ふっかつのじゅもん!!,www.samurai-journal.com/bm/,RETRO,レトロ,懐古趣味,懐古主義,懐古趣味的,東京レトロ,TOKYORETRO

伝説のアイス「ビバオール Viva all」の復刻版を食べてみた
懐かしいグッズ 田宮模型「おもしろ工作シリーズ 神棚工作基本セット」が田舎の部屋に飾ってあった。
懐かしいグッズ 「ドルアーガの塔の食玩ボードゲーム」が田舎の押し入れから出てきた。
懐かしの軍人将棋「デラックス ミサイル行軍」が田舎の押し入れから出てきたので、開けてみた。

« 2009年03月 | メイン | 2008年11月 »

2009年02月25日

[CINEMA]「犬神家の一族(2006年版)」★★★★・(4点)

2009年Feb月25日

[CINEMA]「犬神家の一族(2006年版)」★★★★・(4点)

寺島純子が思いのほか良かった。あの、「三時のあなた」の寺島純子だ。「とんねるずのオールナイトニッポン」でも寺島純子のコーナーがあったくらいだし。確かに、1976年版の犬神松子役のフルムーン高峰三枝子はハマってて怖いくらいだったけど、あなたの三時・寺島純子(映画スタアのころは知らないので)の優雅な感じのギャップも捨てがたい。そういえば「三時のあなた」のコマーシャルコーナー担当の女性(井村千鶴子??)、ガンバ大阪のDF山口智ににてなかったか。

スケキヨのゴムマスク、昔は怖くて直視できなかったが、今回は良く見た。気持ち悪いね。やっぱし。1976年版は怖くて怖くて眠れなくなるくらいだったが。

リメイクだけど、石坂浩二もいるし。へーちゃんは変わらないね。ドラゴンアッシュのおやじもいいけど、こっちだよね。トヨエツ・オブ・ソイジョイとか鶴ってる鶴ちゃんは論外。
大滝秀治、加藤武もいい感じだ。加藤武は真田太平記の本多忠勝役もすばらしい。

とまあ、1976年版を子供時代に見て育っちまったほうとしては、いちいち横道にそれまくって思い出がいっぱいになる良い作品に仕上がっているのです。古いほうはロードショーで毎年のようにみていたのだから、今度見るときは、2006年版を見てみるのも良いです。比較して批評ということは別にやらなくていいと思う。いっしょだから。演劇で、日によって配役が違うようなもん。言い過ぎか。

TV的には、是非、毎年ロードショーでやって、お茶の間で家族で楽しんで、子供はトラウマになってほしい。





キャスト(wikipediaより)

* 金田一耕助:石坂浩二
* 野々宮珠世:松嶋菜々子
* 犬神佐兵衛:仲代達矢
* 犬神松子:富司純子
* 犬神竹子:松坂慶子
* 犬神梅子:萬田久子
* 犬神佐清(青沼静馬):尾上菊之助
* 犬神佐武:葛山信吾
* 犬神佐智:池内万作
* 犬神小夜子:奥菜恵
* 犬神寅之助:岸部一徳
* 犬神幸吉:螢雪次朗
* 古館恭三:中村敦夫
* 若林久男:嶋田豪
* 猿蔵:永澤俊矢
* 青沼菊乃:松本美奈子
* 大山神官:大滝秀治
* 琴の師匠:草笛光子
* 柏屋の女房:中村玉緒
* 柏屋の九平:林家木久蔵
* 等々力署長:加藤武
* 藤崎鑑識課員:石倉三郎
* 仙波刑事:尾藤イサオ
* 松子の母・お園:三條美紀
* 那須ホテル主人:三谷幸喜
* 那須ホテル女中・はる:深田恭子
* 岬の子供:石田直也
* 岬の警官:木本秀一
* 犬神家の主治医:野村信次
* 犬神家の女中:蓮佛美沙子
* 赤ん坊:星春希
* 警官A:清末裕之
* 警官B:松田正悟
* 参謀:保木本竜也
* :高良健吾 ※編集で出演シーンカット?
* :勝俣幸子 ※編集で出演シーンカット?

2009年02月23日

[CINEMA]「20世紀少年 ~もう一つの第1章~(金曜ロードショー版)」★★・・・(2点)

2009年Feb月23日

[CINEMA]「20世紀少年 ~もう一つの第1章~(金曜ロードショー版)」★★・・・(2点)

金曜ロードショー「20世紀少年 ~もう一つの第1章~」を録画していて、観てなかって、ようやく観た。「もう一つ・・・」じゃないほうは観てないし、第2章も観てない。感想としては、キャスティングが面白かった。「妖怪大戦争」を観てるようだった。豪華キャストだし、原作のイメージを損なってないし、そういう意味で笑ってしまう。

全体の感想は、、、テンポが速いくて、ずっと予告編を見せられているようだった。そういう手法なのだろうけど、それだと内面がよくわからないし感動も薄いのでは??いや、もちろん人物それぞれの内面はわかってる。コミックを熟読しているから。このリズムで最後までみたら、絶対に続きは深夜のアニメで完璧版をやってくれないと納得いかない。いや、そういうメディアミックスなのかもしれない。でもまあそれでもいいと思う。

日本でこのような1作目から3部作で行くぜ的なものってあまり憶えがないから、是非成功して、次につなげてほしい。浦沢直樹作品は、いろいろ映像化してほしいし。「PLUTO」に期待。あ、でもこの監督じゃいやだ。海外TVドラマ的な手法で作ってくれないとだめかも。海外ドラマでやってくれない、よねえ。

話を戻して、「20世紀少年」。続編に関しては、金曜ロードショー「20世紀少年 ~もう一つの第2章~」を作ってくれたら観たい。

(続き)
といいつつ、2012年になっても観てない。。思い出も込めて言いますと、漫画連載で「20世紀少年」が始まった時、T.REXファンの私としては、ちょっと困惑しました。なんでT.REXの20th Century Boyをタイトルにしちゃうんだって。期待もあったんだけど。

映画予告編かなんかで20th Century Boyがジャジャジャーンて流れた時はああ、ほんとにこの曲使っちゃうんだ・・・って思いました。興味のポイントは、どう3部作で3分割するのかってところだけでした。コミック最終巻まで読んで面白くなかったのもあって、全部観ようという気が起きていません。

コミックに関して言えば、子供時代にいける仮想空間が出たあたりからおかしくなったと思う。わりと前半だけど。あとその仮想空間での子供時代が自分には共感できなかったし、この仮想空間上のルールがあやふやで物語の進行上必要な要素なのかどうかがわからなかった。要らないような気がした。どうもスタートレック・ネクストジェネレーション、ディープ・スペース・ナイン、ボイジャーで出てきたホロデッキみたいなことになってる。スタートレックシリーズのホロデッキはなんでもアリの空間だから、一話完結のドラマにちょっとした遊びを生んでいたと思う。でもあんまりなんでもありにしちゃうとそもそもの現実世界とのバランスが崩れるのはスタートレックでもずっと気になってたところだけど、この20世紀少年ではなんか思いっきりバランスを崩しちゃってたと思う。最初は現代風だったのに、途中から完全に異世界の話になったような気がしたくらい。ひょっとして途中から起動変更シなきゃいけない事情があったのかと思うぐらいです。長期連載用に切り替えたとか。。考えすぎですかね。とにかく浦沢直樹先生は大好きな作家なので、いつか20世紀少年のセルフリメイクをして欲しいです。コミックス5~8巻くらいで完結するバージョンで。



グレイト・ヒッツ
1. テレグラム・サム 2. ジルバの恋 3. レディ 4. メタル・グルー 5. サンダーウィング 6. サンクン・ラグス 7. イージー・アクション 8. 20センチュリー・ボーイ 9. ミッドナイト 10. ザ・スライダー 11. ボーン・トゥ・ブギー 12. チルドレン・オブ・ザ・リヴォリューション 13. ショック・ロック 14. ザ・グルーバー

東北おもしろコラボ食品シライシパン「スタミナ源たれドーナツ」を食べてみた(2012.1.5)
  • HUDSON HAWK ハドソン・ホーク 応援ページ ブルース・ウィリス主演 人気アクションコメディー
  • レオナルド・シミノ Leonardo Cimino - Wiki
  • bm

    カテゴリー

    週別アーカイブ

    日別アーカイブ