ふっかつのじゅもん!!,www.samurai-journal.com/bm/,RETRO,レトロ,懐古趣味,懐古主義,懐古趣味的,東京レトロ,TOKYORETRO

伝説のアイス「ビバオール Viva all」の復刻版を食べてみた
懐かしいグッズ 田宮模型「おもしろ工作シリーズ 神棚工作基本セット」が田舎の部屋に飾ってあった。
懐かしいグッズ 「ドルアーガの塔の食玩ボードゲーム」が田舎の押し入れから出てきた。
懐かしの軍人将棋「デラックス ミサイル行軍」が田舎の押し入れから出てきたので、開けてみた。

« 2012年04月25日 | メイン | 2012年04月14日 »

2012年04月23日

[CINEMA]「マネー・ボール Moneyball」★★★★・(4点)

[CINEMA]「マネー・ボール Moneyball」★★★★・(4点)

フジテレビ「みなさんのおかげでした」で、東日本大震災チャリティー企画「ハンマーオークション」(旧:ハンマープライス)で「マネー・ボール Moneyball」主演のブラッド・ピットが出てて、それでちょっと知ってたので、観た。これは実際のオークランド・アスレチックスの活躍を描いた作品のようで、なかなかに面白かった。なんとなく、ビッグコミックスピリッツとかオリジナルとかのちょい大人向け漫画雑誌とかのテーマに出てきそうな感じ。
「もしドラ」は見てないけども、こんな感じなんでしょうか。野球を選手・監督の戦い方ではなく、マネジメントのアプローチでいくやつですよね。


『マネーボール』(Moneyball)は、2011年のアメリカ合衆国の映画。マイケル・ルイスによる『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』を原作とし、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンがセイバーメトリクスを用い経営危機に瀕した球団を再建する姿を描く。ベネット・ミラーが監督し、ブラッド・ピットがビーンを演じた。第24回東京国際映画祭にて公式クロージング作品としてアジアプレミア上映[2]。

製作 [編集]

スタン・チャーヴィンが草稿を書き、スティーヴン・ザイリアンが脚色した。監督には当初デヴィッド・フランケルが当てられ[3]、その後スティーヴン・ソダーバーグが務めることになった。しかし撮影開始数日前の2009年6月19日、実際の選手へのインタビューが含まれているなど、脚本が通常のスポーツ映画とは異なっていたことから、ソダーバーグは監督を降板、撮影は延期された[4]。その後ベネット・ミラーが監督に決まり、アーロン・ソーキンが脚本を改稿した[5]。
ビーンを補佐したポール・デポデスタに当たる役 (映画での役名はピーター・ブランド) には当初ディミトリ・マーティンが当てられていたが、ジョナ・ヒルに代わった。また、デポテスタが、映画での自身の描かれ方に不満を抱き、実名の使用を許可しなかったため、映画では設定の似た架空の人物となった。これ以外にも選手の移籍した時期などに若干の脚色が見られる(例えば、ジェレミー・ジオンビは映画序盤に他球団から獲得したように描かれているが、実際には映画序盤に相当する時期にはすでに在籍している)。20連勝を達成した試合に関しては、試合展開も含めて事実に沿っている。
試合シーンでのリアリティを出すため、選手役には元野球選手や野球経験のある俳優が起用されている。テハダ役を演じたロイス・クレイトンは元メジャーリーガーである他、ジャスティス役のスティーブン・ビショップはマイナーリーグ在籍経験があり、ジャスティス本人とも親交がある。
撮影は2010年7月に始まった[6]。
その他 [編集]

とんねるずのみなさんのおかげでしたの東日本大震災チャリティー企画「ハンマーオークション」にて、ブラッド・ピットのサイン入りジャケット、映画「マネーボール」のサイン入りポスター、さらに「円球 ぶらぴ」と直筆で書かれた掛け軸が出品され、95万円で落札された。

[CINEMA]「マネー・ボール Moneyball」★★★★・(4点)

東北おもしろコラボ食品シライシパン「スタミナ源たれドーナツ」を食べてみた(2012.1.5)
  • HUDSON HAWK ハドソン・ホーク 応援ページ ブルース・ウィリス主演 人気アクションコメディー
  • レオナルド・シミノ Leonardo Cimino - Wiki
  • bm

    カテゴリー

    週別アーカイブ

    日別アーカイブ