 徳永悠平
5 吉田麻也(cap)
13 鈴木大輔
12 酒井高徳
MF 17 清武弘嗣
後半45分
10 東慶悟
16 山口螢
3 扇原貴宏
FW 11 永井謙佑
7 大津祐樹
後半33分
ベンチ入り選手
GK 18 安藤駿介
DF 8 山村和也
4 酒井宏樹
MF 6 村松大輔
14 宇佐美貴史
FW 15 齋藤学
後半33分
9 杉本健勇
後半45分
U−23モロッコ
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 アムシフ
DF 2 ヌシル
3 アバルフン
4 エルカウタリ
16 ジェブル
MF 8 フェトゥヒ(cap)
後半43分
10 バラダ
14 ハルジャ
FW 7 ラビアド
9 アムラバト
後半27分
11 ビダウイ
後半29分
ベンチ入り選手
GK 18 ブヌ
DF 5 ベルグディシュ
13 フェダル
MF 6 ナジャハ
後半27分
12 エルカドゥリ
後半29分
15 フリケシェ
FW 17 エルハスナウイ
後半43分

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本1-0U−23モロッコ 1次リーグ第2戦 快速・永井謙佑選手のポーンと蹴りあげてGK超えゴール。そして国分太一さんの良い感じのインタビュー。

2012年07月29日

FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。

FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。

前日、思い立って出かけることにしました。通勤で京王線を利用しているときに、吊り広告にFC東京vsアルビレックス新潟、Fireworks Nightsってことで、東京ドロンパが青赤の浴衣姿だったのです。以前もFireworks Nightsに行きましたが、いい感じでしたので、行こうと思いました。ハーフタイム中の花火なので、ほんの数分ですし、大規模の花火大会にはかないませんが、サッカー観戦のおまけとしては相当に楽しいのです。
この日は昼から味の素スタジアムではイベントがあったようです。「FC東京夏まつり」です。MXTV「FC東京魂」のイベントがあったようです。

今日は八幡山駅前のスーパーオオゼキでちょっとおつまみを買いまして、あとこれもまた八幡山駅前の唐揚げ屋さんで唐揚げを買いまして、いざ飛田給駅。
スタジアムに着いたのは17:00。当日券「S指定席下層ホーム」を買いまして、入場。いつもの場所だと思ってだらだら歩いていたら、チケットに書いている入り口が見つかりません。。係員さんにチケットをみてもらったら、もっと入り口から向かって右のほうだと。入ったらアウェー側に近い場所。あれ?なんでと思ったら、今日はホーム・アウェイが逆。初めてのような気がしました。これは花火の上がる方向(北側(ビジター側)ゴール裏方向)に配慮したのかななんて。と思ったら、いろいろな理由で、試みているそうです。

7/28(土)vsアルビレックス新潟戦「ホーム側・ビジター側入替え」について
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=12829

今日は練習が最初から見ることができました。楽しいです。ロンドンオリンピックでチームを離れているGK権田修一選手の代わりは、ご存知GK塩田仁史選手。スタンドに向かって胸を叩いてサポーターを鼓舞します。やはり彼はFC東京一熱い男です。DF徳永悠平選手の代わりは右SB椋原健太選手です。椋原健太選手はサイドバックで定着を目指している選手。サイドバックは今期、左サイドの太田宏介選手の加入で激化してます。中村北斗選手もいい加減ポジション奪わないと放出されるでしょうし。みんな頑張って欲しいです。
そして、今日はエジミウソン選手がいます。展開によっては出てくるかな、という感じです。楽勝展開で顔見世登場ならベストなんですが、それはFC東京贔屓の私の思いあがりでした。。

試合に先駆けて、FC東京ファン・サポーターを代表して、SOCIO・クラブサポートメンバーでありTOKYO MX「F.C.TOKYO魂!」のMCをつとめるアーティスト・土屋礼央(TTRE)さんが登場しました。ギターを持って歌う曲は「You’ll never walk alone」。カッコイイです。
その後自己紹介して、アルビレックス新潟のサポーターに対する歓迎の意を表し、オリンピックのこの時期、FC東京からオリンピック代表に行っているGK権田修一選手、DF徳永悠平選手の名前はもちろん、アルビレックス新潟でオリンピック代表に行っているDF鈴木大輔選手の名前も出して、両サポーターも喜んでいます。オリンピックでサッカーに注目が集まっているこの時期に、Jリーグサポーターの素晴らしさを発信して行きましょうと素晴らしい挨拶。さすが「F.C.TOKYO魂!」でMCですし、なによりミュージシャンとして観客を盛り上げる腕はそうとうなものです。

土屋礼央さんの「You’ll never walk alone」 FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂!
土屋礼央さんの「You’ll never walk alone」中央付近にいて、ホーム側に向いて熱唱中です。 FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂!

試合は前半からダメでした。アルビレックス新潟の一方的な攻撃です。遠目に小兵に映るミシェウ選手(ミシェウ・ジェファーソン・ナシメント:30歳:171cm:ブラジル:前ジェフユナイテッド市原・千葉所属)が縦横無尽の大活躍です。キープ力もあり視野も広いです。それに対してFC東京は中盤に梶山陽平選手も羽生直剛選手もいないせいか、中盤がつながりません。サイド攻撃主体といっても、右サイドの石川直宏選手と椋原健太選手の連携はあまり見られず、左サイドの中村北斗選手はあまりインパクトなく。途中、中盤の高橋秀人選手が最終ラインに入って3バックっぽかったり。ずっとではなかったので、なんかそういう決め事なんですかね。

ハーフタイム。なんのキャラでしたっけ。東京国体「スポーツ祭東京2013」のマスコットキャラクターの「ゆりーと」くんがねり歩きます。東京ドロンパも赤青の浴衣ではっちゃけてます。 FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂!
今日はいつもと逆周りなので、なんとも不思議な雰囲気です。 FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂!

FC東京カラーという意図か、赤青の鮮やかな花火も幾つか上がっていました。ハーフタイムの花火ということですぐ終わるかな?と思いつつ、たくさんの花火が上がっていました。会場は勝ち試合のような盛り上がり。前半リードされたことによるイライラが一気に解消されました。

FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂!
FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂!

ハーフタイム、身体を動かしているFC東京の選手の中から、一人早くに下がっていく選手がいます。エジミウソン選手です。後半頭からいきそうだと盛り上がりました。アルビレックス新潟のサポーターの方々も感慨深いでしょう。
後半の出だし、FC東京はちゃんとつなぐサッカーに切り替えてきた印象でした。きっとポポビッチ監督に怒られたんでしょうね。なんつって。
右サイドを攻める展開が何度かあり、石川直宏選手のコーナーキックです。今日の右サイドはよく来てくれたので間近で見れて嬉しい半面、チャンスらしいシーンはありませんでした。
そんな中、エジミウソン選手がボールを持って、のろのろとドリブルして行ったシーンがほぼ唯一のチャンスシーン。シュート撃つ前からダメ確定でした。ペナルティエリア内でのシュートはほぼなし。アルビレックス新潟の守備は十分揃っていましたし、ほとんどチャンスありませんでした。
MF梶山陽平選手、MF米本拓司選手も出てきて、中盤どうにかなるかと期待しましたが、どうにもなりませんでした。それに比べて、アルビレックス新潟のミシェウ選手のサイドを変えるパスはバシッと決まりますし、本間勲選手、田中亜土夢選手あたりは目立ってよかったです。後半出てきたFW矢野貴章選手は、まあ遠すぎてあんまり見えませんでした。ざんねん。
もうアルビレックス新潟はじっくり守って余裕すぎでした。さすがずっとJ1にいるチームです。今期途中で監督交代(黒崎久志監督から柳下正明監督へ)してたのでいまなら勝てるかな?って思ったけども、全然甘かったです。

FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂!

GK塩田仁史選手。次も期待してますよ!

FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂! FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。花火 FC東京 F.C.TOKYO魂!

前半のモヤモヤは花火で消えましたが、後半のモヤモヤはそのまま家につくまで続きました。
家についてTVをつけると、なでしこジャパンがオリンピックでスウェーデンに0-0ドローでした。これで勝ち点4ならいいですね。明日の男子・日本U-23VSモロッコU-23が楽しみです。
で次の日、FC東京がリーグ10位まで順位を落としてると知った。。ンモー、二桁順位は降格を思い起こすからやめてほしいです。もう一人ぐらい強力な補強をして欲しいです。
あ、ちなみに翌日のアルビレックス新潟との練習試合は圧勝だったみたいです。エジミウソンもゴールしたようです。
--
練習試合結果 アルビレックス新潟戦[7/29(日)]
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=12999


【スコア】FC東京 6-0 アルビレックス新潟

▼得点者
前半/練習生(3分・11分・34分)、エジミウソン(29分)
後半/丸山(30分)、橋本(35分=PK)
--

2012年度 Jリーグディビジョン1 第19節試合結果順位表
順位 勝点 チーム 試合 勝 引分 負 点差 得点 失点
1 37 サンフレッチェ広島 19 11 4 4 19 39 20
2 37 ベガルタ仙台 19 10 7 2 19 35 16
3 34 浦和レッズ 19 9 7 3 8 26 18
4 33 柏レイソル 19 10 3 6 11 41 30
5 30 ジュビロ磐田 19 9 3 7 10 38 28
6 30 横浜F・マリノス 19 7 9 3 7 22 15
7 30 川崎フロンターレ 19 9 3 7 0 26 26
8 29 名古屋グランパス 19 8 5 6 1 26 25
9 28 サガン鳥栖 19 7 7 5 4 22 18
10 28 FC東京 19 9 1 9 -2 21 23
11 26 鹿島アントラーズ 19 7 5 7 4 28 24
12 26 ヴィッセル神戸 19 8 2 9 -2 25 27
13 25 清水エスパルス 19 7 4 8 -3 19 22
14 20 アルビレックス新潟 19 5 5 9 -9 12 21
15 20 大宮アルディージャ 19 5 5 9 -16 17 33
16 19 セレッソ大阪 19 5 4 10 -8 20 28
17 14 ガンバ大阪 19 3 5 11 -13 28 41
18 7 コンサドーレ札幌 19 2 1 16 -30 13 43
Lastupdate 2012/07/28


キックオフ:18:30 / 試合会場:味の素スタジアム
FC東京 0-2 アルビレックス新潟
0(前半)1
0(後半)1

試合終了

得点
三門 雄大(前半32分)
アラン ミネイロ(後半22分)

警告・退場
ミシェウ(後半40分)

7 シュート 15
11 直接FK 11
1 間接FK 2
7 CK 1
2 オフサイド 1

スターティングメンバー
FC東京
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 塩田 仁史
DF 3 森重 真人
5 加賀 健一
後半10分
14 中村 北斗
33 椋原 健太
MF 4 高橋 秀人
8 長谷川 アーリアジャスール
18 石川 直宏
39 谷澤 達也
後半0分
49 ルーカス
FW 11 渡邉 千真
後半27分
アルビレックス新潟
位置 背番号 選手名 交代
GK 21 東口 順昭
DF 3 大井 健太郎
5 石川 直樹
25 村上 佑介
後半17分
36 菊地 直哉
MF 6 三門 雄大
7 藤田 征也
15 本間 勲
23 田中 亜土夢
FW 10 ミシェウ
後半45分
11 ブルーノ ロペス
後半37分
ベンチ入り選手 ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 21 廣永 遼太郎
DF 16 丸山 祐市
MF 7 米本 拓司
後半27分
10 梶山 陽平
後半10分
27 田邉 草民
36 三田 啓貴
FW 9 エジミウソン
後半0分
位置 背番号 選手名 交代
GK 30 小澤 英明
DF 20 増田 繁人
MF 8 木暮 郁哉
後半45分
18 アラン ミネイロ
後半17分
26 小谷野 顕治
FW 9 矢野 貴章
後半37分
14 平井 将生


観客数 23430人 気温 29.5度 主審 前田 拓哉
芝状況 良芝乾燥 湿度 69% 副審 武田 光晴
天候 晴れ 風 弱風 副審 渡辺 智哉

FC東京 FC東京 0-2 アルビレックス新潟 Fireworks Nights、土屋礼央さんの熱唱、エジミウソン選手初出場、そして二桁順位へ・・・。

2012年07月27日

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本1-0U−23スペイン 1次リーグ第1戦 コーナーキック扇原選手から大津選手のナイスゴール

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本1-0U−23スペイン 1次リーグ第1戦 コーナーキック扇原選手から大津選手のナイスゴール

NHKで22時開始だったので、すぐ始まるかと思いきや、22:45ぐらいからでした。スタートから前線からの守備です。どうなるものかヒヤヒヤしました。何度かおしいシーンが続き、この勢いが収まると一気にやられるのかな、なんてビビりながら観てました。34分、扇原選手の左足でのコーナーキック、大津祐樹選手の右足で決めてくれました。夜中にしては大きい「わ!」という声を出してしまいました。その後も清武選手のGK間近のシュートで惜しいシーン。40分の永井を止めて相手DFイニゴ・マルティネス選手のレッドカードを誘ったのもすごかったです。
後半は後半で、あとちょっとでゴールってシーンが目白押し。あと1点入ってれば楽になるのに、、、と贅沢な不満をワイワイぶつけながら、危ないシーンが少ないのでなんか安心して、10分ほど寝てしまいました。
左サイドバックに入った私の贔屓のFC東京・徳永悠平選手も攻守で頑張ってました。吉田麻也選手もキャプテンマークつけて、頑張ってました。オーバーエイジ枠の選手もちゃんと出て、良い影響を与えていたと思います。
今回の勝利は、かつてブラジルに勝ったアトランタ大会のような「マイアミの奇跡」的な、「グラスゴーのナンチャラ」な名前付け合戦になるんじゃないでしょうか。「グラスゴーの奇跡」ですかね。。いちいちこんな名前つけるのもキリがないですね。台風でもあるまいし。・・・なんて今回たまたま勝ったから言えるだけで、やはり「すげぇ」って思ったから奇跡だし歓喜だし、忘れられない試合になったと思います。
グループリーグ暫定1位です。モロッコとホンジュラスは引き分けたらしいです。女子男子共に1勝勝ち点3で嬉しいスタートです。

スペイン 欧州1位
日本 アジアC組1位
ホンジュラス 北中米カリブ海2位
モロッコ アフリカ2位

■1次リーグ第1戦

7月26日(木)14時45分(日本時間22時45分)

日本vs.スペイン
(会場:グラスゴー)

■1次リーグ第2戦

7月29日(日)17時(日本時間25時)

日本vs.モロッコ
(会場:ニューカッスル)

■1次リーグ第3戦

8月1日(水)17時(日本時間25時)

日本vs.ホンジュラス
(会場:コベントリー)

キックオフ: 7月26日(木) 22:45 / 試合会場: グラスゴー
U−23スペイン 0-1 U−23日本
0(前半)1
0(後半)0

得点 大津祐樹(前半34分)
警告・退場
アルバ(前半40分)
イニゴ・マルティネス(前半41分)レッドカード
ドミンゲス(後半43分)
齋藤学(後半16分)

U−23スペイン
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 デ・ヘア
DF 3 ドミンゲス
6 アルバ
12 モントーヤ
MF 4 ハビ・マルティネス(cap)
5 イニゴ・マルティネス
11 コケ
後半36分
15 イスコ
後半18分
FW 7 アドリアン
後半11分
9 ロドリゴ
10 マタ
ベンチ入り選手
GK 18 マリーニョ
DF 2 アスピリクエタ
13 ボティア
MF 8 ムニアイン
14 ロメウ
後半18分
17 エレーラ
後半11分
FW 16 テージョ
後半36分
U−23日本
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 権田修一
DF 2 徳永悠平
5 吉田麻也(cap)
13 鈴木大輔
4 酒井宏樹
後半29分
MF 17 清武弘嗣
10 東慶悟
16 山口螢
3 扇原貴宏
後半41分
FW 11 永井謙佑
7 大津祐樹
後半0分
ベンチ入り選手
GK 18 安藤駿介
DF 8 山村和也
後半41分
12 酒井高徳
後半29分
MF 6 村松大輔
14 宇佐美貴史
FW 15 齋藤学
後半0分
9 杉本健勇

ロンドン五輪・男子サッカー U−23日本1-0U−23スペイン 1次リーグ第1戦 コーナーキック扇原選手から大津選手のナイスゴール

2012年07月26日

ロンドン五輪・サッカー女子 日本2-1カナダ 1次リーグF組第1戦

ロンドン五輪・サッカー女子 日本2-1カナダ 1次リーグF組第1戦

やってまいりましたロンドンオリンピック。開会式前の試合なのでオリンピック始まった感が無くて、ふわっとしてます。
今日はすっかり忘れてて、22:30頃寝て、暑さで起きた1:30、ヤフートピックスに前半終了、リードって感じで書いてあったので、TVをONしました。
2点リードの後半も攻めつづけてたと思います。左サイドバックの鮫島彩選手は走行姿勢がユニークなのでひと目でわかります。よく攻めていたと思います。
1点追いつかれた時、まあその後も落ち着いて試合が流れてたので、気にしませんでしたが、得点者がタンクレディ選手でした。
Canada Melissa TANCREDI (27/12/1981)
Melissa Tancredi (born 27 December 1981, in Hamilton, Ontario) is a Canadian soccer forward who currently plays for Dalsjöfors GoIF and Canada's National Women's team. Also a Right To Play ambassador.

ぼーっと観戦しながら、タンクレディ→ピンクレディ→In The Navyとスライドして、「ピンクタイフーン (In The Navy)」のサビだけ脳内再生してました。

--wiki--
「ピンク・タイフーン (In The Navy)」は、1979年5月にリリースされた日本のアイドルグループ・ピンク・レディーの12枚目のシングルである。単に「ピンク・タイフーン」とも呼ばれる。売上枚数は約29万枚 (オリコン)、70万枚(ビクター)。

この曲はアメリカのミュージシャングループ、ヴィレッジ・ピープルのヒットソング「In The Navy」(en)のカヴァー曲である。
タイトルの通り、元はアメリカ海軍の兵士募集を歌った曲であったが、この歌の歌詞ではアレンジされ、異なった内容になっている。
原曲のサビにある「In the navy」の部分が「ピンク・レイディー」とも聴こえたため、この曲をカバーしたとされ、日本語の詞も「ピンク・レディー」に置き換えられている。
渋谷哲平の「ヤング・セーラーマン(In The Navy)」も同じ「In The Navy」のカヴァー曲で、ほぼ同時期に発売され、競作となった。
このシングルの発売日1979年5月1日には、海外で「KISS IN THE DARK」が発売されている。ワーナー・ブラザーズより世界40カ国で同時発売された。
B面収録の「ハロー・ミスター・モンキー」も洋楽のカヴァー曲(オリジナルはアラベスク)である。

ピンク・タイフーン (In The Navy)
J.Morali(en)-H.Belolo(en)-V.Willis(en)/日本語詞:岡田冨美子/編曲:大浜和史
ハロー・ミスター・モンキー
Ben Juris-Benny Lux/編曲:前田憲男
--wiki--

白星発進、さすがです。女子サッカーは直前の試合(フランス)は負けましたが、関係無いですね。良い感じですね。
明日の男子はどうでしょうね。あっちは90分間ヒヤヒヤしそうです。楽しみです。
7/26 22:45~ ロンドン五輪 男子サッカー 1次リーグ第1戦 U−23スペイン vs U−23日本

キックオフ: 7月25日(水) 25:00 / 試合会場: コベントリー
日本女子 2
2(前半)0
0(後半)1
1 カナダ女子
川澄奈穂美(前半33分)
宮間あや(前半44分)
得点 タンクレディ(後半10分)
警告・退場

日本女子
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 福元美穂
DF 2 近賀ゆかり
3 岩清水 梓
5 鮫島彩
4 熊谷紗希
MF 10 澤穂希
8 宮間あや(cap)
9 川澄奈穂美
6 阪口夢穂
FW 11 大野忍
後半19分
17 大儀見(永里)優季
ベンチ入り選手
GK 18 海堀あゆみ
DF 12 矢野喬子
MF 14 田中明日菜
FW 7 安藤梢
後半19分
13 丸山桂里奈
15 高瀬愛実
16 岩渕真奈
カナダ女子
位置 背番号 選手名 交代
GK 18 マクロード
DF 4 モスカト
7 ウィルキンソン
後半25分
9 チャプマン
10 セッセルマン
後半25分
MF 6 カイル
後半31分
8 マースソン
11 スコット
13 シュミット
FW 12 シンクレア(cap)
14 タンクレディ
ベンチ入り選手
GK 1 レブラン
DF 2 ズラー
3 スチュワート
後半25分
5 ゲール
後半25分
MF 15 パーカー
後半31分
17 ティムコ
FW 16 フィリグノ


ロンドン五輪・サッカー女子 日本2-1カナダ 1次リーグF組第1戦

2012年07月17日

キリンチャレンジカップ2012U−23日本 1-1 U−23ニュージーランド 権田・村松騒動?関塚隆監督の解任デモは無いのね・・。

キリンチャレンジカップ2012U−23日本 1-1 U−23ニュージーランド 権田・村松騒動?関塚隆監督の解任デモは無いのね・・。

キックオフ: 7月11日(水) 19:55 / 試合会場: 国立競技場
この日は帰ってすぐホワイトペキニーズ・ペキンちゃんと散歩に行きましたし、散歩から戻ってすぐ天下一品ラーメンを食べに出かけたので試合を観損ねました。残念。が見なくてよかったぐらいなんか後味が悪い様子。
サポートメンバーのMF米本拓司選手・FW山崎亮平選手などを投入した関塚隆監督の采配は、情報隠しなのかなと思いましたが、試合前から使うつもりだったとかどこかの記事でありました。

試合終わり間近、MF村松大輔選手のミスで同点ゴールを食らった。で、試合後、フィールドでGK権田修一選手とMF村松大輔選手の小競合いがあってニュージーランド側の選手が止めに入るなどが起きたと。

(※村松大輔選手は清水エスパルスで今期は1試合出てないぐらいでほぼ全試合先発フル出場しているDF。焼津南SSS-藤枝東FC-藤枝東高-ホンダFC-湘南ベルマーレ)

なんかこの、どっちかというと権田修一選手が一方的に村松大輔選手の胸ぐらを掴んだとか胸を小突いたとかの話題で連日、ヤフートピックスやら各種サッカーサイトで記事になって盛り上がっていました。やれ権田修一選手の態度が云々。村松大輔選手の守備がそもそも、とか様々な意見が飛び交っており、なかなか興味深いです。権田修一選手をFC東京贔屓の視点で擁護したいところですが、まあそもそもこれぐらいの衝突(コミニュケーション)はあるもんでしょうからなんとも思いません。そういう確執関係はNUMBERとかのサッカーインタビュー記事とかでやってくれればいいし。そもそもなんつうか、この試合はここしか見所がなかったのでしょう。試合の本筋以外の部分で盛り上がるのは、アイスランド代表戦の時のハンドスプリングスローと同じかんじ。あれはあれでちょっと面白かったけども。

オリンピック壮行試合ってのに、この体たらく。かつての岡田ジャパンのワールドカップ直前は、直前だろうが解任しろーってぐらいに騒いでいたと思うんですけども、オリンピックってそこまで盛り上がらないんですね。西野朗監督(昨季ガンバ大阪を退団、今期途中からヴィッセル神戸監督就任)あたりが浪人中なら、彼を五輪代表監督にしろーなんて声かかったかもしれませんね。オリンピック代表監督って日本人じゃないとダメなんですかね。フィリップ・トルシエ監督の時みたいに代表と掛け持ちってのは無理としても。

歴代監督(U-23サッカー日本代表)
1990-1992 山口芳忠
1993-1996 西野朗
1998-2000 フィリップ・トルシエ(A代表と兼務)
2002 小野剛(暫定、就任時の肩書きはヘッドコーチ)
2002-2004 山本昌邦
2006-2008 反町康治
2010-現在 関塚隆

こう見ると、決勝トーナメントまで行った、シドニー五輪のフィリップ・トルシエ監督の時が印象深い。次はブラジルに勝ったけどグループリーグ敗退のアトランタ五輪の西野朗監督。Jリーグ監督成績でいうと関塚隆監督は西野朗監督に次ぐ成績なんですかね。とはいえ西野朗監督とは差があるような気がしますので、期待が持てるような持てないような。
今回もグループリーグで敗退するようならば、この世代の監督も外国人にするとかにしたほうがいいかもしれません。

キックオフ: 7月11日(水) 19:55 / 試合会場: 国立競技場
U−23日本 1-1 U−23ニュージーランド
0(前半)0
1(後半)1

得点
杉本 健勇(後半26分)
ルーカス(後半49分)

警告・退場
山口  螢(前半38分)
大津 祐樹(後半24分)
ネルセン(後半11分)
フェネリディス(後半20分)

出場メンバー閉じる
U−23日本
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 権田 修一
DF 2 徳永 悠平
8 山村 和也(cap)
13 鈴木 大輔
4 酒井 宏樹
MF 17 清武 弘嗣
後半36分
10 東  慶悟
後半10分
16 山口  螢
後半18分
3 扇原 貴宏
後半31分
FW 11 永井 謙佑
後半25分
7 大津 祐樹
ベンチ入り選手
GK 18 安藤 駿介
22 林 彰洋
MF 6 村松 大輔
後半18分
21 米本 拓司
後半31分
FW 15 齋藤  学
後半36分
9 杉本 健勇
後半10分
19 山崎 亮平
後半25分
DF 20 大岩 一貴
U−23ニュージーランド
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 グリーソン
DF 3 ホッグ
6 ネルセン(cap)
後半39分
12 トーマス
後半35分
14 ムサ
MF 2 ペイン
8 マクグリンチー
13 フェネリディス
17 マクジョージ
後半21分
FW 7 バルバロウセス
9 スメルツ
後半43分
ベンチ入り選手
GK 20 オキーフ
DF 4 マイアーズ
後半35分
MF 15 ハウィーソン
後半21分
FW 11 ロハス
後半43分
16 ルーカス
後半39分
テキスト詳細


キリンチャレンジカップ2012U−23日本 1-1 U−23ニュージーランド 権田・村松騒動?関塚隆監督の解任デモは無いのね・・。

2012年07月08日

FC東京 エジミウソン選手、2012/7/8(sun)より練習参加。契約交渉中。アルビレックス新潟、浦和レッズで活躍。

FC東京 エジミウソン選手、2012/7/8(sun)より練習参加。契約交渉中。アルビレックス新潟、浦和レッズで活躍。

なんと、あのエジミウソン選手がFC東京に来そうです。数年前、J1の中位チームのブラジル人選手が、J1上位チームに移籍しての中東行きってのが定番になりつつあったころの一選手。ガンバ大阪あたりが毎年のように中東に輸出していたのですが、オイルマネーの魅力は選手もでしょうが、クラブチームにとっても抗いがたいものだったと思います。FC東京もカボレが中東に移籍しましたね。
中東に行ったブラジル人のインタビュー記事を見ますと、リップ・サービスでしょうが「日本に帰りたい」というコメントをしてるものが複数あります。まあ、さすがにないよな、と思っていました。
エジミウソン選手はどうなんでしょうね。日本に帰ってこれてうれしいのか、カタールを離れるのが辛いのか。ルーカス選手と仲良くやってくれればフィットしますかね。

エジミウソン選手本人は「(自身のことを)エディー・マーフィーに似てる」と言い張っているようなので(かつて日本ではボビー・オロゴン似ということになっていたようです)、FC東京の応援はエディー・マーフィー主演「ビバリーヒルズ・コップ」の曲で応援してあげて欲しいです。Glenn Freyの「Heat is on」あたりに乗せて。まあこの曲がなると、とんねるずのオールナイトニッポン「なんでもベストファイブ」になっちゃいますけれども、それを踏まえつつ楽しみたいのです。

まあ外国人枠が埋まりつつありますが、まだ私はFC東京のアレッサンドロ・デル・ピエロ選手獲得を夢見ています。ポポビッチ監督は「FC東京には梶山がいる」と言ったようですが、デル・ピエロ選手の前で同じ事言えるのかい、と言いたいです。いや、デル・ピエロ選手が入ったら彼を活かすチーム作りになっちゃいますね。もちろん、サカつくやウイイレのノリでです。
デル・ピエロ選手獲得の夢に固執するのは、なんというか、名古屋グランパスのストイコビッチ選手の存在がとてもうらやましいのです。あの活躍と名古屋グランパスサポーターとの信頼関係、その後の監督としての活躍。全部。

で、FC東京のFW陣はどうなんでしょう。平山相太選手はまだ時間がかかりそう。今期厳しいんでしょうね。渡邉千真選手がフィットすれば面白そうです。
ロベルト・セザー選手は2013年1月1日までのコリチーバFC(ブラジル)へのレンタルですが、戻ってくるのかどうか。

FW陣
11 渡邉 千真 Kazuma WATANABE

13 平山 相太 Sota HIRAYAMA
2011/04/11
○病  名: 右脛骨および腓骨骨折
○全  治: 約4~6ヶ月間

23 林 容平 Yohei HAYASHI
24 重松 健太郎 Kentaro SHIGEMATSU
49 ルーカス LUCAS


--FC東京--
エジミウソン選手(カタール:アル・ガラファ所属)について
[7/8(日)]

このたび、アル・ガラファ(カタール)に所属するエジミウソン選手が、本日7/8(日)より練習参加することとなりましたので、お知らせします。
また現在エジミウソン選手とは移籍加入に向けて契約交渉中です。正式に決まりましたら改めてご報告いたします。

選手名:エジミウソン(EDMILSON dos Santos Silva)
国籍:ブラジル
ポジション:FW
経歴:パルメイラス(ブラジル)→アルビレックス新潟→浦和レッズ→アル・ガラファ(カタール)
--FC東京--

--WIKI--
名前
本名 エジミウソン・ドス・サントス・シルバ
愛称 エジ
ラテン文字 EDMÍLSON dos Santos Silva
基本情報
国籍 ブラジル
生年月日 1982年9月15日(29歳)
出身地 バイーア州サルヴァドール
身長 183cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム アル・ガラファ
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足

人物
1.ハンバーガーが大好物。某地域のマクドナルドでたびたび目撃される。
2.油断すると直ぐに太る体質らしく、サポーターを心配させている。
3.ゴールを決めた後の動きは「エジダンス」「くねくねダンス」と言われている。
4.毎年得点王を狙うと明言している。
5.すっかり日本の生活にもなじみ、購入した車は日本車、スパイクには「エジ」と日本語の刺繍がしてある(なお、スパイクはそれまでのアディダス製よりナイキ製になった。現在はプーマ製を使用している)。
6.「オレはエディー・マーフィー(アメリカ人俳優)に似ている」と気取っているが、周囲からは浦和在住のタレント、ボビー・オロゴン似と言われ、すぐに「ボビー・オロゴン」と自身の使用しているスパイクに日本語の刺繍を入れるというノリの良さを見せていた。
--WIKI--

FC東京 エジミウソン選手、2012/7/8(sun)より練習参加。契約交渉中。アルビレックス新潟、浦和レッズで活躍。

ファンサカ Week16 FC東京と鹿島アントラーズに絞って勝負

ファンサカ Week16 FC東京と鹿島アントラーズに絞って勝負

今回は贔屓のFC東京で勝負しようと思いました。ガンバ大阪は決して弱くないチームで、むしろFC東京にとっては苦手なぐらいな相手かと思っていますが、対戦成績でいうとほぼ五分五分。ホームで引き分けがあるってのが心配ごと。でもまあ勝つなら今だ、ということで勝負。鹿島アントラーズは、これからじわじわ勝ち続けるでしょうから、選択。倍率1.4倍というのも妙味。
札幌の相手の新潟が1.5倍で一番美味しいところでしたが、札幌ホームだし、新潟も監督交代後だしということで見送りました。。

--
通算対戦成績
F東京勝ち 分け G大阪勝ち
ホーム時 7勝 4分 3勝 アウェイ時
アウェイ時 3勝 0分 8勝 ホーム時
合計 10勝 4分 11勝 合計
--

ファンタジー対象試合 Week16
7月7日(土)
札幌(1.5倍)0 - 1 新潟(1.5倍)
浦和(1.1倍)4 - 3 鳥栖(1.2倍)
清水(1.3倍)0 - 0 川崎F(1.1倍)
鹿島(1.4倍)1 - 0 大宮(1.4倍)
F東京(1.2倍)3 - 2 G大阪(1.5倍)
柏(1.1倍)1 - 2 名古屋(1.2倍)
横浜FM(1.3倍)1 - 1 C大阪(1.4倍)
神戸(1.3倍)0 - 1 仙台(1.0倍)
広島(1.0倍)2 - 0 磐田(1.0倍)


選手リスト
選手名 位置 Fp Gp Bp Mp
Week16合計 出場 守備 攻撃 勝利 警告
退場 ボーナス マルチ
権田 修一
F東京
GK 2 3 0 0 1 -2 0 0
山村 和也
鹿島
DF 10 3 3 0 1 0 0 3
新井場 徹
鹿島
DF 12 3 3 1 1 0 0 4
加賀 健一
F東京
DF 4 3 0 0 1 0 0 0
徳永 悠平
F東京
DF 4 3 0 0 1 0 0 0
ドゥトラ
鹿島
MF 6 3 1 1 1 -2 0 2
柴崎 岳
鹿島
MF 7 3 1 0 1 0 0 2
谷澤 達也
F東京
MF 4 3 0 0 1 0 0 0
中田 浩二
鹿島
MF 9 2 3 0 1 0 0 3
遠藤 康
鹿島
MF 7 3 1 0 1 0 0 2
ルーカス
F東京
FW 17 3 0 13 1 0 0 0
PR

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)
ダース・ヴェイダーとルーク(4才)[単行本]ジェフリー・ブラウン (著), 富永 晶子 (翻訳) ダース・ヴェイダーとルーク(4才)[単行本]ジェフリー・ブラウン (著), 富永 晶子 (翻訳) ダース・ヴェイダーとルーク(4才)[単行本]ジェフリー・ブラウン (著), 富永 晶子 (翻訳) ダース・ヴェイダーとルーク(4才)[単行本]ジェフリー・ブラウン (著), 富永 晶子 (翻訳)

ファンサカ Week16 FC東京と鹿島アントラーズに絞って勝負

2012年07月02日

五輪代表OAにFC東京・徳永悠平選手が!そして権田修一選手。米本拓司選手はバックアップメンバー。U-23日本代表 メンバー(18+4名)第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー競技(男子)

五輪代表OAにFC東京・徳永悠平選手が!そして権田修一選手。米本拓司選手はバックアップメンバー。U-23日本代表 メンバー(18+4名)第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー競技(男子)

いろいろ紆余曲折を経て、オリンピックメンバーが決まりました。OA徳永悠平選手、権田修一選手は順当。米本拓司選手はバックアップメンバーになりました。当落線上だったんですね。米本拓司選手にはJリーグで頑張って欲しいです。いまFC東京の中盤は激戦区なので、切磋琢磨して欲しいところ。高橋秀人選手、長谷川アーリアジャスール選手、梶山陽平選手が後ろ目からスタートすることもあったし。


予備登録時に、妄想すたメンバー
GK         権田修一
DF 酒井高徳 徳永悠平 吉田麻也 酒井宏樹
          米本拓司
MF 水沼宏太           原口元気
          清武弘嗣
FW   宇佐美貴史     宮市亮
むう、4人も外れています。。

今回、妄想すたメンバー
GK         権田修一
DF 酒井高徳 徳永悠平 吉田麻也 酒井宏樹
MF      山口螢  扇原貴宏
    大津祐樹  清武弘嗣  宇佐美貴史
FW        永井謙佑

先発予想ってのは、ウイイレというよりは、なんか組閣予想みたいで残しておくとあとあと恥ずいので楽しいです。
初戦がスペインなんですね。いいチームと当たって良かったです。見る気になります。その前の壮行試合はニュージーランドですか。怪我しないでほしいですね。

U-23日本代表 メンバー
第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー男子
キリンチャレンジカップ2012 vs U-23ニュージーランド代表(7/11@東京/国立競技場)

U-23日本代表
日本代表

スタッフ

監督
関塚 隆 セキヅカ タカシSEKIZUKA Takashi
【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
小倉 勉オグラ ツトムOGURATsutomu
【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

アシスタントコーチ
武藤 覚ムトウ アキラMUTO Akira
【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

GKコーチ
藤原 寿徳フジワラ ヒサノリFUJIWARA Hisanori
【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

フィジカルコーチ
里内 猛サトウチ タケシSATOUCHI Takeshi
【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

選手

Pos. No. 選手名
生年月日 身長 体重 所属
GK
1 権田 修一ゴンダ シュウイチGONDA Shuichi
1989.03.03 187 cm 83 kg FC東京

18 安藤 駿介アンドウ シュンスケANDO Shunsuke
1990.08.10 185 cm 79 kg 川崎フロンターレ

DF
2 徳永 悠平トクナガ ユウヘイTOKUNAGA Yuhei
1983.09.25 180 cm 76 kg FC東京

12 吉田 麻也ヨシダ マヤYOSHIDA Maya
1988.08.24 189 cm 81 kg VVVフェンロ(オランダ)

8 山村 和也ヤマムラ カズヤYAMAMURA Kazuya
1989.12.02 184 cm 75 kg 鹿島アントラーズ

13 鈴木 大輔スズキ ダイスケSUZUKI Daisuke
1990.01.29 181 cm 78 kg アルビレックス新潟

4 酒井 宏樹サカイ ヒロキSAKAI Hiroki
1990.04.12 183 cm 70 kg ハノーバー96(ドイツ)

5 酒井 高徳サカイ ゴウトクSAKAI Gotoku
1991.03.14 176 cm 74 kg VfBシュツットガルト(ドイツ)

MF
17 清武 弘嗣キヨタケ ヒロシKIYOTAKE Hiroshi
1989.11.12 172 cm 66 kg 1.FCニュルンベルク(ドイツ)

6 村松 大輔ムラマツ タイスケMURAMATSU Taisuke
1989.12.16 176 cm 73 kg 清水エスパルス

10 東 慶悟ヒガシ ケイゴHIGASHI Keigo
1990.07.20 178 cm 69 kg 大宮アルディージャ

16 山口 螢ヤマグチ ホタルYAMAGUCHI Hotaru
1990.10.06 173 cm 72 kg セレッソ大阪

3 扇原 貴宏オウギハラ タカヒロOGIHARA Takahiro
1991.10.05 184 cm 72 kg セレッソ大阪

14 宇佐美 貴史ウサミ タカシUSAMI Takashi
1992.05.06 178 cm 70 kg ホッフェンハイム(ドイツ)

FW
11 永井 謙佑ナガイ ケンスケNAGAI Kensuke
1989.03.05 177 cm 74 kg 名古屋グランパス

7 大津 祐樹オオツ ユウキOTSU Yuki
1990.03.24 180 cm 73 kg ボルシアMG(ドイツ)

15 齋藤 学サイトウ マナブSAITO Manabu
1990.04.04 169 cm 64 kg 横浜F・マリノス

9 杉本 健勇スギモト ケンユウSUGIMOTO Kenyu
1992.11.18 187 cm 79 kg 東京ヴェルディ

【バックアップメンバー】
GK 林 彰洋ハヤシ アキヒロHAYASHI Akihiro
1987.05.07 195 cm 89 kg 清水エスパルス

DF 大岩 一貴オオイワ カズキOIWA Kazuki
1989.08.17 182 cm 77 kg ジェフユナイテッド千葉

MF 米本 拓司ヨネモト タクジYONEMOTO Takuji
1990.12.03 177 cm 70 kg FC東京

FW 山崎 亮平ヤマザキ リョウヘイYAMAZAKI Ryohei
1989.03.14 171 cm 66 kg ジュビロ磐田

スケジュール

キリンチャレンジカップ2012
7月11日(水)19:55 vs U-23ニュージーランド代表(国立競技場)

第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー男子
7月26日(木) 14:45 vs U-23スペイン代表(Hampden Park/グラスゴー)

7月29日(日) 17:00 vs U-23モロッコ代表(St James' Park/ニューカッスル)

8月1日(水) 17:00 vs U-23ホンジュラス代表(City of Coventry Stadium/コベントリー)

8月4日(土)
12:00 準々決勝(グループ1位の場合)
vs グループC 2位(Old Trafford Stadium/マンチェスター)
17:00 準々決勝(グループ2位の場合)
vs グループC 1位(St James' Park/ニューカッスル)

8月7日(火)
17:00 準決勝(Wembley Stadium/ロンドン)
19:45 準決勝(Old Trafford Stadium/マンチェスター)

8月10日(金) 19:45 3位決定戦(Millennium Stadium/カーディフ)

8月11日(土) 15:00 決勝(Wembley Stadium/ロンドン)

五輪代表OAにFC東京・徳永悠平選手が!そして権田修一選手。米本拓司選手はバックアップメンバー。U-23日本代表 メンバー(18+4名)第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー競技(男子)

2012年06月23日

ファンサカ Week14 ガンバ大阪とヴィッセル神戸に絞って勝負

ファンサカ Week14 ガンバ大阪とヴィッセル神戸に絞って勝負

今節は微妙な組み合わせ。コンサドーレ札幌とガンバ大阪がどちらも1.5倍。今期絶不調とはいえガンバ大阪が負ける相手ではないし、順当に勝ちそう。ヴィッセル神戸は1.3倍。どちらも監督交代直後なので、不安はありますが、西野朗監督の采配に期待してヴィッセル神戸です。
贔屓のFC東京はちょっと自信ない上に、倍率も低いので妙味がありません。今日はぶらりと味の素スタジアムに出かけてみるのもいいなあと思ったり。

ファンタジー対象試合 Week14
6月23日(土)
札幌(1.5倍) - G大阪(1.5倍)
F東京(1.2倍) - C大阪(1.4倍)
清水(1.1倍) - 鳥栖(1.2倍)
柏(1.3倍) - 鹿島(1.4倍)
広島(1.0倍) - 大宮(1.4倍)
浦和(1.0倍) - 仙台(1.0倍)
川崎F(1.1倍) - 横浜FM(1.2倍)
名古屋(1.3倍) - 磐田(1.1倍)
神戸(1.3倍) - 新潟(1.5倍)

システムは4-5-1。勝負チームはガンバ大阪にしました。遠藤保仁選手の獲得のためのポイントがだいぶ低くてお買い得です。

Week14合計 出場 守備 攻撃 勝利 警告
退場 ボーナス マルチ
徳重 健太 神戸 GK
今野 泰幸 G大阪 DF
藤春 廣輝 G大阪 DF
中澤 聡太 G大阪 DF
相馬 崇人 神戸 DF
遠藤 保仁 G大阪 MF
明神 智和 G大阪 MF
倉田 秋 G大阪 MF
野沢 拓也 神戸 MF
小川 慶治朗 神戸 MF
大久保 嘉人 神戸 FW

ファンサカ Week14 ガンバ大阪とヴィッセル神戸に絞って勝負

2012年06月17日

FC東京 横浜F・マリノス 1-0 FC東京 Jリーグ2012 第14節 6月16日

FC東京 横浜F・マリノス 1-0 FC東京 Jリーグ2012 第14節 6月16日

今日は一日中雨、小降りな感じでずっと。今日は我が家のホワイトペキニーズ・ペキンちゃんと明大グラウンドあたりまで散歩したぐらいにして、自宅でまったりゆったりです。
NHKBSで中継です。
今日はずっと横浜F・マリノスのペースの試合でした。ワンサイドゲームです。ずっと押し込まれているのです。「長年J1にいるチーム VS J2上がりのチーム」そのものでした。結果1失点で終わりましたが、それ以上に力の差がありました。

流石横浜F・マリノスです。FWの小野裕二選手、マルキーニョス選手は脅威でしたし、中村俊輔選手はシュートも積極的です。ドゥトラ選手なんかは最初はなんでこんなロートルを獲得するんだなんて言ってたのに、いいじゃないですか。

無理に世代交代していたのを反省したんでしょうか。でも若手を放出するのはどうかと・・・、て放出先がFC東京だったので、なんとしてもFC東京に勝って欲しかったのです。

でも、長谷川アーリアジャスール選手や渡邉千真選手は結果が出ませんでした。なんというか、横浜F・マリノスの選手からしたら、うちのチームでポジションを奪えなかった奴がスタメンのチームに負けるわけないじゃんか、って思いがあったろうと思います。「砂漠の野球部」です。

なんというか、競馬で言うところの「勝負付けが済んだ相手」です。そりゃあ勝てるわけ無いです。大黒将志選手、後半でてました。FC東京時代、応援してましたから、元気な姿が見れて嬉しいです。大黒将志選手はまだ小野裕二選手に負ける存在じゃないですから、先発フル出場してほしいです。

徳永悠平選手は、五輪代表OA候補に入ったことで注目が集まってたと思います。単純に敗けたので、大したことないやつという評価にならないことを祈ります。

今年のFC東京は残留が目標だと思っています。だので、代表やらACL(敗退済み)やら国内カップ戦に心身共に消費せずに、特に日本代表・五輪代表に入っての疲労・勘違いとかに陥らないように気をつけて、残留ラインを超えてほしいです。


そういえば、今期をもってユベントスを退団するアレッサンドロ・デル・ピエロ(Alessandro Del Piero, 1974年11月9日 - )選手が、移籍先交渉中とのことで、候補のチームに、「サンフレッチェ広島と”東京のクラブ”」が接触していると新聞で噂が流れました。もちろん移籍に関わる噂の100%以上は捏造なので信用していませんけども、、、、ぜひFC東京にアレッサンドロ・デル・ピエロ選手に来てほしいです。高額の年俸は売れるであろうグッズ代や新たなスポンサーでどうにか捻出してほしいです。

「アレッサンドロ・デル・ピエロほどの名手を日本でプレーさせるなんて失礼だ」と思う人もいるかもしれませんが、今は世界中に年金リーグがあります。中東やアメリカ、中国です。南米もそうです。それらのリーグはイングランド・スペイン・イタリア・ドイツのトップチームでプレーしてきたような名手がプレーするにはあまりにも都落ちすぎます。でも、その名手たちがここ数年、本人が望んで?都落ちして数年プレーしています。だから日本も年金リーグ、都落ちリーグとしての面もきちんと整備したほうがいいと思います。去年清水エスパルスに元アーセナルのフレドリック・リュンベリ(ユングベリ)選手が来た時、すごく興奮しました。残念ながら1シーズンのみでの退団でしたが、清水ファンになったリュンベリファンがいたと思います。

まあ何が都落ちリーグとしての整備って、そういう選手が来てもいい雰囲気です。今は、ベテランはさっさと切って若手に世代交代を急ぐことが大事としているような気がします。ただ、下位低迷・下部リーグ落ちしてでも世代交代という無茶をやるチームもあるような気がします。同じ無茶なら、Jリーグ初期のようなお客を呼べる大物選手を呼んでもいんでないでしょうか。もちろん、「目先の儲けに目が眩んで大物入れたせいでJ2落ちした」とか言われたくないでしょうし、「同じ下位低迷なら、使えるかどうかわからない大物いれるよか、ベテラン切って若手を育てたほうが、言い訳が立つ」って考えるのは自然です。

欲しいのは「1~2シーズン限りで引退するような大物で、少なくともチーム人気獲得・グッズ売上UPには使える選手」で、かつ「試合に先発フル出場できなくとも、若手に良い影響を与える偉人」で、なにより「日本文化、及び日本を愛している人」です。かなりハードルが高いです。最後のが無いと、あっちゅうまにホームシックになって帰るし。まあ言い出すと家族の理解が一番でかいのですが。
でで、アレッサンドロ・デル・ピエロ選手はきっと全てに当てはまります。特に日本文化への理解としては、新日本プロレス・藤波辰爾選手のファンだってことはけっこう昔に話題になりましたし。もしもFC東京入りしたら、マッチョ・ドラゴンの曲でデル・ピエロ応援がなされるに違いありません。まあついでに言うと、「アレッサンドロ・デル・ピエロを獲得したチーム」ということで世界的に知名度が上がります。
現在の中東・中国の大物獲得の姿勢に我々は「ンモー成金主義ってヤーネ」ぐらいにしか思っていませんが、今後そのチームにACL優勝などを持っていかれることがあれば、焦るでしょうし、そういうチームがトヨタカップ(TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ)で決勝進出とかしちゃうと悔しくなります。まあありえないといえばそこまでですが、私が夢見るのは、レアル・マドリーからシャルケ04に行って活躍したラウル・ゴンサレス選手のようなことになってくれることです。って、ラウル・ゴンサレス選手って、来季アル・サッド(カタール)なんですね。ACLでJチームと対戦してほしいです。


6月16日(土)の速報・結果
J1
仙台 4-1 札幌
鹿島 2-3 名古屋
大宮 2-4 柏
横浜FM 1-0 F東京
新潟 1-0 清水
磐田 1-3 神戸
G大阪 1-2 浦和
C大阪 1-4 広島
鳥栖 0-1 川崎F


第14節 6月16日
[ 第14節の日程・結果 ]
見どころ|試合経過|テキスト速報
キックオフ:19:00 / 試合会場:日産スタジアム
横浜F・マリノス
このチームに期待:925 人/週
期待
1 1(前半)0
0(後半)0
0 FC東京
このチームに期待:617 人/週
期待
試合終了
兵藤 慎剛(前半31分)
得点
中村 俊輔(前半39分)
齋藤 学(後半32分)
警告・退場
12 シュート 3
20 直接FK 20
2 間接FK 3
14 CK 3
3 オフサイド 2
戦評

試合経過
横浜F・マリノス 時間 FC東京
得点:兵藤 慎剛
前半31分
1-0
前半37分 椋原 健太加賀 健一
中村 俊輔
前半39分
後半0分 太田 宏介中村 北斗
後半19分 渡邉 千真河野 広貴
マルキーニョス谷口 博之
後半31分
齋藤 学
後半32分
齋藤 学大黒 将志
後半41分
小野 裕二熊谷 アンドリュー
後半49分
:得点 :交代 :警告 :退場 :累積警告の為退場 O.G.:オウンゴール

スターティングメンバー
横浜F・マリノス
位置 背番号 選手名 交代
GK 21 飯倉 大樹
DF 4 栗原 勇蔵
5 ドゥトラ
13 小林 祐三
22 中澤 佑二
MF 7 兵藤 慎剛
11 齋藤 学
後半41分
25 中村 俊輔
27 富澤 清太郎
FW 10 小野 裕二
後半49分
18 マルキーニョス
後半31分
FC東京
位置 背番号 選手名 交代
GK 20 権田 修一
DF 2 徳永 悠平
3 森重 真人
6 太田 宏介
後半0分
33 椋原 健太
前半37分
MF 4 高橋 秀人
8 長谷川 アーリアジャスール
10 梶山 陽平
39 谷澤 達也
FW 11 渡邉 千真
後半19分
49 ルーカス
ベンチ入り選手 ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 30 六反 勇治
DF 24 金井 貢史
26 青山 直晃
MF 19 森谷 賢太郎
28 熊谷 アンドリュー
後半49分
29 谷口 博之
後半31分
FW 9 大黒 将志
後半41分
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 塩田 仁史
DF 5 加賀 健一
前半37分
14 中村 北斗
後半0分
MF 7 米本 拓司
17 河野 広貴
後半19分
27 田邉 草民
FW 23 林 容平
観客数 23273人 気温 21.9度 主審 家本 政明
芝状況 全面良芝水含み 湿度 84% 副審 山際 将史
天候 曇り時々雨 風 弱風 副審 小椋 剛

FC東京 横浜F・マリノス 1-0 FC東京 Jリーグ2012 第14節 6月16日

2012年06月15日

日本サッカー協会、移籍リストに久保竜彦選手、エルサムニー・オサマ選手が。JFA第12-21号

日本サッカー協会、移籍リストに久保竜彦選手、エルサムニー・オサマ選手が。JFA第12-21号

移籍リストに載りますと、いずれのクラブも移籍に関する交渉を行うことができるんですね。。で、久保竜彦選手。既に引退していたかと思いますが、一応?交渉できるんですね。エルサムニー・オサマ選手もですか。。名前はよく見る選手ですね。ヴェルディにいましたよね。

http://www.jfa.or.jp/jfa/transfer_list/index.html


--
移籍リスト
--
いずれのクラブも、下記選手と移籍に関する交渉を行うことができます。

第12-21号 2012年6月12日現在
選手氏名 生年月日 最終所属クラブ 契約
終了日 リスト
登録日 備考
小林 優希 1983/10/16 ファジアーノ岡山フットボールクラブ 2012/1/31 2011/12/6  
細川 淳矢 1984/6/24 ベガルタ仙台 2012/1/31 2011/12/13  
萩原 達郎 1982/8/6 愛媛FC 2012/1/31 2011/12/13  
岡本 剛史 1991/5/27 愛媛FC 2012/1/31 2011/12/13  
林 丈統 1980/10/14 ジェフユナイテッド市原・千葉 2012/1/31 2011/12/13  
野本 泰崇 1986/4/27 FC岐阜 2012/1/31 2011/12/13  
池上 礼一 1983/7/12 FC岐阜 2012/1/31 2011/12/13  
嶋田 正吾 1979/11/13 FC岐阜 2012/1/31 2011/12/13  
六車 拓也 1984/6/13 徳島ヴォルティス 2012/1/31 2011/12/20  
エルサムニー オサマ 1988/9/29 モンテディオ山形 2012/1/31 2011/12/20  
山本 剛 1984/4/11 松本山雅フットボールクラブ 2012/1/31 2011/12/27  
久保 竜彦 1976/6/18 ツエーゲン金沢 2012/1/31 2011/12/27  
滝 裕徳 1986/6/7 カマタマーレ讃岐 2012/1/31 2012/1/17  
下松 裕 1980/9/5 カマタマーレ讃岐 2012/1/31 2012/1/17  
相原 央 1984/7/11 カマタマーレ讃岐 2012/1/31 2012/1/17  
永井 篤志 1974/12/23 FC琉球 2012/1/31 2012/1/24  
松内 徹 1992/4/22 FC琉球 2012/1/31 2012/1/24  
新川 織部 1988/7/16 FC琉球 2012/1/31 2012/1/24  
鈴木 寿毅 1986/10/22 FC琉球 2012/1/31 2012/1/24  
尹 誠周 1986/6/29 FC琉球 2012/1/31 2012/1/24  
田中 康平 1985/12/11 FC琉球 2012/1/31 2012/1/24  
新崎 直哉 1986/3/12 FC琉球 2012/1/31 2012/1/24  
杉山 洋一郎 1984/10/21 FC琉球 2012/1/31 2012/1/24  

下記選手は、移籍リストから抹消しました。
    
選手氏名 生年月日 最終所属クラブ 契約
終了日 リスト
登録日 備考
加門 亮兵 1986/9/22 ファジアーノ岡山ネクスト 2012/1/31 2011/12/6 FC大阪へ移籍
--

日本サッカー協会、移籍リストに久保竜彦選手、エルサムニー・オサマ選手が。JFA第12-21号

五輪代表OAにFC東京・徳永悠平選手が!U-23日本代表 予備登録メンバー(35名)第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー競技(男子)

五輪代表OAにFC東京・徳永悠平選手が!U-23日本代表 予備登録メンバー(35名)第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー競技(男子)

FC東京・徳永悠平選手がオーバーエイジ枠の中の一人として予備登録メンバーに入りました。オーバーエイジは3人のみが予備登録されてるので、故障がなければ決定ですね。徳永悠平選手はCBも左右のサイドバックも、ボランチもできますから、便利屋のバックアップだなんて考えているのであれば・・・迷惑な話です。ってか、オリンピック代表は、オーバーエイジ3人の主役を中心にU-23が残りのポジションを埋めるっていうのがあるべき姿・・・で、あってほしいところ。U-23の穴埋めで使うなんてナメたこと考えているような気がしてなりません。徳永悠平選手の一番力の発揮できるポジションで・・・、どこなんだろう。普通に右サイドバックでいいと思うけど。身体もゴツゴツしてるから力負けは無いし。なんにせよ、スタメンフル出場させてほしい。どのポジションに入っても、彼に勝てる選手はいません。徳永悠平選手には、この大会をステップに、フル代表に復帰してほしいです。
その他のオーバーエイジはGK林彰洋選手、CB吉田麻也選手です。GKが入ったってことは、FC東京・権田修一選手は力不足ということなのでしょう。ううむ。正直言って、FC東京でも塩田仁史選手のほうがまだ正GKというイメージを持っています。ただ、権田修一選手は結構当たりまくっている神がかりなプレーに感動させられているので、第2ゴールキーパーになってしまったのはちょっと残念です。もちろん林彰洋選手は違いを出してくれることを期待します。吉田麻也選手はまあ海外組ですし、代表戦でも、TVでもよく見るのでいいのかなと。
中盤の人選はいろいろありますが、米本拓司選手が入っています。徳永悠平選手と米本拓司選手のダブルボランチで行くのもアリなんですかね。ナシだとは思いますが、せっかくFC東京から選ばれるんなら使いたいところです。

妄想すたメンバー
GK         権田修一
DF 酒井高徳 徳永悠平 吉田麻也 酒井宏樹
          米本拓司
MF 水沼宏太           原口元気
          清武弘嗣
FW   宇佐美貴史     宮市亮

ウイイレ風に配置しましたが、左サイドバックって誰がちょうどいいのかイメージが湧きません。比嘉祐介選手はドゥトラ選手とポジション争いして(ドゥトラ選手の薫陶を受けて)成長して欲しいです。私はFC東京の太田宏介選手なんか結構すきです。OAで呼ばないんですかね。

6/15 なんか原博実(無敗の日本代表監督)さんが「林彰洋選手は権田修一選手のサブ」的な発言(「権田にもし何かあった時、試合の経験値もあるということで彼を入れた」という趣旨の発言)をしたとかしないとか。どうなんでしょう。ヤフーとかのコメント読むと非難轟々です。ついでに徳永悠平選手もいらないとか言われてるし、吉田麻也選手は怪我明けなんですね。なんとも、、さぞOA人選に苦労したんでしょうね。遠藤保仁選手や中村憲剛選手、田中マルクス闘莉王選手なんかが呼ばれるのかと思っていたのですがね。彼らなら一人でも十分ネームバリューあるし、間違いなくチームの核になるでしょうし。まあこういうのは各々の妄想を膨らませるのが楽しいものです。前線はJリーグのスタメン張ってる選手や海外組も多いので楽しめそうです。決勝トーナメント目指して頑張って欲しいです。所属チーム名だけ見ても十分楽しめるメンバーです。香川真司選手はマンチェスター・ユナイテッドだし、もう五輪代表の枠には収まりませんね。


第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー競技(男子)
U-23日本代表 予備登録メンバー(35名)


選手名
生年月日 身長 体重 所属

GK
林 彰洋 ハヤシ アキヒロ HAYASHI Akihiro
1987.05.07 195cm 89kg 清水エスパルス

権田 修一 ゴンダ シュウイチ GONDA Shuichi
1989.03.03 187cm 83kg FC東京

増田 卓也 マスダ タクヤ MASUDA Takuya
1989.06.29 184cm 83kg サンフレッチェ広島

安藤 駿介 アンドウ シュンスケ ANDO Shunsuke
1990.08.10 185cm 79kg 川崎フロンターレ

DF
徳永 悠平 トクナガ ユウヘイ TOKUNAGA Yuhei
1983.09.25 180cm 76kg FC東京

吉田 麻也 ヨシダ マヤ YOSHIDA Maya
1988.08.24 189cm 81kg VVVフェンロ(オランダ)

實藤 友紀 サネトウ ユウキ SANETO Yuki
1989.01.19 178cm 73kg 川崎フロンターレ

比嘉 祐介 ヒガ ユウスケ HIGA Yusuke
1989.05.15 168cm 68kg 横浜F・マリノス

大岩 一貴 オオイワ カズキ OIWA Kazuki
1989.08.17 182cm 77kg ジェフユナイテッド千葉

山村 和也 ヤマムラ カズヤ YAMAMURA Kazuya
1989.12.02 184cm 75kg 鹿島アントラーズ

鈴木 大輔 スズキ ダイスケ SUZUKI Daisuke 
1990.01.29 181cm 78kg アルビレックス新潟

吉田 豊 ヨシダ ユタカ YOSHIDA Yutaka
1990.02.17 168cm 66kg 清水エスパルス

酒井 宏樹 サカイ ヒロキ SAKAI Hiroki
1990.04.12 183cm 70kg 柏レイソル

濱田 水輝 ハマダ ミズキ HAMADA Mizuki 
1990.05.18 185cm 80kg 浦和レッズ

酒井 高徳 サカイ ゴウトク SAKAI Gotoku
1991.03.14 176cm 74kg VfBシュツットガルト(ドイツ)

MF
山本 康裕 ヤマモト コウスケ YAMAMOTO Kosuke
1989.10.29 177cm 76kg ジュビロ磐田

清武 弘嗣 キヨタケ ヒロシ KIYOTAKE Hiroshi
1989.11.12 172cm 66kg セレッソ大阪

村松 大輔 ムラマツ タイスケ MURAMATSU Taisuke
1989.12.16 176cm 73kg 清水エスパルス

水沼 宏太 ミズヌマ コウタ MIZUNUMA Kota
1990.02.22 176cm 70kg サガン鳥栖

東 慶悟 ヒガシ ケイゴ HIGASHI Keigo
1990.07.20 178cm 69kg 大宮アルディージャ

山口 螢 ヤマグチ ホタル YAMAGUCHI Hotaru
1990.10.06 173cm 72kg セレッソ大阪

米本 拓司 ヨネモト タクジ YONEMOTO Takuji
1990.12.03 177cm 70kg FC東京

茨田 陽生 バラダ アキミ BARADA Akimi
1991.05.30 173cm 64kg 柏レイソル

扇原 貴宏 オウギハラ タカヒロ OGIHARA Takahiro
1991.10.05 184cm 72kg セレッソ大阪

宇佐美 貴史 ウサミ タカシ USAMI Takashi
1992.05.06 178cm 70kg ホッフェンハイム(ドイツ)

高木 善朗 タカギ ヨシアキ TAKAGI Yoshiaki
1992.12.09 167cm 67kg FCユトレヒト(オランダ)

FW
永井 謙佑 ナガイ ケンスケ NAGAI Kensuke
1989.03.05 177cm 74kg 名古屋グランパス

山崎 亮平 ヤマザキ リョウヘイ YAMAZAKI Ryohei
1989.03.14 171cm 66kg ジュビロ磐田

大津 祐樹 オオツ ユウキ OTSU Yuki
1990.03.24 180cm 73kg ボルシアMG(ドイツ)

齋藤 学 サイトウ マナブ SAITO Manabu
1990.04.04 169cm 64kg 横浜F・マリノス

大迫 勇也 オオサコ ユウヤ OSAKO Yuya
1990.05.18 182cm 70kg 鹿島アントラーズ

指宿 洋史 イブスキ ヒロシ IBUSUKI Hiroshi
1991.02.27 194cm 80kg セビリア・アトレチコ(スペイン)

原口 元気 ハラグチ ゲンキ HARAGUCHI Genki
1991.05.09 177cm 63kg 浦和レッズ

杉本 健勇 スギモト ケンユウ SUGIMOTO Kenyu
1992.11.18 187cm 79kg 東京ヴェルディ

宮市 亮 ミヤイチ リョウ MIYAICHI Ryo 
1992.12.14 183cm 71kg アーセナル(イングランド)

五輪代表OAにFC東京・徳永悠平選手が!U-23日本代表 予備登録メンバー(35名)第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) サッカー競技(男子)

2012年06月13日

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第3戦 日本1-1オーストラリア

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第3戦 日本1-1オーストラリア

今日はテレビ朝日の中継が18:30から、キックオフが19:00ということで、仕事終わり夕飯の買い物もそこそこにして帰宅しました。帰りは微妙に小雨。東京は先週から梅雨入しております。
昨夜は愛犬ホワイトペキニーズ・ペキンちゃんが予防接種の副作用で顔がパンパンになって苦しんでいたので、明け方まで介抱してて眠くなるのではと懸念してましたが、まだ大丈夫でした。

結構早い段階でオーストラリアの選手が負傷交代。ハーフタイム、ちょとコンビニ言ってましたら、帰ってみるとオーストラリアは一人少なくなっていました。前半からですが、ロングボールでパワープレイなオーストラリア攻撃。正直いずれゴール奪われそうな心配をしていました。けどもどうにかこうにか、冷静にクリアしてる日本。いいですねえ。
1点目は右サイドゴールライン際を本田圭佑選手がゴールポスト近くまでじわじわドリブル。そして真横にゴロゴロパス。すり抜けて、左には栗原勇蔵選手。冷静に入れましたよ!ゴール。ペキンちゃんを抱き上げ、喜びました。本田圭佑選手の果敢なアタックはワールドカップ南アフリカ大会でのアメリカ代表のドノバン選手が予選リーグ・スロベニア戦で見せたアタックを想起させました。いや、ただ単にゴールライン際でのドリブルってだけで。あれでゴール入れたのはドノバン選手でしたが、本田圭佑選手の今日のラストパスもそれぐらいの価値がありますね。
が、それも束の間。5分後にはPK。内田篤人選手がわるいらしいですが、よくわかりません。おかしな笛ってのはアジア予選の名物ですし、Jリーグも不可解な笛が多いので、腹は立ちますが、まあそんなに気持ちは動きませんでした。PK失点はしゃあないです。川島永嗣選手、29歳なんですね。かつての楢崎正剛選手や川口能活選手のような息の長い日本代表守護神になりそうですね。
オーストラリアの中盤から前目のティム・ケーヒル選手、腕に超列なタトゥーが特徴です。ちょっと気持ち悪いぐらいに刺青なので、ちょっとダーティーに見えますが、WIKIとかのエピソードを読む限りではよさそうな人です。まあ日本開催での来日時は温泉とか行けないですよね。。どうなんでしょうね。そんなシチュエーションがあれば、アウェーの洗礼とか言うんですかね。まあルームバスに入ればいいのか。

6月12日(火) 20:00(現地時間)=19:00(日本時間) / 会場:ブリスベン(オーストラリア)
オーストラリア 1-1 日本
0(前半)0
1(後半)1

得点
栗原勇蔵(後半20分)
ウィルクシャー(後半25分)

警告
ミリガン(前半25分)、ミリガン(後半11分)
栗原勇蔵(前半22分)、今野泰幸(前半29分)、内田篤人(後半23分)、本田圭佑(後半38分)、栗原勇蔵(後半44分)

退場
ミリガン(後半11分)
栗原勇蔵(後半44分)

GK: 1 シュワルツァー
DF: 2 ニール(cap)
  6 オグネノブスキ
  8 ウィルクシャー
  → 14 クルーズ(後半48分)
  11 カーニー
  13 ノース
MF: 16 バレリ
  17 マッケイ
  → 21 ルカビチャ(後半19分)
  23 ブレッシアーノ
  → 3 ミリガン(前半13分)
FW: 4 ケーヒル
  20 アレックス
サブ: 12 コー
  18 ランゲラク
  5 ウィリアムズ
  19 キルケニー
  22 スピラノビッチ
  15 ジェディナク
  7 トンプソン
  9 ケネディ
  10 キューウェル
GK: 1 川島永嗣
DF: 15 今野泰幸
  16 栗原勇蔵
  5 長友佑都
  6 内田篤人
  → 21 酒井宏樹(後半28分)
MF: 7 遠藤保仁
  17 長谷部誠(cap)
  4 本田圭佑
FW: 18 前田遼一
  9 岡崎慎司
  → 8 清武弘嗣(後半41分)
  10 香川真司
  → 2 伊野波雅彦(後半47分)
サブ: 12 西川周作
  23 権田修一
  3 駒野友一
  22 槙野智章
  14 中村憲剛
  13 細貝萌
  20 高橋秀人
  11 ハーフナー・マイク
  19 宮市亮


2014年ワールドカップ アジア最終予選 第3戦 日本1-1オーストラリア

2012年06月09日

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第2戦 日本6-0ヨルダン

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第2戦 日本6-0ヨルダン

今日は試合開始から観れる時間に帰りましたが、まだ多少明るかったので、ホワイトペキニーズ・ペキンちゃんを連れてドッグランに行ってました。19時30分キックオフだったのですが、戻ったのは20時近く。TV点けたらちょうど本田圭佑選手の2点目でした。間もなく香川真司選手のゴールも。後半早々本田圭佑選手の3点目。ハットトリックなんてキングカズ・三浦知良選手以来かなあと思ってたら、そんなような事を実況してました。そうですかそうですか。さすがキングカズさんですし、本田圭佑選手です。
最初から観てないせいで、敵一人少ないのが気づかなかった。どうりで攻撃もよくキマってました。まあゴールも6つあればそうか。あと長谷部誠選手が頭になんか巻いてましたけども。血でも吹いたんでしょうかね。あと吉田麻也選手が負傷交代してました。右膝内側靭帯を損傷したらしいのですが、どうなんでしょう。長引かないといいですね。センターバックは今野泰幸選手と吉田麻也選手が軸っぽくて、栗原勇蔵選手と伊野波雅彦選手がサブって感じですが、これを機に連携を深めて欲しいですね。まさか守備崩壊しないでしょうし。

次は最初の山場・オーストラリア戦です。アウェーですし、引き分け以上ならいいです。順調に勝っているだけにとくになしです。まあ、GK権田修一選手をたまには使ってみてはいかが。あと高橋秀人選手も。

6月8日(金)19:30 / 会場:埼玉スタジアム
日本 6-0 ヨルダン
4(前半)0
2(後半)0
得点
前田遼一(前半18分)、本田圭佑(前半21分)、本田圭佑(前半30分)、香川真司(前半35分)、本田圭佑(後半8分)、栗原勇蔵(後半44分)
警告
長谷部誠(後半27分)
アブダラー・ディーブ(前半25分)、アブダラー・ディーブ(前半27分)、バニアテヤ(後半7分)、シャフィ(後半19分)

退場
アブダラー・ディーブ(前半27分)
GK: 1 川島永嗣
DF: 15 今野泰幸
  → 2 伊野波雅彦(後半27分)
  5 長友佑都
  6 内田篤人
  22 吉田麻也
  → 16 栗原勇蔵(前半44分)
MF: 7 遠藤保仁
  17 長谷部誠(cap)
  4 本田圭佑
  → 14 中村憲剛(後半12分)
FW: 18 前田遼一
  9 岡崎慎司
  10 香川真司
サブ: 12 西川周作
  23 権田修一
  3 駒野友一
  21 酒井宏樹
  13 細貝萌
  20 高橋秀人
  11 ハーフナー・マイク
  8 清武弘嗣
  19 宮市亮
GK: 1 シャフィ(cap)
DF: 16 ファティ
  → 5 アルドメイリ(前半44分)
  19 バニヤシーン
  2 モニル
MF: 13 バニアテヤ
  4 アブデルラハマン
  6 アルムルジャン
FW: 9 アルサイフィー
  14 アブダラー・ディーブ
  10 ハイル
  → 15 アブハシャッシュ(後半32分)
  18 バワブ
  → 23 ヒジャー(後半13分)
サブ: 22 アルズビ
  12 エルアマイレー
  8 バニ・ヤシーン
  3 アルサルマン
  17 アケル
  21 ナサル
  7 アメル・ディーブ
  11 アルナワテール
  20 アルダルドール
a


2014年ワールドカップ アジア最終予選 第2戦 日本6-0ヨルダン

2012年06月04日

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第1戦 日本3-0オマーン

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第1戦 日本3-0オマーン

CSで録画してた「カックラキン大放送!!」を観て、フワフワしてて、ふとiGoogleの急上昇ワードを見たら、日本対オマーンのキーワードが上位に。ありゃあ日本代表戦だった。ちょうど前半終了してたところ。急いで近所のコンビニにルービーとマミツーを買いに行ってきた。
テレビをつけましたら、香川真司選手のパスから前田遼一選手のゴール!さすがだぜ。で続いて岡崎慎司選手のゴール。本田圭佑選手は前半でゴールしてたようで何度かリプレイ映像が出てた。やるなあ。長友佑都選手のクロスからの本田圭佑選手の左足。長友佑都選手が左サイドバックで頑張ってます。今野泰幸選手と共に元FC東京な感じが嬉しいところです。サブに伊野波雅彦選手もいますね。現役FC東京の権田修一選手、高橋秀人選手は今回は出番はありませんでした。これから長丁場での最終予選で、引き分けが続いたりしてオーストラリアに負ける、なんて展開があると嫌ですけども、この予選を通じて新たな中心選手が生まれることを期待してます。いや誰でもいいんですけど、できればFC東京から出てくれると嬉しいです。ただし、今年は呼ばないでほしい。今年はJ1残留が目標だから、面白半分に代表招集されたらつらい。ACL敗けたし、リーグに集中してもらいたいのが正直なところ。今年残留できれば、来季はちょっと目処がたちそうだから、呼んでもらうのは大歓迎です。梶山選手なんかそろそろ代表に呼んでいい頃でしょうし。
ちょっと余裕のある試合だったので、見ているこっちの緊張感が生まれませんでした。我が家のホワイトペキニーズ・ペキンちゃんはのんびり寝てました。ドッグラン疲れです。
この予選の課題は、怪我人を出さないってことですかねえ。そういえば恒例の帰化選手の話が無いですね。。いや必要ないっちゃ無いんですが、日本代表のポジションをアッサリ奪えるような外国人選手が帰化するならいいですよ。いませんかねえだれか。フッキ選手があのままJリーグにいたら、帰化申請してたのかなと思いっちゃいます。まあ今やチェルシーに行きそうだし、ブラジル代表だし。まあポルトガル代表のオファーを蹴るくらいですからあるわきゃないけど。
テレビ朝日はこの試合の後はトム・クルーズ主演の「宇宙戦争」です。DVD持ってるくせに、ちょっと観たくなった。見ませんでした。

埼玉スタジアム
日本 3-0 オマーン

1(前半)0
2(後半)0

得点
本田圭佑(前半12分)、前田遼一(後半6分)、岡崎慎司(後半9分)

警告
内田篤人(前半29分)
ファウジ・ドゥールビーン(前半9分)

GK: 1 川島永嗣
DF: 15 今野泰幸
  5 長友佑都
  6 内田篤人
  → 21 酒井宏樹(後半12分)
  22 吉田麻也
MF: 7 遠藤保仁
  → 13 細貝萌(後半41分)
  17 長谷部誠(cap)
  4 本田圭佑
FW: 18 前田遼一
  9 岡崎慎司
  → 8 清武弘嗣(後半29分)
  10 香川真司
サブ: 12 西川周作
  23 権田修一
  3 駒野友一
  16 栗原勇蔵
  2 伊野波雅彦
  14 中村憲剛
  20 高橋秀人
  11 ハーフナー・マイク
  19 宮市亮
GK: 1 アリ・アルハブシ(cap)
DF: 13 アブドゥル・サッラム・アルムハイニ
  3 ジャベル・アルオワイシ
  2 モハンメド・アルムサラミ
MF: 10 ファウジ・ドゥールビーン
  21 アハメド・ハディド
  → 4 アリ・アルジャブリ(後半19分)
  12 アハメド・ムバラク
  7 フサイン・アルハドリ
  → 16 モハンメド・アルガッサニ(後半21分)
FW: 11 サード・アルムハイニ
  6 ラエド・サレハ
  20 アマド・アルホスニ
  → 9 アブドゥル・アルマクバリ(後半20分)
サブ: 22 ハニ・サリーム
  18 ファイズ・アルルシェイディ
  5 モハンメド・アルバルシ
  19 アズナン・アルバルシ
  8 アリ・アルナハル
  23 モハメド・アルムハイニ
  15 イスマイル・アルアジミ
  14 モハンメド・アルマーシャリ
  17 ワリード・アルサーディ

グループリーグ
■グループAグループ詳細
国名 試 勝 分 負 得 失 差 点
韓国
イラン
ウズベキスタン
カタール
レバノン

■グループBグループ詳細
国名 試 勝 分 負 得 失 差 点
日本 1 1 0 0 3 0 3 3
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0
イラク 0 0 0 0 0 0 0 0
ヨルダン 0 0 0 0 0 0 0 0
オマーン 1 0 0 1 0 3 -3 0

2014年ワールドカップ アジア最終予選 第1戦 日本3-0オマーン

2012年04月14日

FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日


FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日

この日は、一日中雨でした。晴れたら間違いなく素晴らしいカードですから浦和戦ほどでなくとも、お客さんが入ったはずです。なんかFC東京ホーム開催の試合、今年はかなり雨が降っている気がします。FC東京側もそれを知っているようで、「「雨にもマケズ風にもマケズ」大作戦」を開催したようです。前日の「FC東京魂」でRAG FAIR土屋礼央さんが告知していました。

(1)「ゲートでお迎えうれしいな~ ピッチピッチチャップチャップランランラン」企画
各入場ゲートにて選手がお出迎えします。
・場所:メイン3ゲート付近、北2ゲート付近、バック2ゲート付近
・時間:12:10~12:40
※選手は当日まで未定

選手は、誰だったか、確か長谷川アーリアジャスール選手あたりが出場停止なので参加してたかと思います。ただ、私は試合開始ギリギリに行ったので会えませんでした。ざんねん。
一緒に行くメンツが都合つかなかったのが一番障害でしたが、加えて雨がかなり強かったので、最後まで悩みました。が、まあ暇だったので、我が家の大事なお友達で、ちょい前に誕生日を迎えたホワイトペキニーズ・ペキンちゃんに留守番をお願いし、出かけました。
八幡山の駅前のオオゼキでちょっとしたオヤツを購入し、いざ、飛田給駅へ。一人で行ったのは初めてです。ENEOSデーだったので先着2万名にエコバッグが配布でしたが、正面入口から入らなかったせいかゲットできず。残念。ってか、この日の入場者数19279人。もらいたかったなあ。FC東京戦でもらうグッズはけっこううれしい記念品です。エコバッグや白や黒のテディベアストラップ、プラクティス用のシャリシャリしたベストみたいなやつとか。
初めて一人で行ったのでちょっと寂しいです。雨だし。バックスタンドにしました。雨なので、席がガラガラでラクラクでした。去年の震災で放射能に怯えた勢いで買った雨ガッパ(レインコート)があるので、それを持ってい行きました。

試合はいつも詳しく見所を解説してくれる人がいるのだけど、一人だとぼーっとみちゃいます。雨の冷たさを手の甲で浴びながら、かゆいし。傘を膝下に開いて。同じ列に人はいないので、まあいいもんです。
いきなりGK権田修一選手が怪我しちゃいました。長引きます。前半途中から塩田仁史選手に交代です。私は塩田仁史選手が何となく好きで信頼している選手なので、テンションが上りました。がんばって。

鹿島アントラーズで気になる選手は、やはり我らが岩手の英雄・小笠原満男選手です(ちなみに、私の花巻市の英雄は東和町の八重樫茂生さんです。(やえがし しげお、旧名:茂夫、1933年3月24日 - 2011年5月2日)日本のサッカー選手、サッカー指導者。1968年のメキシコシティオリンピックにおいて、サッカー日本代表のキャプテンとして銅メダル獲得に貢献した「伝説のキャプテン」)。ただ今日の小笠原満男選手は、なんか迫力が無いというか、ボールを取られるシーンがよくありました。が私は常に小笠原満男選手を信頼していますから、きっと鹿島アントラーズを上位に押し上げてくれるはずです。
あとジュニーニョ選手。後半途中から出てきてくれました。彼もまたJLeagueで一時代を築いた素晴らしい選手です。今年から川崎フロンターレから鹿島アントラーズに来たばかりなので、まだまだですが、いい選手に決まっています。いや、今日は活躍してほしくなかったですけども、よくよくチャンスを作っていました。左サイドから中央に切れ込んでいいチャンスを作っていました。せめてFC東京戦では活躍してほしくなかったのですが、流石名手です。鹿島アントラーズの選手にしてみれば「頼むぜ名投手(「のび太の魔界大冒険」より)」でしょうね。

吉田寿光主審の笛はどうだったんでしょう。イエローカード9枚だそうです。あと1試合でゴールエリア内の間接フリーキックが2回。それぞれのチームで1回ずつ。なんか、ホントなんですかね。遠目でみたけどよくわかりませんでした。TV観てた方は納得だったんでしょうかね。
いや、サッカー的にどうこうじゃないです。ホームチームに有利な笛を吹くべきと思っているのです。まあ身も蓋も無いとよく言われるのですが、ファン目線でいうとそんなもんです。やりすぎてプロレスになったら最悪ですけども、そこそこホーム寄りになるのは許容範囲だと思っています。
アルゼンチンだったかブラジルだったかでは、ボールを拾う係の人が(マルチボールじゃないからか知らないけど)、わざとボールを渡すのを渋ったりすることがあるのをテレビでやってたくらいだし。いや、ボールボーイ担当の地元の高校生の皆さんがそれをやれとは言いませんよ。彼らの頑張りはスタンドで観ていてとても気持ちのいいものです。私がもし地元の高校のサッカー部員だったら、とてもいい経験になると思います。

まあ今日は負けました。せっかく行ったのに負けると悲しいです。ハーフタイム、仲間にメールしたりしてまったりしてました。寒いからビールも捗りませんね。ホットコーヒーでも作ってくればよかったかな、なんて。
もちろん今日はFC東京が負けて悲しいし悔しいですが、塩田仁史選手も見れました。鹿島アントラーズには我らの小笠原満男選手もいますので、それはそれで喜ばしいです。ジュニーニョも見れたし。
FC東京はスタートダッシュにわりかし成功している部類だと思います。サガン鳥栖もいいです。コンサドーレ札幌は少しむずかしいですが、FC東京から移籍した選手もいます(DFジェイド・ノース選手、FW近藤祐介選手。2010年はDF藤山竜仁選手がいた)し、がんばってほしいです。

前半29分 権田 修一 → 塩田 仁史
後半21分 得点:興梠 慎三
後半24分 太田 宏介 → 田邉 草民
後半24分 興梠 慎三 → ジュニーニョ
後半25分 青木 剛 → 昌子 源
後半29分 谷澤 達也 → 大竹 洋平
後半39分 得点:田邉 草民
後半49分 得点:遠藤 康

FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日 FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日土曜日

--FCTOKYO--
【緊急】4/14(土)J1リーグ第6節対鹿島アントラーズ戦 「雨にもマケズ風にもマケズ」大作戦実施のお知らせ
[4/12(木)] http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=12481

【緊急】4/14(土)J1リーグ第6節対鹿島アントラーズ戦 「雨にもマケズ風にもマケズ」大作戦実施のお知らせ
[4/12(木)]

このたび、4/14(土)J1リーグ第6節対鹿島アントラーズ戦(1:00pmキックオフ/味の素スタジアム)で、急きょ「雨にもマケズ風にもマケズ」大作戦を実施することとなりましたので、お知らせいたします。
今シーズン、FC東京の開幕からこれまでのホームゲーム2試合(3/17名古屋戦、3/31広島戦)が雨天での開催となり、予定したご来場者数を大きく下回りました。
さらに明後日4/14(土)に開催される鹿島戦も、現在の天気予報では雨マークとなっております。
そこで雨天の試合でも、ファンの皆さまに対して何か楽しいことができないかを考え、下記内容にてイベントを開催したいと思います。今回準備が間に合わずできなかった雨天企画も含め、今後もいろいろと行っていきたいと思います。
ぜひご友人・ご家族をお誘い合わせのうえ、雨天予報ではありますがご来場ください。

【内容】
(1)「ゲートでお迎えうれしいな~ ピッチピッチチャップチャップランランラン」企画
各入場ゲートにて選手がお出迎えします。
・場所:メイン3ゲート付近、北2ゲート付近、バック2ゲート付近
・時間:12:10~12:40
※選手は当日まで未定

(2)「てるてる坊主、止めてくれ!」作戦
ご来場のみなさまからオリジナルのてるてる坊主を集めて、みんなで雨が止むように祈念する企画です。
選手、スタッフが受け取りますので、上記各ゲート付近にいる選手、スタッフに直接手渡してください。
※てるてる坊主はスタジアム内に取り付ける予定です。

【備考】
味の素スタジアムは2層式(上層と下層)の屋根付きのスタジアムです。
原則すべての券種で雨に濡れないエリアがありますので、特に雨天でもご心配いりません。

○4/14(土)鹿島戦 マッチイベント「ENEOS Day」の詳細はこちら
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=12345

--FCTOKYO--

キックオフ:13:00 / 試合会場:味の素スタジアム
FC東京 1-2 鹿島アントラーズ
0(前半)0
1(後半)2
試合終了

警告・退場
田邉 草民(後半39分)
得点 興梠 慎三(後半21分)
遠藤 康(後半49分)
谷澤 達也(前半53分)
塩田 仁史(後半13分)
梅鉢 貴秀(前半40分)
興梠 慎三(前半45分)
大迫 勇也(後半33分)
岩政 大樹(後半36分)
小笠原 満男(後半38分)
ジュニーニョ(後半39分)
増田 誓志(後半52分)

10 シュート 8
17 直接FK 9
4 間接FK 4
3 CK 4
3 オフサイド 3

スターティングメンバー
FC東京
位置 背番号 選手名 交代
GK 20 権田 修一
前半29分
DF 2 徳永 悠平
3 森重 真人
6 太田 宏介
後半24分
30 チャン ヒョンス
MF 4 高橋 秀人
7 米本 拓司
18 石川 直宏
22 羽生 直剛
39 谷澤 達也
後半29分
FW 49 ルーカス
鹿島アントラーズ
位置 背番号 選手名 交代
GK 21 曽ヶ端 準
DF 3 岩政 大樹
4 山村 和也
7 新井場 徹
22 西 大伍
MF 15 青木 剛
後半25分
25 遠藤 康
27 梅鉢 貴秀
40 小笠原 満男
FW 9 大迫 勇也
後半48分
13 興梠 慎三
後半24分
ベンチ入り選手 ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 塩田 仁史
前半29分
DF 16 丸山 祐市
33 椋原 健太
MF 19 大竹 洋平
後半29分
27 田邉 草民
後半24分
FW 11 渡邉 千真
13 平山 相太
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 佐藤 昭大
DF 5 アレックス
23 昌子 源
後半25分
MF 10 本山 雅志
11 ドゥトラ
14 増田 誓志
後半48分
FW 8 ジュニーニョ
後半24分
観客数 19279人 気温 10.3度 主審 吉田 寿光
芝状況 全面良芝水含み 湿度 87% 副審 相樂 亨
天候 雨 風 無風 副審 穴井 千雅

FC東京 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ Jリーグ2012 第6節 4月14日

2011年11月03日

FC東京 FC東京1-1東京ヴェルディ ルーカス選手ゴール、土屋選手ゴール。東京ヴェルディのほうがいきいき。FC東京、来季昇格しても残留争いになりそうな感じ。

FC東京 FC東京1-1東京ヴェルディ ルーカス選手ゴール、土屋選手ゴール。東京ヴェルディのほうがいきいき。FC東京、来季昇格しても残留争いになりそうな感じ。

今季ようやくFC東京の試合を観に味の素スタジアムへ。この日はテディベアデー。去年は2010/11/06で、黒いテディベアのストラップをもらったので、今年も!と思い、いざスタジアムスタジアム。先着2万名に配布されるストラップがもらえなかって、どうしたかとおもいきや、35000人を超える入場者数(35911人)。すごい。さすがダービー。どおりで京王線飛田給駅からスタジアムまでの道はまるで日本代表の試合のような混雑でした。

ホームS席です。去年J1の試合でも地味なカードだとガラガラでのびのび応援できるのですが、J2の数少ない好カードなので周りがぎっちり人が入ってました。
好カードといっても、東京ダービーだからってだけで、別に東京ヴェルディが強いってことは無いし、たいしたいい選手や外国人助っ人がいるってわけでもないし、、、と思っていました。試合がはじまるまでは。
東京ヴェルディでベンチ入りしたメンツで、私があらかじめプレイを含めて知っていた選手は、元日本代表FWの巻誠一郎選手。スキンヘッドのDF・土屋征夫選手、元川崎フロンターレの森勇介選手あたりまで。あとは名前は聞くし好素質らしいとしかWEB記事・雑誌記事等でしか知らない選手たち。スタメンはオール日本人です。マラニョン選手は途中で出てきました。
全体的に東京ヴェルディの選手のほうがよく走り、ちゃんとFC東京のボール持ってる選手を追い詰めてボール奪うし、10番くんが小さいけれどもよく動いて頑張ってました。それがずっと。前半から。先制こそFC東京・ルーカス選手が入れてくれたけども、けっして押せ押せムードで大量得点のにおいがあったわけではないです。もちろん、ルーカス選手のゴールには飛び跳ねて喜びまして、やったぜーの絶叫でしたよ。寒い中ビールも美味しく。八幡山駅前で買った唐揚げも味わい深いでした。
FC東京はどうも攻めが面白くない。左サイド行く時は谷澤達也選手任せ。右サイド行く時は徳永悠平選手とその前目の選手とのやりとりから前に行って適当にセンタリングしてルーカスにあわなくて左サイドにいる羽生直剛選手か谷澤達也選手が取って下げてもやもや。ってのの繰り返し。FC東京の10番・梶山陽平選手は、たまにペナルティエリア内で良い感じのトラップからどうするのかと思いきやどうもしないで終わっちゃう流れ。中盤の高橋秀人選手や左サイドバックの椋原健太選手はまだなんか。田邊草民選手は梶山陽平よりはアタックしてた感じ。
もう一人のブラジル人FW・ロベルト・セザー選手は話しによるとフィットしてなくて交代要員のようです。使われ方が何か去年までいたリカルジーニョ選手(2011年はブラジルのポンチ・プレッタ (Associação Atlética Ponte Preta)所属)のような扱いです。ようは持て余してるって感じ。入った頃はすげーいいフィニッシュまでいけるドリブラーだと思ったんだけども。出来ればJ1でも使って欲しい。ルーカス選手は来季もいそうだけども、ガンバ大阪が放出したってことはやっぱしちょとJ1でどうかって思われるし。ああ、でもルーカス選手は間違いなくアマラオの後のミスター・トーキョーの冠に相応しい人格と能力を持った選手だと思います。ロベルト・セザー選手も若いですし長く使えば中東が動き出すぐらいの選手だと思いますが・・・。去年リカルジーニョをうまく使えてない大熊監督&FC東京ですからねえ。途中で入ったあと二人、石川直宏選手と坂田大輔選手は先発で使わないんですかねえ。
GKは塩田仁史選手を使ってもらいたいんですが、権田修一選手でした。いや、権田修一選手が出ると勝ってないイメージがあります。今季。気のせいかは調べてないので滅多なことはいえないか。。でも塩田仁史選手のほうが安心感があります。
東京ヴェルディは10番くん菊岡拓朗選手がよかったです。37番中谷勇介選手あたりも。みな良く走り押せ押せでした。東京ヴェルディは川勝良一監督がやってるんですね。なんか東京ヴェルディのほうが良い感じにまとまったチームでした。補強すれば来季あっさり昇格するかもわかんないですねえ。
それに比べてFC東京は昇格はするとは思いますが、近年の昇格チームの上位争い、柏レイソルやセレッソ大阪のようなことにはならなそうです。ワールドカップ直前までの岡田ジャパンの気持よくない感じみたいです。
まあ、TOKYO MX * スポーツ 「F.C.TOKYO魂」で土屋礼央さんが盛り上げてくれればいいかな。ゆってぃさんがこのまえワカチコワカチコやってたのがちょっとだけ味わい深かったです。

11/3のヤフートピックスでヴィッセル神戸の大久保嘉人選手が契約満了になるからってFC東京が来季獲得を狙ってるとか。赤嶺真吾選手をベガルタ仙台に放出しといて大久保嘉人選手なんですかね。鈴木達也選手や坂田大輔選手もいるのに。高松大樹選手はいらないのでしょうかね。どうせ獲得するなら、アレッサンドロ・デル・ピエロ選手を獲得するとかするならいろんな意味で、有意義な獲得だと思うんですがね。もっと本音で言うと、ちゃんとした監督(コーチ陣を含む)を連れてきてほしいです。

キックオフ:13:00 / 試合会場:味の素スタジアム
FC東京 1 1(前半)0
0(後半)1
1 東京ヴェルディ
試合終了
ルーカス(前半46分)
得点 O.G.(後半16分)
高橋 秀人(後半46分)
坂田 大輔(後半47分)
梶山 陽平(後半50分)
警告・退場 中谷 勇介(前半14分)
巻 誠一郎(前半22分)
マラニョン(後半20分)
菅原 智(後半49分)
15 シュート 5
19 直接FK 12
4 間接FK 1
8 CK 3
1 オフサイド 2

試合経過
FC東京 時間 東京ヴェルディ
前半14分 中谷 勇介
前半22分 巻 誠一郎
得点:ルーカス
前半46分
1-0
後半0分 菊岡 拓朗河野 広貴
後半12分 中谷 勇介マラニョン
後半16分
1-1 O.G.
田邉 草民石川 直宏
後半20分 マラニョン
羽生 直剛坂田 大輔
後半33分
後半38分 高橋 祥平菅原 智
ルーカスロベルト セザー
後半42分
高橋 秀人
後半46分
坂田 大輔
後半47分
後半49分 菅原 智
梶山 陽平
後半50分
:得点 :交代 :警告 :退場 :累積警告の為退場 O.G.:オウンゴール

FC東京
位置 背番号 選手名 交代
GK 20 権田 修一
DF 2 徳永 悠平
3 森重 真人
6 今野 泰幸
33 椋原 健太
MF 4 高橋 秀人
10 梶山 陽平
27 田邉 草民
後半20分
39 谷澤 達也
FW 22 羽生 直剛
後半33分
49 ルーカス
後半42分

ベンチ入り選手 ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 塩田 仁史
DF 14 中村 北斗
MF 17 永里 源気
18 石川 直宏
後半20分
32 上里 一将
FW 9 ロベルト セザー
後半42分
38 坂田 大輔
後半33分

東京ヴェルディ
位置 背番号 選手名 交代
GK 26 柴崎 貴広
DF 14 富澤 清太郎
17 土屋 征夫
18 森 勇介
22 和田 拓也
MF 5 佐伯 直哉
10 菊岡 拓朗
後半0分
23 高橋 祥平
後半38分
37 中谷 勇介
後半12分
FW 19 阿部 拓馬
41 巻 誠一郎


GK 34 新井 章太
DF 2 福田 健介
20 深津 康太
MF 6 菅原 智
後半38分
7 河野 広貴
後半0分
13 井上 平
FW 11 マラニョン
後半12分


観客数 35911人 気温 18.4度 主審 早川 一行
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 50% 副審 入部 進也
天候 晴れ 風 弱風 副審 聳城 巧

2011年08月28日

かつてアーセナル(1998-2007)のヒーローの一人だったフレドリック・リュンベリ(Karl Fredrik Ljungberg)、清水エスパルスに移籍。

かつてアーセナル(1998-2007)のヒーローの一人だったフレドリック・リュンベリ(Karl Fredrik Ljungberg)、清水エスパルスに移籍。

アーセナル黄金期(リーグ優勝してた、アンリやベルカンプがいた頃)の立役者の一人、フレドリック・リュンベリが清水エスパルスと契約したそうです。これは久々に強烈なニュースです。かつてフローデ・ヨンセンが日本に来た時は、ピンとこなかったですがかなりの大物でした。今回は大好きなアーセナルにかつて所属していた大物です。FC東京ファンですが、清水エスパルスも同列に応援したいチームになりました。東京近郊での試合は川崎フロンターレ戦ですかね。行きたいなあ。
年金リーグ扱いでもいいから、円高の今、引退間近の大物選手獲得は集客力もあると思いますし是非やってほしいです。ティエリ・アンリもUSAで活躍してますが、そこを狙ってほしい。あとガナーズ&スーパーイーグルス大好きっ子としては、ヌワンコ・カヌも来てほしいです。

所属クラブ
1994-1998 ハルムスタッドBK
1998-2007 アーセナルFC
2007-2008 ウェストハム・ユナイテッドFC
2008-2010 シアトル・サウンダーズFC
2010 シカゴ・ファイアー
2011 セルティックFC
2011- 清水エスパルス

タイトル
クラブ
ハルムスタッドBK
アルスヴェンスカン (1): 1997
スウェディッシュ・カップ (1): 1995
アーセナルFC
プレミアリーグ (2): 2001-02, 2003-04
FAカップ (3): 2002, 2003, 2005
コミュニティシールド (1): 1999
シアトル・サウンダーズFC
USオープンカップ (1): 2009

2011年08月10日

ザッケローニ監督の日本:日本 3-0 韓国 キリンチャレンジカップ2011

ザッケローニ監督の日本:日本 vs 韓国 キリンチャレンジカップ2011

キリンチャレンジカップ2011日本代表戦の君が代独唱はアクアタイムズ(Aqua Timez)のボーカルの太志(ふとし)さん。彼の特長的な高い声が活きなかったのがとても気の毒です。太志さんにとってもかなりのキリンチャレンジ2011でした。それにしても、君が代を様々な歌手・タレントに歌っていただくのは、毎回の小さなサプライズで楽しみなのですが、君が代の曲自身の歌いにくさ(男女関係なく、キーが高い人は君が代を歌うのは絶対に困難。高いキーで歌うならちゃんとしたソプラノ歌手じゃないと難しい)は、日本人なら誰でも理解してます。太志さんの良さを出すにはあのキーではじめなきゃいけなかった。でも、君が代をちゃんと歌うなら、低いキーで歌い始めるべきでした。が、それじゃあ彼に君が代独唱を依頼する意味がない。太志さん自身も、自分が選ばれた意味を悩まれたのではないかと思ってしまいます。自分の声を殺して無難にいくか、ちょっと苦しくても自分のキーで行くか。彼を責めるのは酷です。君が代歌い手の人選は、しっかりしてほしい。君が代独唱を依頼する側が「歌手なら君が代を上手く歌えて当たり前」なんて雑に依頼するのは失礼です。君が代がどんな曲かを理解した上で、誰に歌っていただくかを綿密にスカウティングすべきです。スタジアムの観客やTV視聴者は事前に君が代を歌う人を知らないわけだから、チケットの売上には関係無いんだし、名もないオペラ歌手でもいいと思います。ファンサービスでタレントを呼ぶんなら、海外のチャリティマッチでみましたが、試合前&ハーフタイムショーとしてミニライブをしていただくなどがよろしいかと思います。
スタジアムで起立して君が代斉唱ってのはとても気持ちの良い、テンションを上げる儀式です。TVの前でも背筋が伸びますね。

松本山雅FCの松田直樹選手が亡くなって間もない今日の日本代表戦。試合前に黙祷を捧げました。TVの前で起立して黙祷しました。だから、1点目が入った時は、目頭が熱くなりました。

初登場の清武弘嗣選手はなかなかいい感じでした。香川真司選手、本田圭佑選手、両方冷静に、きちんと決めたのが素晴らしいかった。なんか日本のほうが一枚も二枚も上手だった。今日は怪我さえなければ負けてもいいいと思っていたけども。

8月10日(水)19:30 / 会場:札幌ドーム
日本 3-0 韓国
1(前半)0
2(後半)0
香川真司(前半35分)、本田圭佑(後半8分)、香川真司(後半10分)
警告
キ・ソンヨン(前半18分)、イ・ジェソン(後半4分)
退場

GK: 1 川島永嗣
DF: 3 駒野友一
  → 16 槙野智章(後半11分)
  15 今野泰幸
  6 内田篤人
  20 吉田麻也
MF: 7 遠藤保仁
  → 14 家長昭博(後半28分)
  17 長谷部誠
  → 22 阿部勇樹(後半21分)
FW: 19 李忠成
  9 岡崎慎司
  → 11 清武弘嗣(前半36分)
  18 本田圭佑
  10 香川真司
  → 13 細貝萌(後半40分)
サブ: 23 東口順昭
  12 西川周作
  4 栗原勇蔵
  2 伊野波雅彦
  21 柏木陽介
  8 松井大輔
  24 森本貴幸

GK: 1 チョン・ソンリョン
DF: 3 イ・ジェソン
  4 キム・ヨングォン
  → 12 パク・ウォンジェ(前半25分)
  → 2 パク・チュホ(前半37分)
  14 イ・ジョンス
  22 チャ・ドゥリ
MF: 6 イ・ヨンレ
  → 24 キム・シンウク(後半7分)
  8 キム・ジョンウ
  → 20 ナム・テヒ(後半39分)
  13 ク・ジャチョル
  16 キ・ソンヨン
FW: 10 パク・チュヨン(cap)
  → 19 ユン・ビッカラム(後半13分)
  11 イ・グノ
  → 7 キム・ボギョン(後半7分)

サブ: 21 キム・ジンヒョン
  23 キム・ヨングァン
  5 カク・テヒ
  18 チョ・ヨンチョル
  15 パク・ヒョンボム

2011年07月18日

日本2-2米国(PK3-1) 女子ワールドカップ ドイツ2011 7月17日(日) 20:45(現地時間)=27:45(日本時間) / 会場:フランクフルト(ドイツ)なでしこ 日本代表 ユニフォーム

FIFA WOMEN'S WORLD CUP GERMANY 2011
日本2-2米国(PK3-1) 女子ワールドカップ ドイツ2011 7月17日(日) 20:45(現地時間)=27:45(日本時間) / 会場:フランクフルト(ドイツ)

FIFA 女子ワールドカップ2011 ドイツ大会 決勝

 日本 2-2 アメリカ  [フランクフルト]
0-1 Alex MORGAN(後24分)
1-1 宮間あや(後36分)
<延長戦>
1-2 Abby WAMBACH(延長・前14分)
2-2 澤穂希(延長・後12分)
■ 日本、岩清水梓が一発レッドで退場(延長・後15+1分)
<PK戦> 日本 3-1 アメリカ
アメリカ ×  ×  ×  ○
日本.   ○  ×  ○  ○
    宮間 永里 阪口 熊谷

◆ 日本女子  佐々木則夫監督
GK 21 海堀あゆみ(INAC神戸レオネッサ)
DF 2 近賀ゆかり(INAC神戸レオネッサ)
   3 岩清水梓(日テレ・ベレーザ)
   4 熊谷紗希(1.FFCフランクフルト/ドイツ)
   15 鮫島彩(ボストン・ブレイカーズ/アメリカ)
MF 6 阪口夢穂(アルビレックス新潟レディース)
   8 宮間あや(岡山湯郷Belle)
   10 澤穂希(INAC神戸レオネッサ)(Cap)
   11 大野忍(INAC神戸レオネッサ) → 18 丸山桂里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉)(後21分) → 20 岩渕真奈(日テレ・ベレーザ)(延長・後14分)
FW 7 安藤梢(FCR2001デュイスブルク/ドイツ) → 17 永里優季(1.FFCトリビューネ・ポツダム/ドイツ)(後21分)
   9 川澄奈穂美(INAC神戸レオネッサ)


AM3:00まで頑張って起きてました。ヘッドフォンをしたまま寝てしまってました。
目覚めると、メガネかけるまでもなく、日本1-2米国。メガネかけたらもう延長後半。むむむ。
ペキンちゃんが、おしっこ上手にできたヨって言ったからご褒美あげつつ、コーナーキック。澤のゴール。
完全に目覚めました。最後のロスタイム直前、レッドカードをもらったけど、よくこらえたなと思います。
そしてPK。PKは常にリードして終わったので凄く気持よかった。
海堀あゆみ選手もよく止めました。
同点ゴールの宮間もよく詰めたゴールだったんですね。
佐々木監督はなんとも優しげな雰囲気ですがどんな人物なんでしょうね。どうしても日本女子バレーの監督のように顔つきまでスパルタな人物が先に浮かんじゃうので。まあ佐々木監督はさらに長期政権になるのは間違いないですね。
田舎にメールしたら、うちの父も大騒ぎだったよう。ワールドカップは女子のほうが先に優勝だろうなと思ってたけども、それはあくまで妄想の世界だった。澤穂希選手が現役のうちに優勝できてよかったなとしみじみ思いました。キングカズと同じぐらいの大物・クイーンサワですからねえ。
まさかにこんなに早く、生きているうちに優勝の映像がみれるとは思わなかったです。
2011年3月11日の東日本大震災から立ち直るきっかけの一つになると思います。嬉しいです。

日本女子-米国女子
2 - 2
0(前半)0
1(後半)1
0(延長前半)1
1(延長後半)0
3(PK)1

宮間あや(後半35分)、澤穂希(延長後半12分)
得点
モーガン(後半24分)、ワンバック(延長前半14分)
宮間あや(延長前半7分)
警告

岩清水梓(延長後半16分)
退場

K: 21 海堀あゆみ
DF: 2 近賀ゆかり
  3 岩清水梓
  4 熊谷紗希
  15 鮫島彩
MF: 6 阪口夢穂
  8 宮間あや
  9 川澄奈穂美
  10 澤穂希(cap)
FW: 7 安藤梢
  → 17 永里優季(後半21分)
  11 大野忍
  → 18 丸山桂里奈(後半21分)
  → 20 岩渕真奈(延長後半14分)
サブ: 1 山郷のぞみ
  12 福元美穂
  5 矢野喬子
  14 上尾野辺めぐみ
  16 田中明日菜
  13 宇津木瑠美
  19 高瀬愛実

GK: 1 ソロ
DF: 3 ランポーン(cap)
  6 レ・ペイルベット
  11 クリーガー
  19 ベーラー
MF: 7 ボックス
  9 オーライリー
  10 ロイド
  15 ラピノー
  → 17 ヒース(延長後半9分)
FW: 12 チェニー
  → 13 モーガン(後半0分)
  20 ワンバック
サブ: 18 バーンハート
  21 ロイデン
  2 ミッツ
  4 サウアーブラン
  14 コックス
  5 オハラ
  16 リンジー
  8 ロドリゲス





2011年07月01日

FC東京 アトレチコ・パラナエンセ所属のルーカス・セベリーノ選手(32)がFC東京に復帰(2011年6月30日)。ペトロ・ジュニオール選手はレンタル契約解除(2011年6月11日)。

FC東京 アトレチコ・パラナエンセ所属のルーカス・セベリーノ選手(32)がFC東京に復帰(2011年6月30日)。ペトロ・ジュニオール選手はレンタル契約解除(2011年6月11日)。

あのルーカス選手が戻ってきた。これでブラジル人3人目かーと思ったら、ペトロ・ジュニオール選手、怪我が癒えなかったようで、レンタル契約解除になっていました。
ルーカス選手はバリバリの点取り屋のイメージは無いですが、ガンバ大阪での活躍のイメージが良いので、期待してます。ロベルト・セザー選手とのツートップになるのかしらね。楽しみです。

所属クラブ ルーカス・セベリーノ選手
1995年 - 1997年 ボタフォゴFC
1998年 - 2000年6月 アトレチコ・パラナエンセ
2000年7月 - 2003年12月 スタッド・レンヌ
2002年7月 - 2002年12月 クルゼイロEC (レンタル移籍)
2003年1月 - 2003年6月 コリンチャンス (レンタル移籍)
2004年 - 2007年 FC東京
2008年 - 2010年 ガンバ大阪
2011年 アトレチコ・パラナエンセ
2011年7月- FC東京

--
(FC TOKYO)
ルーカス選手 移籍加入決定のお知らせ
[6/30(木)]

この度、ルーカス選手のFC東京への加入が決定いたしましたので、お知らせいたします。

□ ルーカス選手プロフィール
【氏   名】 ルーカス セベリーノ(Lucas Severino)
【ポジション】 FW
【生年月日】 1979年1月3日(32歳)
【出   身】 ブラジル
【身長/体重】 183cm/77kg
【前所属チーム】ボタフォゴSP(ブラジル) ⇒ アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル) ⇒ レンヌ(フランス) ⇒ クルゼイロ(ブラジル)※期限付き移籍 ⇒ コリンチャンス(ブラジル) ※期限付き移籍 ⇒ レンヌ(フランス) ⇒ FC東京(J1) ⇒ ガンバ大阪(J1) ⇒ アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)

【代表歴】ブラジルU-20代表
      ブラジルU-23オリンピック代表
      ※2000シドニーオリンピック出場 14試合 3得点(南米予選含む)

【出場記録】※2011年6月30日現在 ※Jリーグのみの記録 <合 計>
J1 リーグ戦/200試合69得点、カップ戦/30試合10得点、天皇杯/23試合13得点

【本人のコメント】
『また東京に戻ってプレーできることを大変嬉しく思っております。ファン・サポーターの皆さまとたくさんの喜びをともにしたいと思っています。皆さんも私も、目標は同じくJ1昇格です。一緒に戦って、必ずJ1昇格を成し遂げたいと思っています。応援よろしくお願いします』
(FC TOKYO)

ペドロ ジュニオール選手 契約解除のお知らせ
[6/17(金)]

この度、ペドロ ジュニオール選手との契約につきまして、両者合意のもと解除することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

□ ペドロ ジュニオール選手プロフィール
【氏   名】 Pedro Bispo Moreira Junior(ペドロ ビスポ モレイラ ジュニオール)
【ポジション】 FW
【生年月日】 1987年1月29日(24歳)
【出   身】 ブラジル
【身長/体重】 183cm/72kg
【前所属チーム】ヴィラノヴァ(ブラジル) ⇒ グレミオ(ブラジル)⇒ クルゼイロ(ブラジル) ⇒ サンカエターノ(ブラジル)⇒ 大宮アルディージャ ⇒ ヴィラノヴァ(ブラジル)⇒ アルビレックス新潟 ⇒ ガンバ大阪 ⇒ スポルチ・レシフェ(ブラジル)

【出場記録】※2011年6月17日現在 <合 計>
J2 リーグ戦/2試合0得点
J1 リーグ戦/45試合15得点、カップ戦/6試合1得点、天皇杯/3試合2得点

【本人コメント】
『短い間でしたが、温かいご声援ありがとうございました。ケガが治らずチームを離れることとなり、貢献できず非常に残念に思います。チームからは離脱してしまいますが、東京が優勝して1年でJ1復帰することを心より願っておりますし、これからも応援しています。ありがとうございました』
(FC TOKYO)

2011年06月25日

FC東京 水戸ホーリーホック2-3FC東京 石川直宏もゴール。そろそろ掌返しして大熊清監督を応援する頃かしら。

BS1ではヴァンフォーレ甲府VS柏レイソル。柏レイソルのMF田中順也選手の右サイドからの左足ミドルシュート。豪快に決まりました。いい選手ですねえ。今シーズン7点目。代表には呼ばれないのかしら。柏レイソルは昨年J2だったのに、どうしてどうして大活躍。ネルシーニョ監督の効果はデカイのでしょうね。という間に2点目も田中順也選手。左足でカンフーキックじゃなくて、ちょいと当ててゴールに押し込みましたよ。今季8点目。
大熊清監督には柏レイソルのネルシーニョ監督やセレッソ大阪のレヴィー・クルピ監督のような、なんつーか、J1でもいきなり起動に乗るような強さを作ってくれるかどうかが気になるのです。何をって言われても困るけど。開幕数試合の勝てない状況で、大熊清監督には辞めてもらいたいなと強く思った手前、半信半疑ですが、3連勝されますとちょっと掌返ししてもいいかなと気持ちが揺れました。
で、今日は石川直宏選手も出て、ゴールを決めてくれたみたいでとても嬉しいです。梶山陽平選手もPKを決め、森重真人選手も入れた。
今シーズンはTVもMXTVでやらないと見れないし、味の素スタジアムも観たいカードが少ないので足が重くなってます。横浜FCがキングカズ・三浦知良選手が観れるなら行きたいな。
ま、何にせよ「トーキョー魂」のオープニングでの土屋礼央さんのコメントが楽しみです。

↓Wikipedia 201106頃
元日本代表監督のイビチャ・オシムは南アフリカワールドカップ前のスカパーで放送されたインタビューにおいて、インタビュアーが「川口能活が陰のリーダー、ベンチのリーダーとして期待されているが」と問いかけたのに対して、オシムは「ベンチのリーダーは大熊がいる」と評価したらしい。
↑Wikipedia 201106頃

キックオフ:16:00 / 試合会場:ケーズデンキスタジアム水戸
水戸ホーリーホック
2 0(前半)0   2(後半)3  3 FC東京


GK 1 塩田 仁史
DF 2 徳永 悠平
3 森重 真人
6 今野 泰幸
14 中村 北斗
MF 4 高橋 秀人
10 梶山 陽平
27 田邉 草民
後半26分
39 谷澤 達也
FW 9 ロベルト セザー
後半39分
22 羽生 直剛
後半45分

GK 31 常澤 聡
DF 33 椋原 健太
MF 18 石川 直宏
後半26分
19 大竹 洋平
後半45分
32 上里 一将
35 下田 光平
FW 11 鈴木 達也
後半39分

GK 1 本間 幸司
DF 2 岡田 佑樹
3 保崎 淳
4 尾本 敬
20 塩谷 司
MF 6 西岡 謙太
7 小池 純輝
後半25分
8 村田 翔
15 島田 祐輝
FW 10 遠藤 敬佑
後半37分
11 常盤 聡
後半8分

GK 23 小野 博信
DF 5 加藤 広樹
25 代 健司
MF 22 小幡 純平
後半25分
24 ロメロ フランク
後半8分
FW 13 岡本 達也
19 神村 奨
後半37分

観客数 5021人 気温 21.4度 主審 山内 宏志
芝状況 不良乾燥 湿度 81% 副審 抱山 公彦
天候 曇り時々晴れ 風 中風 副審 木川田 博信

2010年11月08日

FC東京1-1G大阪、痛恨&大善戦&奇跡のドロー。2010年11月6日(土曜日)15:05

FC東京1-1G大阪、痛恨&大善戦&奇跡のドロー。2010年11月6日(土曜日)15:05

2010年11月6日(土曜日)行ってきました飛田給。この日は15:05からなので、調布でお昼にしました。「たけちゃんにぼしらーめん」です。ツレが持って来たラーメン本に載っていたので。塩味をオーダー。超うまかった。その後、駅の近くの西友でオツマミ&お惣菜を買っていざ、飛田給。
テディベア・デーだとのことで、エディベアのストラップを配ってた。ストラップの入っている袋に抽選番号の紙が入ってて、ハーフタイムに抽選。ツレがテディベアの人形(黒いテディベアにFC東京のユニフォームを着けたもの)が当たってました。抽選番号は「22」。400名様ですと。その日は27000人超も入ってた。

14:00ちょい前に席についた。SS席。グラウンドでは、キッズがミニサッカーをしている。コートを4つ作って。14:00になるや、終了。会場、拍手。
今日は寒いかと思って、ホッカイロや厚手のジャケット、毛糸帽など万端だったけど、寒くない。。失敗かと思ったけど、後半は冷えた。カイロをGパンの上から両モモ上に貼った。あったかい。

今日はG大阪。こっちには大黒将志選手がいるし、向こうには加地亮選手、中澤聡太選手がいる。勝負ですね。。向こうはスターぞろい。遠藤保仁選手をはじめ、最近売り出し中の宇佐美貴史選手や和製アンリの平井将生選手も。練習風景を観てたら、遠藤保仁選手がいる。G大阪の選手としてははじめて観た。けっこうガッシリしてる感じがした。なんか勝手にヒョロイイメージあったのだけど。敵選手としての遠藤保仁選手ってこわいです。実際ヒヤヒヤでした。

試合。全体的にガンバ大阪がパス回ししつつ押してて、FC東京は左サイド攻め。中村北斗選手は左サイドバックー。だいたいが、前節復帰の米本拓司選手あたりから羽生直剛選手に渡って、平山相太選手が持ちすぎてドリブルしてセンタリングともなんとも、でゴールライン割ってコーナーキック取れたら石川直宏選手が蹴って、の感じ。もう一つのかたちは、右サイドの石川直宏選手がドリブルして中に切れこんで左足でシュート。鋭い。
ガンバ大阪は遠藤保仁選手と右前サイドの橋本英郎選手がどんどん前に前に。または左サイドの安田理大選手の突破&センタリング。左サイドはたいてい怖くなかったが、ファウルもらうと遠藤保仁選手のフリーキック。遠藤保仁選手のフリーキックってものすごい緊張感がある。FC東京にはそこまで強烈なのって、、、ちょっと出てこない。石川直宏選手か今日出てない梶山陽平選手かな。

ゴールは意外にもFC東京。先制。大黒将志選手のヘディングシュート。左サイドの羽生直剛選手のクロス。やー綺麗に決まりましたよ。大盛り上がり。

米本拓司選手は、やっぱりいい選手。曽ヶ端準選手を細くした感じの風貌で、ボール奪取して前に前に。何度かファウルくらってたから、ハラハラした。ただ、ディフェンスはよくわからない。やっぱ石川直宏選手のドリブルシュートがカッチェえ。

ハーフタイム、青と赤のテディベアと東京ドロンパくんがバックスタンド前とFC東京ゴール裏でダンスパフォーマンス。上手でした。

後半、前半と変わらずな展開だけど、ガンバ大阪のほうが押してる。やばい時間帯も多い。こっちが攻めてるハマってる時もあるのだけど、決まらない。そうこうしているうちに、大黒将志選手OUT、INリカルジーニョ選手。あれ、大黒将志選手下げちゃうんだ。。リカルジーニョ選手って左サイドのドリブラーというかなので、実質平山相太のワントップかな、と心配。その前に羽生直剛選手OUT、IN松下年宏選手だったので。ずっとピンチでした。あいかわらずだけど。で、よりによって中澤聡太選手のゴール。いやはやナイスゴール。中澤聡太選手もだけど、FC東京出てって活躍するディフェンダーの多いことよ。そのことよ。くやしき。
結果、引き分け。痛恨&大善戦&奇跡のドロー。贅沢言ってはいけないのだけどねえ。

今日はFC東京は鈴木達也選手はいませんでした。まだ怪我治ってないんでしょうか。けっこう気に入っている選手なので早く治って戦力として戻ってきて欲しい。なにせ、リカルジーニョ選手が今ひとつなので。リカルジーニョことリカルド・アウベス・ペレイラ選手は三遊亭小遊三師匠のような風貌で、蛍光イエローのシューズでチャカチャカ動く選手。いつのまにか左サイドの控え?で定着している。U-16,17,20ブラジル代表だったらしいけど、このままだとちょっと来季は難しい。今年は不動のレギュラーに成長できた外国人選手がいなかった感じ。ミスター・トーキョーと呼ぶにふさわしい外国人選手を来季は持って来て欲しい。円高なんだから。大黒将志選手、平山相太選手のツートップはもっとよくなると思う。ただ、平山相太選手は大きくて、遅い。そしてのろのろとボールを持ってテクニックで勝負してるところがある。とても可愛げがあっていい。ヌワンコ・カヌー選手のようなでかいテクニシャンになってほしい。石川直宏選手と絡むところもたのしい。

外国人選手獲得するなら、層が薄すぎるディフェンシブミッドフィルダーに米本拓司選手を育てるようないい感じの人が欲しい。本当は米本拓司選手が長期離脱ってわかった時点で浅利悟広報を戻して欲しかったのだけど。

あと、ブルーノ・クアドロス選手の代役になるディフェンダー。去年の選手でなぜ切ったのかわからなかった選手の一人だったから。彼はキプロス?で現役続行中だそうだ。

フォワードはどうだろう。平山相太選手・大黒将志選手のツートップで、どちらかを控えに追いやるような選手がいい。大黒将志選手選手とツートップを組める選手でゴール量産できる選手が理想。試合前の大画面でミスター・トーキョーの系譜というか、助っ人ストライカーの映像が流れていた。アマラオは確かにインパクトはあったったけど、それ以降はあまり良くなかったと思う。リカルジーニョ選手は石川直宏選手や羽生直剛選手のような選手になるといいですねえ。

味スタ
FC東京 試合終 G大阪
1 1 前 0 1
0 後 1
得点:1-0 大黒 将志(前20分)
得点:1-1 中澤 聡太(後37分)


ックオフ:15:00 /試合会場:味の素スタジアム
FC東京
1 1-0
0-1 1
ガンバ大阪
試合終了
大黒 将志(前半20分)
得点 中澤 聡太(後半37分)
森重 真人(後半49分)
警告・退場
高木 和道(後半27分)
15 シュート 11
12 直接FK 9
1 間接FK 3
10 CK 5
3 オフサイド 1
試合経過

FC東京 時間 ガンバ大阪
得点:大黒 将志
前半20分
1-0
後半0分
平井 将生 宇佐美 貴史
羽生 直剛 松下 年宏
後半26分

後半27分
警告:高木 和道
大黒 将志 リカルジーニョ
後半29分
橋本 英郎 ルーカス
後半37分
1-1
得点:中澤 聡太
後半43分
二川 孝広 佐々木 勇人
警告:森重 真人
後半49分


FC東京 スターティングメンバー

位置 背番号 選手名 交代
GK 20 権田 修一
DF 33 椋原 健太
DF 3 森重 真人
DF 6 今野 泰幸
DF 14 中村 北斗
MF 2 徳永 悠平
MF 7 米本 拓司
MF 18 石川 直宏
MF 22 羽生 直剛
後半26分
FW 39 大黒 将志
後半29分
FW 13 平山 相太
ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 1 塩田 仁史
DF 25 平出 涼
MF 8 松下 年宏
後半26分
MF 16 リカルジーニョ
後半29分
MF 19 大竹 洋平
FW 24 重松 健太郎
FW 32 前田 俊介


ガンバ大阪 スターティングメンバー

位置 背番号 選手名 交代
GK 1 藤ヶ谷 陽介
DF 21 加地 亮
DF 2 中澤 聡太
DF 4 高木 和道
DF 13 安田 理大
MF 27 橋本 英郎
後半29分
MF 17 明神 智和
MF 7 遠藤 保仁
MF 10 二川 孝広
後半43分
FW 14 平井 将生
後半0分
FW 22 イ グノ
ベンチ入り選手
位置 背番号 選手名 交代
GK 29 木村 敦志
DF 5 山口 智
DF 6 下平 匠
MF 8 佐々木 勇人
後半43分
MF 23 武井 択也
FW 9 ルーカス
後半29分
FW 33 宇佐美 貴史
後半0分

観客数 27816人 気温 18.5度 主審 西村 雄一
芝状況 良芝乾燥 湿度 41% 副審 相樂 亨
天候 晴れ 風 無風 副審 名木 利幸

--
順位表

2010Jリーグ ディビジョン1 【2010年11月07日 現在 (第29節)】 総得点:685 試合平均得点:2.63

順位 チーム 勝点 試合 勝 引分 敗 得点 失点 得失点差
1 名古屋グランパス 60 29 19 3 7 47 33 +14
2 鹿島アントラーズ 52 29 14 10 5 45 26 +19
3 ガンバ大阪 50 29 14 8 7 56 41 +15
4 川崎フロンターレ 49 29 14 7 8 55 40 +15
5 セレッソ大阪 48 29 13 9 7 41 26 +15
6 横浜F・マリノス 48 29 14 6 9 39 29 +10
7 清水エスパルス 45 29 12 9 8 50 43 +7
8 サンフレッチェ広島 45 29 12 9 8 38 32 +6
9 アルビレックス新潟 43 29 11 10 8 41 36 +5
10 浦和レッズ 41 29 12 5 12 41 33 +8
11 ジュビロ磐田 40 29 10 10 9 33 37 -4
12 モンテディオ山形 35 29 10 5 14 23 37 -14
13 ベガルタ仙台 34 29 9 7 13 34 40 -6
14 大宮アルディージャ 31 28 8 7 13 27 38 -11
15 FC東京 29 29 6 11 12 31 35 -4
16 ヴィッセル神戸 29 29 7 8 14 29 42 -13
17 京都サンガF.C. 16 29 3 7 19 27 53 -26
18 湘南ベルマーレ 16 28 3 7 18 28 64 -36

第28節 湘南 vs 大宮@平塚 台風の影響により中止 10/30 → 11/10

2010年10月05日

FC東京3-0湘南。やっと勝利、降格圏一時脱出。

FC東京3-0湘南。やっと勝利、降格圏一時脱出。

FC東京3-0湘南。ベルマーレ平塚。花巻市と姉妹都市の平塚市。って湘南だったったから、平塚って名前に愛着があるのだけども。
TV中継がなく、開催も国立競技場なので、行くの諦めました。心配なので、WEBで途中経過をみて、前半2-0だったので、安心して出かけました。

それにしても、決めてほしい選手が決めたいい日でしたね。大黒将志選手、石川直宏選手、リカルジーニョ選手。降格圏一時脱出。厳しいことには変わらないけども。
松下年宏選手、重松健太郎選手、前田俊介選手も出場したみたいで。彼らが残り試合スタメン奪うくらいのことになってくんないとと思います。特に松下年宏選手。期待してます。

公式記録 2010Jリーグ ディビジョン1 第25節第2日

2010/10/03 15:05キックオフ 国立競技場
【入場者数】20,508人【天候】晴のち曇 24.7℃ 54%
【主審】木村 博之【副審】相葉 忠臣/穴井 千雅
FC東京 3 2 前半 0 0 湘南ベルマーレ
1 後半 0
16 SH 10
7 CK 4
10 FK 10
【F東京】 【湘南】
GK 20 権田 修一 GK 1 野澤 洋輔
DF 33 椋原 健太 DF 5 臼井 幸平
DF 6 今野 泰幸 DF 6 村松 大輔
DF 17 キム ヨングン DF 4 山口 貴弘
DF 14 中村 北斗 DF 13 鈴木 伸貴
MF 18 石川 直宏 MF 15 ハン グギョン
MF 3 森重 真人 MF 7 寺川 能人
MF 2 徳永 悠平 MF 8 坂本 紘司
MF 16 リカルジーニョ FW 40 エメルソン
FW 13 平山 相太 FW 17 馬場 賢治
FW 39 大黒 将志 FW 11 阿部 吉朗
GK 1 塩田 仁史 GK 39 都築 龍太
MF 8 松下 年宏 DF 14 阪田 章裕
MF 19 大竹 洋平 DF 30 島村 毅
MF 22 羽生 直剛 MF 2 田村 雄三
MF 27 田邉 草民 MF 41 永木 亮太
FW 24 重松 健太郎 FW 18 新居 辰基
FW 32 前田 俊介 FW 22 中村 祐也
監督 大熊 清 監督 反町 康治
【得点】 38' 大黒 将志 【得点】
39' 石川 直宏
84' リカルジーニョ
【交代】 72' ▽ 森重 真人 【交代】 65' ▽ 寺川 能人
▲ 松下 年宏 ▲ 永木 亮太
77' ▽ 石川 直宏 66' ▽ 馬場 賢治
▲ 重松 健太郎 ▲ 新居 辰基
88' ▽ 大黒 将志 79' ▽ 坂本 紘司
▲ 前田 俊介 ▲ 中村 祐也
【警告】 68' 徳永 悠平 【警告】
77' 松下 年宏

FC東京3-0湘南。やっと勝利、降格圏一時脱出。

2010年10月04日

EURO2008の時の赤坂サカス 欧州最強国決定 加藤浩次 クリスチャーノロナウド


EURO2008の時の赤坂サカス 欧州最強国決定 加藤浩次 クリスチャーノロナウド

EURO2008の時の赤坂サカス 欧州最強国決定 加藤浩次 クリスチャーノロナウド
ユーロ2008は、TBSで放映されていました。加藤浩次さん、ベッキーさん、小倉隆史さん、金田喜稔さんが出演していました。

TBS EURO SOCCER
http://www.tbs.co.jp/euro-soccer/

当時、赤坂サカスに行きますと、ユーロ2008の宣伝がバシバシ打っていまして、赤坂サカスの、今スタバがある左隣のスペースあたりに、番組セットが公開されていました。とても臨場感のある、かっちょいいセットでした。臨場感っていっても、サッカーじゃなくって、加藤浩次さんとかベッキーさんがいる感じって意味だけど。
EURO2008の時の赤坂サカス 欧州最強国決定 加藤浩次 クリスチャーノロナウド 番組セット
EURO2008の時の赤坂サカス 欧州最強国決定 加藤浩次 クリスチャーノロナウド 番組セット
当時間違いなくユーロ2008の主役を演じるであろう、顔ぶれが特設ステージの背景ポスターに成っていました。特に人気のクリスチャーノロナウド選手は、加藤浩次さんとTBSの黒豚の顔出し看板のキャラクターになっていました。仕事の昼休みに一人立ち寄っただけなので、さすがに撮影しませんでした。。

加藤浩次さんのはっちゃけた感じがとても良いです。
EURO2008の時の赤坂サカス 欧州最強国決定 加藤浩次 クリスチャーノロナウド 顔出し看板
EURO2008の時の赤坂サカス 欧州最強国決定 加藤浩次 クリスチャーノロナウド サカスイベント広場セット全景

あの時優勝したスペインが、まさか2010FIFAワールドカップで優勝するなんて思いませんでした。

--
UEFA欧州選手権2008(UEFAおうしゅうせんしゅけん2008、ユーロ2008、EURO 2008とも)は、欧州サッカー連盟(UEFA)主催による、第13回目のUEFA欧州選手権であり、UEFAに加盟する国と地域の代表チームによって争われたサッカーの大会である。本大会は、スイスとオーストリアの共催で、開催2カ国と予選を勝ち抜いた14カ国により2008年6月7日から6月29日まで行われ、スペインが1964年大会以来、44年ぶり2回目の優勝を果たした。

優勝 スペイン (2回目)
準優勝 ドイツ
3位 ロシア、 トルコ
(wiki)



EURO2008の時の赤坂サカス 欧州最強国決定 加藤浩次 クリスチャーノロナウド

2010年09月20日

城福浩監督、解任。と大熊清監督就任。

城福浩監督、解任。と大熊清監督就任。

twitterって便利ですね。twitterで最初に知りました。城福浩監督の解任。致し方なしだなと思いましたが、後任がどうなるか心配になりながら、お出かけしておりました。

で、夜。お出かけ帰りの電車の中、エクスペリアでtwitterを見ましたら、かつてFC東京を指揮した大熊清・元日本代表コーチが就任と。
まあ、冗談で原博実さん希望でしたが、大熊清さんってのはとても現実的な中で一番よい人選だったと思います。よく叫ぶ人だったなという印象。「トゥット!!」って叫んでる映像を覚えている。でもどんなサッカーだったかは覚えてないなあ。

城福浩監督は、去年まではいい感じだった。ナビスコカップ獲得したし、今年はスルガ銀行チャンピオンシップを獲得した。ついでに人柄も良いかんじだから、是非次の機会まで力を蓄えて、いつかまたFC東京を救いにきて欲しいと思います。出来れば、解説者とかにならないで、海外で勉強するとかして指導者として

城福浩 ゴールパフォーマンス集


城福浩監督解任のお知らせ
[9/19(日)]
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=10117

大熊清氏 監督就任のお知らせ
[9/19(日)]
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=10118

--
大熊 清

大熊 清(おおくま きよし、1964年6月21日 - )は埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身の元サッカー選手、同指導者。現役時代のポジションはディフェンダー。

経歴

1980年に浦和市立南高等学校入学し、3年次の1983年1月に開催された全国高等学校サッカー選手権大会においてベスト8になる。中央大学を経て1987年に東京ガスに入社し、同社のフットボールクラブである東京ガスFCに所属した。1991年にチームは日本サッカーリーグ2部に昇格し、さらに1992年にはジャパンフットボールリーグ1部に移行した。このシーズン途中に入団したアマラオと共にプレーし、同年を最後に引退した。
1993年から東京ガスに籍を置いたまま、母校の中央大学サッカー部でコーチを務めた。1994年には鳥原光憲によって東京ガスサッカー部に呼び戻され、今井敏明監督の下でコーチを務めた。同年末の天皇杯から代行として指揮をとった。
1995年に正式に東京ガスFC監督に就任。1997年の天皇杯でJリーグ3チームを破ってベスト4に進出するなど優れた成績を収めた。1999年にはクラブがFC東京としてプロ化し、Jリーグ2部に参加。東京ガス社員のままプロクラブの指揮を執り、同リーグ2位で翌年からの1部昇格を実現させた。2000年4月にはFC東京のJ1昇格1シーズン目の序盤で首位を維持した快進撃が認められ、アジアサッカー連盟(AFC)3月度月間最優秀監督賞を受賞した。これは当時Jリーグクラブの監督としては5人目、日本人に限ると3人目の快挙だった。2001年シーズン限りでFC東京監督を退任した。後任監督には原博実が任命され、自らは強化部長代理に就任した。
2002年に日本サッカー協会技術委員に、さらに同年8月にはU-19(19歳以下)日本代表監督に就任した。小林大悟、角田誠を抜擢し10月にカタールで開催されたAFCユース選手権で準優勝、さらに翌2003年11から12月にかけてUAEで開催されたFIFAワールドユース選手権ではU-20日本代表を指揮し坂田大輔などの活躍によりベスト8に進出した。
2004年9から10月にマレーシアで開催されたAFCユース選手権では3位、さらに2005年6月にオランダで開催されたワールドユース選手権でふたたびU-20日本代表を指揮した。未勝利ながらグループリーグを突破したものの、決勝トーナメント1回戦でモロッコに敗れこの大会を持ってユース代表監督を退任し、FC東京に強化部長代理として復帰した。
2006年7月にイヴィチャ・オシム監督の元でサッカー日本代表コーチに就任。オシムの退任後に就任した岡田武史監督の元でも引き続きコーチを務め、2010年に南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップ後に退任した。
2010年9月19日、城福浩前監督の解任に伴い、FC東京の監督に9年ぶりに復帰[1]。
その他

守備を基本として、カウンターとFWの高さを生かすという戦術を好んでいる。
スカウティング能力に長けている。また先に挙げたように、粘強い全員守備とカウンター、そして豊富な運動量をベースにしたサッカーを一貫して採用し、これをチームの個性として植え付けた。
東京ガスFC監督時代は西が丘サッカー場や江戸川区陸上競技場のバックスタンドの観客席までよく通る大声の指示で有名で知られていた。2002年のAFCアジアユースでは、観客の少ない閑散とした会場に響き渡る「サンキュー坂田! サンキューな!」「茂木!茂木!茂木がんばれ茂木!」という声が集音マイクに拾われ、全国的にも大声が知られるようになった。さらに2006年のA代表コーチ就任に伴い、サッカーファンを越えて広く認知されるに至る。
FC東京のサポーターからは「熊」の愛称で親しまれている他、選手からも「ビッグベア」とも呼ばれることがある。
柏レイソル、京都パープルサンガ、アビスパ福岡などでプレーし、現在セレッソ大阪のアカデミーダイレクター兼U-18監督を務める大熊裕司は実弟。
元日本代表監督のイビチャ・オシムは南アフリカワールドカップ前のスカパーで放送されたインタビューにおいて、インタビュアーが「川口能活が陰のリーダー、ベンチのリーダーとして期待されているが」と問いかけたのに対して、オシムは「ベンチのリーダーは大熊がいる」と評価したらしい。
個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1987 東京ガス 関東 -
1988 東京ガス 関東 -
1989 東京ガス 関東 -
1990 東京ガス 関東 -
1991-92 東京ガス 3 JSL2部 6 0 0 0
1992 東京ガス 旧JFL1部 -
通算 日本 JSL2部 6 0 0 0
日本 旧JFL1部 -
日本 関東 -
総通算
(wiki)
--





城福浩監督、解任。と大熊清監督就任。

2005年05月30日

ジーコ監督の日本:日本1-0バーレーン 2006FIFAワールドカップドイツ アジア地区最終予選 3月30日(水) 19:30 / 会場:埼玉スタジアム2002

ジーコ監督の日本:日本1-0バーレーン 2006FIFAワールドカップドイツ アジア地区最終予選 3月30日(水) 19:30 / 会場:埼玉スタジアム2002

ジーコ監督の日本:日本1-0バーレーン 2006FIFAワールドカップドイツ アジア地区最終予選 3月30日(水) 19:30 / 会場:埼玉スタジアム2002

日本 1 0(前半)0
1(後半)0 0 バーレーン

GK:1 楢崎正剛
DF:2 田中誠、5 宮本恒靖(Cap)、22 中澤佑二
MF:21 加地亮、7 中田英寿、15 福西崇史、14 三都主アレサンドロ、10 中村俊輔→29 稲本潤一(後半50分)
FW:20 高原直泰、11 鈴木隆行→28 玉田圭司(後半24分)

サブ:12 土肥洋一、6 中田浩二、17 三浦淳宏、13 柳沢敦、8 小笠原満男

GK:1 アリハサン
DF:2 フセイン、3 マルズーキ、14 サルマン・イサ、16 サイド・モハメド、17 ババ
MF:8 ラシド(Cap)、10 サルミーン、18 フセイン・サルマン→20 アハメド・タレブ(後半15分)、29 M・フバイル→23 ナセル(後半20分)
FW:9 フセイン・アリ

サブ:21 サイド・ジャファル、4 アブドルアジズ・アブドラ、12 ジュマ、19 アリ・ノルーズ、24 ハマド・ラケア

得点
オウンゴール 1 (後27分) 0
警告
日本:中村(前半13分)、三都主(後半49分)
バーレーン:サルミーン(前半14分)、ババ(前半36分)、フセイン(後半32分)

東北おもしろコラボ食品シライシパン「スタミナ源たれドーナツ」を食べてみた(2012.1.5)
  • HUDSON HAWK ハドソン・ホーク 応援ページ ブルース・ウィリス主演 人気アクションコメディー
  • レオナルド・シミノ Leonardo Cimino - Wiki
  • bm

    カテゴリー

    週別アーカイブ

    日別アーカイブ

    最近のエントリー